2018年
5月号
神戸元町を代表する老舗「フルーツショップ サンワ」

神戸のカクシボタン 第五十三回 今も昔も変わらぬ癒しと甘さを求めて

カテゴリ:おすすめスポット, 神戸


写真/文 岡 力

 幼少期、舶来好きの祖父に連れられよく元町に来た。ハーシーズキスチョコやチューブ式のたらこ(カレス・キャビアと言うらしい…)は、この頃に味を覚えた。
 散策が終わり喫茶店でいっぷくした後は、決まって商店街で足を止め天津甘栗を買ってくれた。
 神戸元町を代表する老舗といえば「フルーツショップ サンワ」。天津甘栗の実演とジューススタンドがあるお店と言えばご存じの方も多いだろう。
 店舗の歴史は古く昭和30年に台湾バナナの専門店として創業。当時は、輸入が自由化されておらず庶民には手の届かない高級品だった。天津甘栗は創業時、名物のジューススタンドは昭和45年からサービスを開始。先代が「パパイヤやキウイフルーツ等の日持ちしない品物をどうにかして有効活用できないか?」と悩みジューサーを並べた店頭販売を考案した。そのスタイルは今も変わらず常時5種類のフレッシュな生ジュースが飲める。マンゴをはじめ多種の果実が合わさったミックスジュースは格別の美味しさである。バナナのみの販売でスタートした同店だが現在ではフルーツの王様「ドリアン」や森のアイスクリームと称される「アテモヤ」など約60種のトロピカルフルーツが彩豊かに陳列されている。外国人の方や戦争中に食べた高齢者が昔を懐かしみ購入すると言う。地方発送も対応しているが是非、路面でのエンタテイメントを満喫してほしい。そして大切な人へのお土産には焼きたての天津甘栗をお勧めする。

神戸元町を代表する老舗「フルーツショップ サンワ」

約60種のトロピカルフルーツが並ぶ

創業時の店舗外観

昭和40年代の様子

■フルーツショップ サンワ

神戸市中央区元町通2丁目2-10
営業時間 11時~20時
定休日 水曜
TEL.078-391-2570

■岡力(おか りき)コラムニスト・放送作家

ふるさとが神戸市垂水区。関西の大衆文化をテーマとした執筆・テレビ、ラジオ番組を企画。連載・レギュラー「のぞき見雑記帳」(大阪日日新聞)「大人の社会見学」(大阪スポーツ)「Oh!二度漬けラジオ」(YES-fm)

〈2018年5月号〉
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.10
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.8
ファンタジー・ディレクター 小山 進の考えたこと Vol.2
NIKKE 1896|雲を羽織る着心地 品質と品格が違う極上テキスタイル
神戸の社会に尽くしたサムライ紳士 平生 釟三郎|今も神戸に生きる 平生釟三郎の精…
今、改めて噛みしめる平生先生の言葉|今も神戸に生きる 平生釟三郎の精神
対談/個性を育む私立中学の教育 第1回 須磨学園中学校
第9代 神戸ウエディングクイーン 応募要項
ベール・ド・フージェールの美しきアンティーク家具
連載 神戸秘話 ⑰ 中国文学の最高権威者 吉川幸次郎「文学と人生」
関西エアポート神戸 誕生!
出る杭を伸ばす!|谷上から日本を変える谷上プロジェクトが始動
甲南病院の新時代創生に向けて|今も神戸に生きる 平生釟三郎の精神
御影には、人と人の「絆」がある|今も神戸に生きる 平生釟三郎の精神
日本一の富豪村、住吉村 広大な土地と精神を今に受け継ぐ|今も神戸に生きる 平生釟…
桜色に染まる浄徳寺で“隊長”宇賀芳樹大阿闍梨の米寿を祝う
神戸のカクシボタン 第五十三回 今も昔も変わらぬ癒しと甘さを求めて
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.7
健康で、笑顔があふれる毎日を応援! 兵庫ヤクルト|耳よりKOBE
いま長崎が面白い! 神戸空港から出かける長崎市への旅
英国と神戸 Vol.11 開港前夜 パークスと神戸の人々
“女性にとって最良のもの”を求めて活動 国際ソロプチミスト神戸(SOROPTIM…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十三回
harmony(はーもにぃ) Vol.3 医者では治せない病
「史料展示室」がリニューアルオープン|日本赤十字社兵庫県支部
最先端の環境で良医を育てる兵庫医科大学 「教育研究棟」本格利用開始
特定非営利活動法人エナガの会 設立記念シンポジウム
音楽のあるまち♬8 クラシック音楽の輪を広げ、若手演奏家の未来をひらく
神戸鉄人伝 第101回 NHK神戸放送局長 林 理恵(はやし りえ)さん
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第五十一回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉔ 風邪除け詩集
北野ガーデン古典芸能イベント 桜華の宴 芝能「船弁慶」を開催|NEWS 神戸百店…
第7回「おもしろ有馬楽 兆楽亭」開催|有馬歳時記