2018年
5月号
歌川広重「六十余州名所図会・丹波 鐘坂」

兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第五十一回

カテゴリ:絵画

中右 瑛

丹波鐘ヶ坂の大岩伝説「鬼の架け橋」

 兵庫県篠山市と丹波市の境界にある標高540メートルの鐘ヶ坂山頂付近に、岩と岩のV字型に橋を架けたように岩が横たわる。人呼んで「鬼の架け橋」。
 杣道は、その岩が塞いで通れない。かろうじて潜り貫けることは出来るが、そこから覗き見える下界ははるか彼方。目は眩む。
 こんなに険しい山頂に大岩の橋を架けたのは誰だ!と叫びたくなる。自然が成す業である。伝説では、恐ろしい大江山の鬼が犯人。源頼光の鬼退治伝説で知られたあの鬼の仕業だという。国道176号・鐘ヶ坂トンネル北を越してから山頂仰げば、かろうじて見える。この鐘ヶ坂「鬼の架け橋」が浮世絵に登場する。「六十余州名所図会・丹波 鐘坂」。
 描いたのは初代歌川広重、晩年の作画である。広重は、実際にはここには来ず、他人の名所図会から模写したであろう。

歌川広重「六十余州名所図会・丹波 鐘坂」

■中右瑛(なかう・えい)

抽象画家。浮世絵・夢二エッセイスト。1934年生まれ、神戸市在住。行動美術展において奨励賞、新人賞、会友賞、行動美術賞受賞。浮世絵内山賞、半どん現代美術賞、兵庫県文化賞、神戸市文化賞、地域文化功労者文部科学大臣表彰など受賞。現在、行動美術協会会員、国際浮世絵学会常任理事。著書多数。


展覧会のご案内
大正ロマン 昭和モダン
―竹久夢二、高畠華宵とその時代―

夢二や華宵、中原淳一、鏑木清方、伊藤深水らの日本画、版画、挿絵原画などを展示。
■開催 2018年7月1日(日)まで
■会場 神戸ファッション美術館(六甲アイランド内)
TEL.078-858-0050
■料金 一般500円、大学生・65歳以上250円、高校生以下無料

〈2018年5月号〉
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.10
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.8
ファンタジー・ディレクター 小山 進の考えたこと Vol.2
NIKKE 1896|雲を羽織る着心地 品質と品格が違う極上テキスタイル
神戸の社会に尽くしたサムライ紳士 平生 釟三郎|今も神戸に生きる 平生釟三郎の精…
今、改めて噛みしめる平生先生の言葉|今も神戸に生きる 平生釟三郎の精神
対談/個性を育む私立中学の教育 第1回 須磨学園中学校
ベール・ド・フージェールの美しきアンティーク家具
連載 神戸秘話 ⑰ 中国文学の最高権威者 吉川幸次郎「文学と人生」
関西エアポート神戸 誕生!
出る杭を伸ばす!|谷上から日本を変える谷上プロジェクトが始動
甲南病院の新時代創生に向けて|今も神戸に生きる 平生釟三郎の精神
御影には、人と人の「絆」がある|今も神戸に生きる 平生釟三郎の精神
日本一の富豪村、住吉村 広大な土地と精神を今に受け継ぐ|今も神戸に生きる 平生釟…
桜色に染まる浄徳寺で“隊長”宇賀芳樹大阿闍梨の米寿を祝う
神戸のカクシボタン 第五十三回 今も昔も変わらぬ癒しと甘さを求めて
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.7
健康で、笑顔があふれる毎日を応援! 兵庫ヤクルト|耳よりKOBE
いま長崎が面白い! 神戸空港から出かける長崎市への旅
英国と神戸 Vol.11 開港前夜 パークスと神戸の人々
“女性にとって最良のもの”を求めて活動 国際ソロプチミスト神戸(SOROPTIM…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十三回
harmony(はーもにぃ) Vol.3 医者では治せない病
「史料展示室」がリニューアルオープン|日本赤十字社兵庫県支部
最先端の環境で良医を育てる兵庫医科大学 「教育研究棟」本格利用開始
特定非営利活動法人エナガの会 設立記念シンポジウム
音楽のあるまち♬8 クラシック音楽の輪を広げ、若手演奏家の未来をひらく
神戸鉄人伝 第101回 NHK神戸放送局長 林 理恵(はやし りえ)さん
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第五十一回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉔ 風邪除け詩集
北野ガーデン古典芸能イベント 桜華の宴 芝能「船弁慶」を開催|NEWS 神戸百店…
第7回「おもしろ有馬楽 兆楽亭」開催|有馬歳時記