2018年
5月号
会場となった垂水区のレバンテホールには、多くの来場者があった

特定非営利活動法人エナガの会 設立記念シンポジウム

カテゴリ:医療関係, 神戸

県政150周年事業 多職種連携とエンターテイメントが生んだ奇跡の輪

超高齢化社会を迎える日本で、地域医療のあり方が問われている。垂水区では、医療・介護・福祉など専門職でつくる「エナガ会」の取り組みが、全国から注目されている。平成29年9月にはNPO法人となり、さらなる活躍が期待されている。

 2月17日、垂水のレバンテホールにて、エナガの会がNPO法人となることを記念してシンポジウムがおこなわれた。
 垂水区歯科医師会会長の田口雅史先生による開会の挨拶に続き、エナガの会の代表理事に就任した中村治正先生より「心をつなぐ多職種の輪~厚生労働省での神戸市垂水区の取り組み報告より」と題した基調講演が。昨年、厚生労働省の全国在宅医療会議ワーキンググループ会議に招聘され、垂水区での活動をプレゼンテーションしたが、エナガの会の歴史や実績を交えながらその報告をおこなった。
 エナガとはそもそも鳥の名前で、助け合って子育てをするという。エナガの会は2009年3月に任意団体として設立され、当初は垂水区近隣の病院の医師、クリニックの医師、看護師、歯科医、薬剤師、ケアマネージャー、訪問介護士など10名ほどが中心となり、勉強会や意見交換会などの活動をおこなったが、その翌年はさらに行政なども加わって、介護保険申請のスピードアップや医師へスムーズに相談できるメディネットタイムの構築など活動の幅を広げていった。2012年からは手づくりの演劇にも取り組み、その反響の大きさから他地域へと波及している。演劇は講演形式でのフォーラムの反応がいまひとつだったことからはじめられ、市民の理解や啓発、各職種への理解、そして演劇に取り組むことで生まれるつながりなど、「劇作りや練習は確かに大変ですが、それをはるかに超える達成感とその成果を実感できます」と中村先生。
 続いておこなわれたシンポジウム「拡がる垂水区の取り組み~これで私たちの地域も多職種連携が活性化しました~」では、本誌連載でおなじみのハチミツ先生、エナガの会の理事も務める藤井芳夫先生を座長に、各地で劇の主人公「石ヶ原裕次郎」を演じた長田区医師会会長の久次米健市先生、北区医師会副会長の近藤誠宏先生、淡路市医師会会長の松田聡先生がシンポジストとして壇上に。近藤先生は演劇の効果に「患者さんとも仲良くなってコミュニケーションが活発になった」ことを挙げた。劇中で棺桶に入ったことで「自分自身も終活や人生を問い直す機会になった」と発言した松田先生は、演劇の動画を制作し淡路市の民生委員の研修に使用していることを紹介。劇中でのダンスを熱望しているという久次米先生は「会のみんなが自信のある顔になってきて、〝楽しさ〟が地域の力を向上させている」という実感を述べた。また、途中ではルーレットでいきなり発言を求める企画もあり、指名された山田恒子垂水区長は「垂水区で安心して暮らしていけるのは、専門職の力を感じられるから。そんなみなさまを身近に感じてもらえる」と演劇を高く評価。巨大サイコロで話題のテーマを決めたり、いきなり壇上で人が倒れて救急隊が出動したりと、さすがエンタメ集団と唸らせるユニークな演出もあり、会場は大いに盛り上がった。
 エナガの会理事で垂水区薬剤師会会長の勢力吉廣先生による閉会の挨拶の後、会場に響いたエナガの会会員一同による「私たちが支えます!」の勇ましい声が、エナガの会の新しい一歩を彩った。
 エナガの会は今後も劇を通じての多職種連携醸成や地域包括ケアシステムに関する啓蒙活動のほか、研修事業などを展開していく予定。

会場となった垂水区のレバンテホールには、多くの来場者があった

垂水区歯科医師会会長の田口雅史先生

基調講演をおこなった、「エナガの会」代表理事の中村治正先生

「エナガの会」の名前は、助け合って子育てをする野鳥・エナガにあやかって付けられた

多職種の医療連携を目的とした地域ケアネットワーク「エナガの会」。平成29年9月にはNPO法人となった

シンポジウムの座長を務めた、「エナガの会」理事の藤井芳夫先生

(左から)シンポジストを務めた神戸市長田区医師会会長の久次米健市先生、
神戸市北区医師会副会長の近藤誠宏先生、淡路市医師会会長の松田聡先生

「エナガの会」が2012年から取り組んでいる、手作りの演劇を紹介

人が倒れて救急隊が出動するという演出もあった

講義よりも演劇の方が、観客の理解度が大きいというアンケート結果も報告された

閉会の挨拶をおこなった、垂水区薬剤師会会長の勢力吉廣先生

〈2018年5月号〉
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.10
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.8
ファンタジー・ディレクター 小山 進の考えたこと Vol.2
NIKKE 1896|雲を羽織る着心地 品質と品格が違う極上テキスタイル
神戸の社会に尽くしたサムライ紳士 平生 釟三郎|今も神戸に生きる 平生釟三郎の精…
今、改めて噛みしめる平生先生の言葉|今も神戸に生きる 平生釟三郎の精神
対談/個性を育む私立中学の教育 第1回 須磨学園中学校
ベール・ド・フージェールの美しきアンティーク家具
連載 神戸秘話 ⑰ 中国文学の最高権威者 吉川幸次郎「文学と人生」
関西エアポート神戸 誕生!
出る杭を伸ばす!|谷上から日本を変える谷上プロジェクトが始動
甲南病院の新時代創生に向けて|今も神戸に生きる 平生釟三郎の精神
御影には、人と人の「絆」がある|今も神戸に生きる 平生釟三郎の精神
日本一の富豪村、住吉村 広大な土地と精神を今に受け継ぐ|今も神戸に生きる 平生釟…
桜色に染まる浄徳寺で“隊長”宇賀芳樹大阿闍梨の米寿を祝う
神戸のカクシボタン 第五十三回 今も昔も変わらぬ癒しと甘さを求めて
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.7
健康で、笑顔があふれる毎日を応援! 兵庫ヤクルト|耳よりKOBE
いま長崎が面白い! 神戸空港から出かける長崎市への旅
英国と神戸 Vol.11 開港前夜 パークスと神戸の人々
“女性にとって最良のもの”を求めて活動 国際ソロプチミスト神戸(SOROPTIM…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十三回
harmony(はーもにぃ) Vol.3 医者では治せない病
「史料展示室」がリニューアルオープン|日本赤十字社兵庫県支部
最先端の環境で良医を育てる兵庫医科大学 「教育研究棟」本格利用開始
特定非営利活動法人エナガの会 設立記念シンポジウム
音楽のあるまち♬8 クラシック音楽の輪を広げ、若手演奏家の未来をひらく
神戸鉄人伝 第101回 NHK神戸放送局長 林 理恵(はやし りえ)さん
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第五十一回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉔ 風邪除け詩集
北野ガーデン古典芸能イベント 桜華の宴 芝能「船弁慶」を開催|NEWS 神戸百店…
第7回「おもしろ有馬楽 兆楽亭」開催|有馬歳時記