神戸鉄人伝 第89回 洋舞家 貞松 正一郎(さだまつ しょういちろう)さん

カテゴリ:絵画

剪画・文
とみさわかよの

洋舞家
貞松 正一郎(さだまつ しょういちろう)さん

 国内有数のバレエ団に数えられる貞松・浜田バレエ団。両親が創設した団とバレエ学園の芸術監督を務める、ひとり息子の貞松正一郎さん。踊り手としても輝かしい功績をお持ちですが、今は主に演出や後進の指導にあたっておられます。「指導方法の進化で、日本のバレエも格段にレベルアップしています」と語る貞松さんに、お話をうかがいました。

―バレエ人生の始まりは?
 幼稚園に上がる前から親のバレエ教室に出入りしていましたので、気付いたら踊っていました。4歳からきちんとポジションを仕込まれ、基礎を身に付けました。あの頃はまずは基礎、ひたすら筋トレの時代でしたね。今はリズム体操から習うなどトレーニングも変化しているし、解剖学に則ったやり方で合理的に「細くて強靭な体」を作るのが主流になってきています。

―現在はバレエ男子やスケート選手は人気者ですが、当時はいかがでしたか。
 今でこそ男子のバレエ人口も増えましたが、私が子どもの頃は極めて少数派。タイツ姿をからかわれるのが嫌で、学校ではバレエをやっていることを隠していました。私は決して行動派の子どもではなかったし、運動神経は普通でしたね。人にバレエのことを話せるようになったのは、高校生になってからです。海外のバレエ短期講習などに参加するようになって、目覚めたというか舞台での度胸もついていきました。

―やがて国際バレエコンクールに挑戦するわけですが、コンクールは踊り手にとってどういうものなのでしょう?
 コンクールでは実力者たちと競い合うのですから、刺激にも励みにもなるし、次の段階へのステップになる。ただ無心で踊っていた子どもが、コンクールで賞をとるとその地位を守ろうとして、力が出せなくなってしまうことがあります。コンクールは稽古の成果を出し切ればそれでいい。自分ができることに集中して、自信のあるところを見せる方がよい結果にもつながります。それでもまだ自分より上がいる場合もある、それは運です。

―世界のコンクールに出場してきた方ならではのお言葉ですね。入賞され、それからは?
 1982年にローザンヌ賞をいただき、その後英国ロイヤルバレエスクールに1年留学。そして松山バレエ団に入団、海外公演などに参加させていただきました。神戸に戻って来たのは、29歳の時でした。

―ご両親のバレエ団をともに支えるようになって、舞台公演のほかに力を入れられたのは?
 貞松・浜田バレエ団は古典の全幕と創作リサイタル、クリスマスのくるみ割りなどの大きな舞台のほかに、学校公演を数多く行っています。バレエはいろいろな専門家が関わって創り上げる総合芸術であることを説明し、子どもたちにポジションを体験させたり小品を見せたりする。これは子どもたちにとって貴重な経験であると同時に、団員がこの経験を通して育っていくという側面もあり、大切に考えています。

―ご自身が指導する立場になって思うことは?
 海外の指導者は「ここがいい」とほめる。日本の指導者は「もっとこうしろ」とダメなところを指摘する。私自身、海外で学んだ時にほめてもらったからこそ伸びることができたのです。でもいざ教える側に回ると「これを言ってやらなくては!」という気持ちが先に立ってしまって。もっと大きく構えていいところを言ってあげなくてはと、反省することしきりです。

―貞松・浜田バレエ団のこれからについて一言。
 地方のバレエ団として、地域の人材を育てていきたい。お客様にも、団員たちの成長を楽しみに見てもらえたらと思います。舞台を見た方から「主役を踊った人を子どもの頃から応援していました」という言葉をいただいた時は、嬉しかったですね。私たちはこれからも神戸のお客様とともに成長していきたいと願っています。
            (2016年3月20日取材)

育てられた時代を経て、今度は自分が育てる番になった貞松さん。その目はまっすぐにバレエ団の未来を見据えていました。

「先日、発表会で“眠りの森の美女”の王様役を演じました」と貞松さん。「動かずにたたずまいだけで威厳を示すのは、踊りとは違う大変さがある。どんな役にも苦労があり、おろそかにできないのが舞台です」

とみさわ かよの

神戸のまちとそこに生きる人々を剪画(切り絵)で描き続けている。平成25年度神戸市文化奨励賞、平成25年度半どんの会及川記念芸術文化奨励賞受賞。神戸市出身・在住。日本剪画協会会員・認定講師、神戸芸術文化会議会員、神戸新聞文化センター講師。

〈2017年5月号〉
市民の手でつくるフルートのまち神戸!
連載 輝く女性 ③ 美味しいものが取り持つ『黄金に輝く幸せな時間』を提案
ぶらり私のKOBE散歩 ー 特集 扉 ー
ぶらり私のKOBE散歩|街歩きの醍醐味は坂道と路地
ぶらり私のKOBE散歩|ロープウェイから眺める山桜
ぶらり私のKOBE散歩|生活の中に摩耶山を
ぶらり私のKOBE散歩|住吉川・清流の道と文化財散歩
ぶらり私のKOBE散歩|明日への一歩を大きく踏み出せる舞子の海
ぶらり私のKOBE散歩|空の玄関口・神戸空港
ぶらり私のKOBE散歩|知らざれる穴場で、1日ゆったり極上休日
品格を受け継ぎながら、新しい風を ― HAIR & FACE Eliz…
プラウド苦楽園 ―美しき池の畔に咲く 麗しき邸宅文化の結晶
ホテルの街カフェ「マグネットカフェ竹園」オープン!
対談/進化する名門私立中学校 第6回 神戸海星女子学院中学校
連載 ミツバチの話 ⑩
第11回 神戸洋藝菓子ボックサン
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具 10
連載 神戸秘話 ⑤ 世界に誇る神戸港を築いた土木技師
“新”神戸レディススパのステキな過ごし方 Vol.2
ガゼボショップが提案する“上質なくらし” ⑪
オーガニックハウス実物件デザインコンテスト 平尾工務店が最優秀賞を受賞!
3月17日 リニューアル オープン 新生「神戸BAL」で「上質な時間消費」を
4月8日、「ベントレー神戸」がオープン!|耳よりKOBE
神戸の中の情景|神戸っ子アーカイブ Vol.2
Power of music(音楽の力) 第17回
須磨離宮公園 開園50周年! 生まれ変わる「バラの園」
キリンビール神戸工場20周年
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十二回
神戸のカクシボタン 第四十一回 駅前のスペインバルで逢いましょう
女性と女児のための教育の向上を 国際ソロプチミスト神戸(SOROPTIMIST …
看護師・介護福祉士を目指す外国人のための日本語学校 JPGA日本グローバルアカデ…
キユーピーの見学施設「オープンキッチン」5月1日(月)神戸工場に誕生!|耳より」…
神戸鉄人伝 第89回 洋舞家 貞松 正一郎(さだまつ しょういちろう)さん
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第三十九回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から⑫ 加計呂麻島
私のBMW
陽春の宴 芝能「天鼓」を開催|NEWS神戸百店会
有馬歳時記|「沙羅の花と一絃琴の鑑賞会」へのお誘い
ヤナセ 加古川支店|100年にわたる“感謝の心”を、未来につないでいきます。
遥かなるルネサンス 天正遣欧少年使節がたどったイタリア