2015年
3月号
カナリア色の実が星のように輝くなるとオレンジ。 まさに“幻の果実”

島の宝珠 なるとオレンジ

カテゴリ:グルメ, 淡路島

淡路の夏のデザートといえばなるとオレンジ。すがすがしい芳香と豊かな風味が特徴的。原産地の淡路でしか栽培されておらず、一般のスーパーなどではお目にかかれない代物だ。
名付け親はお殿様といわれている。昔、洲本に陶山与一衛門(すやまよいちえもん)という武士が、とある橙を食べると味がよかったので、種を庭に植えるとやがて超絶な味の実がなり代々大切にしてきた。そして7代目の与一衛門長知がこの実を君主・阿波徳島藩主蜂須賀斉昌(はちすかなりまさ)に献上したところ大いに賞賛し、「鳴門」と命名した。
なるとオレンジは、明治頃から盛んに栽培されるようになり、戦前には淡路の特産として定着、高級果実として東京にも出荷され、港では籠入りのものが土産物として飛ぶように売れた。しかし昭和30年をピークに最盛期の1割にまで落ち込み、夏の淡路の風景は懐かしいものとなってしまった。ところが最近では再びその深い味わいが脚光を浴びつつある。まさに“幻の果実”だ。

カナリア色の実が星のように輝くなるとオレンジ。 まさに“幻の果実”


なるとオレンジママレードは、パンはもちろん、ヨーグルトにも好相性。なるとオレンジ味付ポン酢はサラダやおひたしこれからの時期冷奴にもグッド!


直販と、加工業者や直売所が主な出荷先で、スーパーなどには出回らない


開花は5月頃で、収穫は翌年晩秋から盛夏にかけて

〈2015年3月号〉
特集 ー扉 “春色”あわじ島の旅
美菜恋来屋(みなこいこいや) オープン
映画「種まく旅人 くにうみの郷」
「御食国」淡路の島グルメ
桜鯛の棲み家は淡路島
美味凝縮!淡路のたこ
沼島の“はも”は神の賜物
淡路島3年とらふぐ 南あわじが生んだ奇跡の味
珠玉なる淡路たまねぎ
島の宝珠 なるとオレンジ
心たきしめる淡路の香
淡路の伝統芸能を未来へつなぐ 淡路人形芝居
五斗長垣内(ごっさかいと)遺跡 弥生時代後期の建物跡や出土品が多数発見
伊弉諾神宮 夜間特別ライトアップ!
「神様の結うとおり」35柱モニュメント完成 伊弉諾神宮~濱神社を結ぶ
淡路カントリーガーデン 家族の思い出を育むレジャーランド施設!
兵庫ディオーネ 女子プロ野球チームがホームを淡路島に!
淡路島観光マップ
あわじ三市ガイド
ウェスティンホテル淡路 開業15周年を迎え、館内リニューアル!
春酔 灘の酒 —酒特集扉
灘の酒蔵めぐり
灘五郷の酒蔵がそれぞれ個性を生かし、 協力し合う
日本酒を醸造することは、日本文化を醸造することです
Brew Pub STARBOARD
すっぽんと和食のお店 料庵 有とみ
兵庫医科大学 健康医学クリニックで安心を
女性の輝くパワーが集う女性会
神戸 桜の名所とお花見弁当
フェリーさんふらわあで行く「ふぐと石仏のまち」臼杵への旅
観る人の心の模様がキャンバスにストーリーを紡ぐ 青栁紀幸の世界
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第四十七回
フランク・ロイド・ライト その思想と建築を今に Vol.8
Report KOBE 早駒運輸・神戸シーバスが「阪神・淡路大震災から20年 チ…
神戸のカクシボタン 第十五回
It’s NEW! ブラジル音楽とジャズのフュージョン RACHA FOR A(…
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第63回
第十三回 兵庫ゆかりの伝説浮世絵
触媒のうた 49