2017年
5月号
ヤナセ加古川支店は、加古川市役所を中心とする文教地区に位置する

ヤナセ 加古川支店|100年にわたる“感謝の心”を、未来につないでいきます。

カテゴリ:明石・播磨,

兵庫エリアのヤナセ神戸5店舗の中で、もっとも小さなお店が加古川支店です。
お顔なじみのお客様も多く、アットホームな雰囲気づくりを大切にしています。

お顔なじみのお客様も多く、アットホームな雰囲気づくりを大切に!

 平成4年(1992)に神戸、姫路エリアの中間拠点としてオープンしたのが、ヤナセ加古川支店です。加古川エリアは神戸方面へのアクセスも良く、子育てをしやすい環境が整っていることもあり、近年人口が増え続けています。住戸の増加に伴い、高級車へのニーズも高まりを見せておりますが、そのニーズにお応えするのが加古川支店です。
 北に加古川市役所を中心とする文教地区が広がり、南には平安時代建築の太子堂(国宝)を有し「西の法隆寺」とも称されている鶴林寺があります。そんな環境の良い、好立地に位置するのが加古川支店です。
 店内では、メルセデス・ベンツA、B、C、Eクラスとスマートを中心に、屋内外に常時7~10台を展示しております。最近では女性のお客様にも多数ご来店いただき、コンパクトタイプのお車をお求めになられるケースや、中古車をご購入いただくケースが増えており、お客様の多様なニーズにお応えすべくお車をご用意いたしております。
 アフターサービスでは、気さくなベテランフロントマンがお客様のカーライフをサポート。メルセデス・ベンツ認定の故障診断士がお客様の愛車を的確に診断いたします。
 兵庫エリア5店舗の中でも、もっとも規模が小さいのが加古川支店です。しかし、コンパクトであるがゆえに、お顔なじみのお客様も多く、アットホームな雰囲気でお客様をお迎えしております。

ヤナセ加古川支店は、加古川市役所を中心とする文教地区に位置する


店内に入るとスマートがお出迎え


人気のCクラス、Eクラスが並ぶ


ゆったりとしたショールーム


AMGホイールキャップ


中古車のニーズも高まっている


株式会社ヤナセ 加古川支店

加古川市加古川町北在家2045
■電話 079-427-1171
■営業 09:30-18:00
■休業 月曜日 年末年始

〈2017年5月号〉
市民の手でつくるフルートのまち神戸!
連載 輝く女性 ③ 美味しいものが取り持つ『黄金に輝く幸せな時間』を提案
ぶらり私のKOBE散歩 ー 特集 扉 ー
ぶらり私のKOBE散歩|街歩きの醍醐味は坂道と路地
ぶらり私のKOBE散歩|ロープウェイから眺める山桜
ぶらり私のKOBE散歩|生活の中に摩耶山を
ぶらり私のKOBE散歩|住吉川・清流の道と文化財散歩
ぶらり私のKOBE散歩|明日への一歩を大きく踏み出せる舞子の海
ぶらり私のKOBE散歩|空の玄関口・神戸空港
ぶらり私のKOBE散歩|知らざれる穴場で、1日ゆったり極上休日
品格を受け継ぎながら、新しい風を ― HAIR & FACE Eliz…
プラウド苦楽園 ―美しき池の畔に咲く 麗しき邸宅文化の結晶
ホテルの街カフェ「マグネットカフェ竹園」オープン!
対談/進化する名門私立中学校 第6回 神戸海星女子学院中学校
連載 ミツバチの話 ⑩
第11回 神戸洋藝菓子ボックサン
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具 10
連載 神戸秘話 ⑤ 世界に誇る神戸港を築いた土木技師
“新”神戸レディススパのステキな過ごし方 Vol.2
ガゼボショップが提案する“上質なくらし” ⑪
オーガニックハウス実物件デザインコンテスト 平尾工務店が最優秀賞を受賞!
3月17日 リニューアル オープン 新生「神戸BAL」で「上質な時間消費」を
4月8日、「ベントレー神戸」がオープン!|耳よりKOBE
神戸の中の情景|神戸っ子アーカイブ Vol.2
Power of music(音楽の力) 第17回
須磨離宮公園 開園50周年! 生まれ変わる「バラの園」
キリンビール神戸工場20周年
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十二回
神戸のカクシボタン 第四十一回 駅前のスペインバルで逢いましょう
女性と女児のための教育の向上を 国際ソロプチミスト神戸(SOROPTIMIST …
看護師・介護福祉士を目指す外国人のための日本語学校 JPGA日本グローバルアカデ…
キユーピーの見学施設「オープンキッチン」5月1日(月)神戸工場に誕生!|耳より」…
神戸鉄人伝 第89回 洋舞家 貞松 正一郎(さだまつ しょういちろう)さん
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第三十九回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から⑫ 加計呂麻島
私のBMW
陽春の宴 芝能「天鼓」を開催|NEWS神戸百店会
有馬歳時記|「沙羅の花と一絃琴の鑑賞会」へのお誘い
ヤナセ 加古川支店|100年にわたる“感謝の心”を、未来につないでいきます。
遥かなるルネサンス 天正遣欧少年使節がたどったイタリア