2017年
5月号
一番人気「エビのアヒージョ」。海老の旨味がたっぷり

神戸のカクシボタン 第四十一回 駅前のスペインバルで逢いましょう

カテゴリ:グルメ, 西宮・宝塚

写真/文 岡 力

 夕暮れ時になると異国情緒あふれる一軒の飲食店が灯りをともす。「三宮より東、大阪より西の立地で探した結果、この場所に決めました」そう語るのは、JR甲子園口駅前で「SPAIN BAR ujiya」(スペインバル ウジヤ)を営む奥谷知也さん。今月で開業して1周年を迎える。洋風の店構えとは異なる和の店名は、先祖代々京都で営んできた旅館に由来する。カジュアルな雰囲気の店内。カウンターには、タパスがずらりと並んでいる。 
 物心ついた頃から料理の世界に憧れイタリア料理店で修業。その後、パティシエとして経験も積んだ。やがてスペイン料理の持つ空気感に魅了され現地に出向き研究をした。
 そんな様々な経験が集積した逸品を頂く事にした。まずは、本場のワインをボトルで卸し乾杯。最初に出てきたのは一番人気である「エビのアヒージョ」。香ばしい海老の旨味が凝縮されたオイルにパンをディップしながらガブガブとワインを飲む。続いて彩り豊かな「魚介のパエリア」で小腹を満たす。そしてメインである「イベリコ豚の1ポンドステーキ」が登場。「1ポンドってこんなに人を幸せな気分にしてくれる単位なんだね」と自問自答しながらジューシーなお肉と喜びを噛みしめる。
 これからのシーズン、軒先にある立ち飲みスペースもおすすめである。今日も幅広い層のお客がワイワイと賑やかな音を立てながら美味しい料理とお酒を楽しんでいる。これぞ理想的な地域コミュニティといえる。

一番人気「エビのアヒージョ」。海老の旨味がたっぷり


ランチは女性に大人気


オーナーの奥谷知也さん

■「SPAIN BAR ujiya」

西宮市甲子園口3-3-25-101 TEL.0798-64-1799
営業時間 ランチ11:30〜14:00/ディナー18:00〜24:00 不定休

■岡力(おか りき)コラムニスト

ふるさとが神戸市垂水区。著書「アホと呼ばれた’80S」「噂の内股シェフ」「関西トラウマ図鑑」連載「のぞき見 雑記帳」(大阪日日新聞)「Oh!二度漬けラジオ」(YES-fm)

〈2017年5月号〉
市民の手でつくるフルートのまち神戸!
連載 輝く女性 ③ 美味しいものが取り持つ『黄金に輝く幸せな時間』を提案
ぶらり私のKOBE散歩 ー 特集 扉 ー
ぶらり私のKOBE散歩|街歩きの醍醐味は坂道と路地
ぶらり私のKOBE散歩|ロープウェイから眺める山桜
ぶらり私のKOBE散歩|生活の中に摩耶山を
ぶらり私のKOBE散歩|住吉川・清流の道と文化財散歩
ぶらり私のKOBE散歩|明日への一歩を大きく踏み出せる舞子の海
ぶらり私のKOBE散歩|空の玄関口・神戸空港
ぶらり私のKOBE散歩|知らざれる穴場で、1日ゆったり極上休日
品格を受け継ぎながら、新しい風を ― HAIR & FACE Eliz…
プラウド苦楽園 ―美しき池の畔に咲く 麗しき邸宅文化の結晶
ホテルの街カフェ「マグネットカフェ竹園」オープン!
対談/進化する名門私立中学校 第6回 神戸海星女子学院中学校
連載 ミツバチの話 ⑩
第11回 神戸洋藝菓子ボックサン
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具 10
連載 神戸秘話 ⑤ 世界に誇る神戸港を築いた土木技師
“新”神戸レディススパのステキな過ごし方 Vol.2
ガゼボショップが提案する“上質なくらし” ⑪
オーガニックハウス実物件デザインコンテスト 平尾工務店が最優秀賞を受賞!
3月17日 リニューアル オープン 新生「神戸BAL」で「上質な時間消費」を
4月8日、「ベントレー神戸」がオープン!|耳よりKOBE
神戸の中の情景|神戸っ子アーカイブ Vol.2
Power of music(音楽の力) 第17回
須磨離宮公園 開園50周年! 生まれ変わる「バラの園」
キリンビール神戸工場20周年
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十二回
神戸のカクシボタン 第四十一回 駅前のスペインバルで逢いましょう
女性と女児のための教育の向上を 国際ソロプチミスト神戸(SOROPTIMIST …
看護師・介護福祉士を目指す外国人のための日本語学校 JPGA日本グローバルアカデ…
キユーピーの見学施設「オープンキッチン」5月1日(月)神戸工場に誕生!|耳より」…
神戸鉄人伝 第89回 洋舞家 貞松 正一郎(さだまつ しょういちろう)さん
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第三十九回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から⑫ 加計呂麻島
私のBMW
陽春の宴 芝能「天鼓」を開催|NEWS神戸百店会
有馬歳時記|「沙羅の花と一絃琴の鑑賞会」へのお誘い
ヤナセ 加古川支店|100年にわたる“感謝の心”を、未来につないでいきます。
遥かなるルネサンス 天正遣欧少年使節がたどったイタリア