2017年
2月号
須磨寺桜下薩摩守忠度「旅宿の花」詠歌の図 歌川国芳画

兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第三十六回

カテゴリ:絵画

中右 瑛

忠度辞世の和歌“旅宿の花”

「一の谷逆落とし合戦」は壮絶を極めたが、その前夜、須磨寺の境内は桜の花が咲き乱れ、平敦盛が奏でる青葉の笛の音が静かに聞こえる。
美しくも静かな宵のひと時。桜の木の下で、平家軍勢の総大将・薩摩守忠度は家臣たちと安らぎを楽しみ、和歌を詠じた。

行きくれて
木の下かげを 宿とせば
花やこよひの
あるじならまし

「旅宿の花」と題す
薩摩守忠度は清盛の弟で、文武両道の士として有名である。特に父・忠盛の文才を継いで、和歌に秀でていた。
都落ちのときのエピソードがある。いとまごいに和歌の師・藤原俊成を訪ね、和歌一巻を預けて勅撰和歌集に加えられるように願い、そのうちの「故郷の花」が千載和歌集に選ばれたが、朝敵となっていたため「詠み人知らず」として収められた。忠度に対する俊成の心配りであった。

この図は、一幅の名作絵巻のように美しい。絵師・国芳は源平の名場面を数多く描いたが、これほど華麗でドラマチックな図はない。

あくる日、世にいう「一の谷合戦」は“逆落とし”という義経の奇襲作戦でもって幕は切って落とされた。裏山からの攻撃は、平家陣では予想もしなかっただけに、その狼狽ぶりは目に余るほどで、既に戦いの決着はついたも同然。それでも平家方は奮戦したが及ばず、力尽きて無残にも散って逝った平家の武将たちは多い。

忠度は駒ヶ林あたりまで後退したのだが、遂に源氏勢に取り囲まれた。
「御名を名乗りたまえ」
と言えども答えず、忠度は源氏勢の岡部六弥太忠澄を馬から叩き落とし、地にねじ伏せ、首を刎ねようとした。その時、背後から六弥太の家来が、忠度の右腕を斬り落とした。
「しまった!もはやこれまで…」
忠度は観念し、斬りかかってきた六弥太の刀を左手に掴んで、自らの胸に突き刺し、壮絶な最期を遂げたという。忠度は最期まで名を明かさなかったが、箙に結んであった「旅宿の花」の自筆歌文で、忠度と知れた。

忠度討死の地・駒ヶ林には、今も「忠度公腕塚」があり、ここは腕塚町と名付けられている。
須磨寺で詠じたこの和歌が、はからずも忠度辞世の句となったのである。

須磨寺桜下薩摩守忠度「旅宿の花」詠歌の図 歌川国芳画

■中右瑛(なかう・えい)

抽象画家。浮世絵・夢二エッセイスト。1934年生まれ、神戸市在住。行動美術展において奨励賞、新人賞、会友賞、行動美術賞受賞。浮世絵内山賞、半どん現代美術賞、兵庫県文化賞、神戸市文化賞、地域文化功労者文部科学大臣表彰など受賞。現在、行動美術協会会員、国際浮世絵学会常任理事。著書多数。

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

  • ジャガー・ランドローバー西宮 / 神戸中央 / 姫路
〈2017年2月号〉
三宮駅ビル建て替えプロジェクト始動! 目に見えてきた神戸の将来像
商売の神様と経営の神様に愛された地|神様に愛された地、夙川 ②
経営の神様を支えた女の一代記『神様の女房』|神様に愛された地、夙川 ②
連載 神戸秘話 ② 神戸一中サッカー部と河本春男
語りつくせない“結婚式”のよろこび
ガゼボショップが提案する“上質なくらし”⑧
平尾工務店 オーガニックハウス モデルハウスリニューアルオープン
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第六十九回
神戸の「元」となった「町」 神戸元町商店街
早くて安い! 神戸空港からひとっ飛びの旅!! |神戸〜長崎の飛行機旅(後編)
連載 ミツバチの話 ⑦
気軽に癒やし時間|“新”神戸レディススパで、癒しのおこもり
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具 7
神戸の粋な店 Vol.11 中国菜群青
第8回 神戸洋藝菓子ボックサン
私のBMW
有馬歳時記|春、おぼろ 有馬の桜散策へ
2017 St.Valentine’s Day ゴンチャロフのバレン…
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑨ この静かな変化に耐えよ
Power of music(音楽の力) 第14回
神戸鉄人伝 第86回 花柳 吉小叟(はなやぎ よしこそう)さん
神戸のカクシボタン 第三十八回 カウンター 独り寡黙に 男めし
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第三十六回
ヤナセ 西宮支店|100年にわたる“感謝の心”を、未来につないでいきます。
2016 ヤナセ ヤングヴィッセル賞は、小林成豪選手に!