2015年
3月号
作品はパリの街頭がモチーフ。年に数回は現地へも出かける

観る人の心の模様がキャンバスにストーリーを紡ぐ 青栁紀幸の世界

カテゴリ:絵画

 キャンバスを照らす光線がカラーをまとい、清明な彩りとなって眼を癒やす。しかし、パステル画ではない。水彩画でもない。実は、油彩画だ。淡い色のなかに、ほのかな陰影が浮かぶ。薄く重ねられた絵の具のハーモニーが、物語を紡ぎゆく。
 「小さい頃から絵が大好きで、将来は画家になると思っていました。根拠はありませんでしたが、なぜか自信はありましたね」と笑う青栁さんは学生時代、あえて美大や美術部などに属せず、ラグビーに夢中になっていたという(作風からは想像できないが…)。その後、デッサンの基礎だけは名門・大阪市立美術館美術研究所で身につけはしたものの、油彩は独学。感性を信じ、試行錯誤を重ねて練達。誰にも真似できないスタイルを編み出した。
 描くモチーフは、パリをはじめとするフランスの街角。年に数回現地へ出かけ、アパートを拠点に街を歩き、スケッチを続ける。「滞在中は絵になる場所を探し、ひたすらスケッチですよ。美術館に行くときだけが休息です」と青栁さん。自身が最も好きな作家は、オルセーを彩る印象派、中でもモネだというが、フランスの街を描く理由もそこにポイントがあるようだ。
 日本とは違い、フランスの街、特に裏路地などは昔と景観がそう変わっておらず、モネたちが筆を握っていた時代の空気感をとどめている。そこにロマンを感じるだけでなく、「この先もきっと変わらないでしょう。だから五十年後、百年後の人たちにも、今と同じ感覚で絵を観てもらえるのが魅力です」と、将来はパリにアトリエを構えることが目標だという。
 描かれているのが古い街といっても絵に油絵の重さはなく、自然にその世界に入っていけるため、描かれている人物に思わず自分を投影してしまう。少しもの寂しい感じを受けるかもしれないが、そこには恋愛の切なさであったり、旅先での郷愁であったり、観る人それぞれの心の有り様が映され、絵の放つやわらかな色彩が心を包む。そう、観る人の心とともにある芸術なのだ。
 19世紀に印象派の画家たちが起こした絵画の革命はまだ続いている。彼らと同じ道具を使い現代の画家が描くフランスの街の何気ないシーンとの出会いが、あなたの想像力に翼を授けてくれるだろう。

作品はパリの街頭がモチーフ。年に数回は現地へも出かける


青栁 紀幸(あおやぎ としゆき)さん


「未来のふたりは」


「夕空の町」


「メリーゴーラウンド」


「サン・ラザール駅」


「クラシック」


「ルーアンの空」


「ポン・ヌフ」


「セーヌとメトロ」



「ゴッホの家」


「初恋」


最も好きなのは印象派、中でもモネだという

青栁 紀幸(あおやぎ としゆき)

1973年生まれ。関西学院大学文学部美学科卒。大阪市立美術館美術研究所で木炭デッサンを学ぶ。2002年に大阪心斎橋アセンスギャラリーで初個展。以降毎年、同ギャラリーで個展を開催。2006年、東京銀座幸伸ギャラリーで個展を開催。2009年、名古屋アートスペースA1で個展を開催、以降東京、名古屋で定期的に個展を開催。2015年は芦屋・平田町のギャラリー開雄にて個展を開催予定。アートイベントにも積極的に出展。ポストカードも人気がある。
ブログ「青ヤギさんからの手紙」
http://blog.zaq.ne.jp/aoyagin/

〈2015年3月号〉
特集 ー扉 “春色”あわじ島の旅
美菜恋来屋(みなこいこいや) オープン
映画「種まく旅人 くにうみの郷」
「御食国」淡路の島グルメ
桜鯛の棲み家は淡路島
美味凝縮!淡路のたこ
沼島の“はも”は神の賜物
淡路島3年とらふぐ 南あわじが生んだ奇跡の味
珠玉なる淡路たまねぎ
島の宝珠 なるとオレンジ
心たきしめる淡路の香
淡路の伝統芸能を未来へつなぐ 淡路人形芝居
五斗長垣内(ごっさかいと)遺跡 弥生時代後期の建物跡や出土品が多数発見
伊弉諾神宮 夜間特別ライトアップ!
「神様の結うとおり」35柱モニュメント完成 伊弉諾神宮~濱神社を結ぶ
淡路カントリーガーデン 家族の思い出を育むレジャーランド施設!
兵庫ディオーネ 女子プロ野球チームがホームを淡路島に!
淡路島観光マップ
あわじ三市ガイド
ウェスティンホテル淡路 開業15周年を迎え、館内リニューアル!
春酔 灘の酒 —酒特集扉
灘の酒蔵めぐり
灘五郷の酒蔵がそれぞれ個性を生かし、 協力し合う
日本酒を醸造することは、日本文化を醸造することです
Brew Pub STARBOARD
すっぽんと和食のお店 料庵 有とみ
兵庫医科大学 健康医学クリニックで安心を
女性の輝くパワーが集う女性会
神戸 桜の名所とお花見弁当
フェリーさんふらわあで行く「ふぐと石仏のまち」臼杵への旅
観る人の心の模様がキャンバスにストーリーを紡ぐ 青栁紀幸の世界
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第四十七回
フランク・ロイド・ライト その思想と建築を今に Vol.8
Report KOBE 早駒運輸・神戸シーバスが「阪神・淡路大震災から20年 チ…
神戸のカクシボタン 第十五回
It’s NEW! ブラジル音楽とジャズのフュージョン RACHA FOR A(…
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第63回
第十三回 兵庫ゆかりの伝説浮世絵
触媒のうた 49