2015年
3月号
兵庫県の重要有形民俗文化財に指定される昔の酒蔵「沢の鶴資料館」

灘の酒蔵めぐり

カテゴリ:日本酒・洋酒・ワイン, 観光

昔の酒蔵「沢の鶴資料館」

 兵庫県から「重要有形民俗文化財」の指定を受ける昔の酒蔵「沢の鶴資料館」。昔、実際に酒造りで使われていた道具の展示や、酒造りの工程が見られるビデオコーナーがあり、先人たちの酒造りの技を体感することができる。平成7年(1995)の阪神・淡路大震災より復興再建の際、建物に新たに免震システムを施し、貴重な文化財として、引き続き、自然の恵みと丹波杜氏に培われた灘酒の伝統を今に伝えている。

昔の酒蔵「沢の鶴資料館」

神戸市灘区大石南町1-29-1
[営] 10時~16時
[休]毎週水曜日・年末年始・お盆(8月中旬1週間)
入館無料
TEL.078-882-7788
https://www.sawanotsuru.co.jp/siryokan/

神戸酒心館

 神戸酒心館は、醸造工場を含む福寿蔵・東明蔵・豊明蔵・水明蔵の4つの酒蔵群からなる。醸造元の福寿蔵では、清酒「福寿」を提供。東明蔵の販売所では、酒匠のアドバイスを受けながら、お酒を肴と共に試飲すことができる(有料)ほか、手漉き和紙などのクラフト&ギャラリーコーナー、酒肴や食品の販売コーナー、ギャラリーなども。豊明蔵のホールではコンサートやイベントを開催。水明蔵の飲食店舗「さかばやし」では、蔵出しのお酒各種や会席料理を楽しむことも。

神戸酒心館

神戸市東灘区御影塚町1-8-17
[営]10時~18時(酒・食品の販売)
11時30分~14時30分/17時~22時
(水明蔵内 飲食店舗「さかばやし」)
[休]年末年始(1月1日~3日)
入館無料(イベントホールの催し物は有料)
TEL.078-841-1121
http://www.shushinkan.co.jp/

白鶴酒造資料館

 冷やして飲む日本酒やペットボトル容器の導入など、いつの時代にもチャレンジを大切にしてきた白鶴酒造。白鶴酒造資料館は、かつて実際に清酒醸造を行っていた本店1号蔵を改造したもの。昔ながらの酒造工程をわかりやすく再現するため、等身大の人形を配置するなど、清酒ができるまでを立体的に展示。1階ではきき酒コーナー、売店、多目的ホールがあり、2階には酒造りの道具などの展示品を置いている。

白鶴酒造資料館

神戸市東灘区住吉南町4-5-5
[営]9時30分~16時30分
[休]年末年始・お盆(ただし入館は16時まで。団体は予約制。)
入館無料
TEL. 078-822-8907
http://www.hakutsuru.co.jp/

菊正宗酒造記念館

 江戸中期、徳川四代将軍家綱の時代に、神戸・御影の地で酒造りをはじめた菊正宗酒造。昔ながらの生酛造りで、キレとコクのある“辛口の酒”ひとすじで作り続けてきた。住吉川端にある酒造記念館は、そんな歴史ある菊正宗の伝統的な酒蔵をしのばせる。井戸や水車小屋のある庭、資料館には酒蔵で実際に使っていた古い酒造りの道具を展示。酒造りの杜氏たちの息遣いが聞こえるようだ。

菊正宗酒造記念館

神戸市東灘区魚崎西町1-9-1
[営]9時30分~16時30分
[休]年末年始
入館無料
TEL.078-854-1029
http://www.kikumasamune.co.jp/

櫻正宗記念館 櫻宴

 正宗の元祖、宮水の発見、協会一号酵母発祥など、酒造りのパイオニアとして歴史を刻む櫻正宗。記念館「櫻宴(さくらえん)」はダイニングやカフェ、ショップ、展示スペースなど楽しみ方いろいろ。ユニークなのは呑処「三杯屋」。一枚板の立派なカウンターで、櫻正宗が誇る全25種のお酒を気軽に。ただし一日三杯まで。全種類制覇するたびに「稀」から「正宗」まで5章の段位と記念の酒器を授与、店に名札が飾られる。

櫻正宗記念館 櫻宴

神戸市東灘区魚崎南町4-3-18
阪神魚崎下車徒歩約5分
[営]10時〜19時(ショップ・カフェ)
  11時30分〜15時(14時LO)・
  17時〜22時(21時LO)(レストラン・三杯屋)
[休]毎週火曜日・1月1日(2014年12月は火曜日営業)
入館無料
TEL.078-436-3030
http://www.sakuramasamune.co.jp/

浜福鶴吟醸工房

 一年を通して酒造りの出来る設備と、全工程を見学できるガラス張りの設備をそなえる。伝統的な酒造りの工程の中でも最大の見どころ「もろみ仕込み」は、発酵を続ける白い泡の様子を見ることができる。試飲コーナーではしぼりたて生酒の試飲を、直売コーナーでは「浜福鶴」自慢の酒や酒器を、また、お酒を飲まない方でも自家製甘酒、こうじドリンクやこだわりの発酵食品などを楽しむことができる。

浜福鶴吟醸工房

神戸市東灘区魚崎南町4-4-6
[営] 10時~17時
[休]毎週月曜日
入館無料
TEL.078-411-0492
http://www.hamafukutsuru.co.jp/koubou_top.html

白鹿記念酒造博物館

 醸造元の辰馬本家酒造によって開設された「黒松白鹿」の酒蔵。平成7年の阪神・淡路大震災で全壊するが、倒壊した木材を再利用して新たに「明治の酒蔵・酒ミュージアム」を開館。伝統的な酒造工程で実際に使われた大桶の干場や釜場、槽場などが再現され、道具のコーナーでは自由に道具類に触れることができる。記念館では酒にちなんだ美術品や桜の資料を展示。

白鹿記念酒造博物館

西宮市鞍掛町8-21
[営]10時~17時
[休]毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、
年末年始、夏期休暇
一般400円、中小生200円(特別展は別料金)
TEL.0798-33-0008(代)
http://www.hakushika.co.jp/museum/index.htm

白鷹禄水苑

 日本の酒文化・食文化を発信する。「くらしの展示室」「白鷹集古館」では、戦前の造り酒屋の生活と、昔ながらの酒造り道具などを展示する。ショップでは、灘酒伝統の生酛造りによるオリジナル酒、全国から集めた酒肴や季節の器など、日本酒文化を存分に楽しめる品揃え。2階の「宮水ホール」では、イベントや文化講座を開催し、「蔵 bar」のけやきの一枚板でしつらえたカウンターでは、お酒と食事を楽しめる。

白鷹禄水苑

西宮市鞍掛町5-1
[営] 11時~19時(ショップ)
  11時~18時30分(展示室)
  12時~15時30分〔土・日・祝19時まで〕(蔵bar)
[休]毎月第1・第3水曜日
入館無料
TEL.0798-39-0235
http://www.hakutaka-shop.jp/

酒蔵通り煉瓦館

 煉瓦造の建物をイメージした館内には、きき酒コーナーをはじめ、和食レストラン、お酒や料理の器を手作りできるガラス工房、米ぬか化粧品を使ったフェイシャルエステと、日本酒の魅力を幅広く体験できるコーナーが目白押し。パソコンコーナーでは酒造りのシミュレーションができ、「バーチャル杜氏認定証」が授与される。特選品売店の人気は、しぼりたての原酒。

酒蔵通り煉瓦館

西宮市用海町4-28
[営] 10時~22時(入館は20時30分まで)
11時30分~14時/17時~22時(レストラン「花さかり」)
[酒造見学]
10時30分~/14時30分~(酒蔵見学)平日のみ・要予約
[休]毎月第2、第3火曜日・年末年始(12月31日、1月1日)。
入館無料
TEL.0798-32-2525
http://www.rengakan.com

〈2015年3月号〉
特集 ー扉 “春色”あわじ島の旅
美菜恋来屋(みなこいこいや) オープン
映画「種まく旅人 くにうみの郷」
「御食国」淡路の島グルメ
桜鯛の棲み家は淡路島
美味凝縮!淡路のたこ
沼島の“はも”は神の賜物
淡路島3年とらふぐ 南あわじが生んだ奇跡の味
珠玉なる淡路たまねぎ
島の宝珠 なるとオレンジ
心たきしめる淡路の香
淡路の伝統芸能を未来へつなぐ 淡路人形芝居
五斗長垣内(ごっさかいと)遺跡 弥生時代後期の建物跡や出土品が多数発見
伊弉諾神宮 夜間特別ライトアップ!
「神様の結うとおり」35柱モニュメント完成 伊弉諾神宮~濱神社を結ぶ
淡路カントリーガーデン 家族の思い出を育むレジャーランド施設!
兵庫ディオーネ 女子プロ野球チームがホームを淡路島に!
淡路島観光マップ
あわじ三市ガイド
ウェスティンホテル淡路 開業15周年を迎え、館内リニューアル!
春酔 灘の酒 —酒特集扉
灘の酒蔵めぐり
灘五郷の酒蔵がそれぞれ個性を生かし、 協力し合う
日本酒を醸造することは、日本文化を醸造することです
Brew Pub STARBOARD
すっぽんと和食のお店 料庵 有とみ
兵庫医科大学 健康医学クリニックで安心を
女性の輝くパワーが集う女性会
神戸 桜の名所とお花見弁当
フェリーさんふらわあで行く「ふぐと石仏のまち」臼杵への旅
観る人の心の模様がキャンバスにストーリーを紡ぐ 青栁紀幸の世界
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第四十七回
フランク・ロイド・ライト その思想と建築を今に Vol.8
Report KOBE 早駒運輸・神戸シーバスが「阪神・淡路大震災から20年 チ…
神戸のカクシボタン 第十五回
It’s NEW! ブラジル音楽とジャズのフュージョン RACHA FOR A(…
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第63回
第十三回 兵庫ゆかりの伝説浮世絵
触媒のうた 49