2017年
2月号
稲佐山から眺める「1,000万ドルの夜景」。山頂展望台へは「長崎ロープウェイ」で(9~22時。往復/大人1,230円、中・高校生920円、小学生610円※大人1人につき幼児1名無料) ●長崎ロープウェイ【電】095-861-3640

早くて安い! 神戸空港からひとっ飛びの旅!! |神戸〜長崎の飛行機旅(後編)

カテゴリ:楽しむ, 観光

長崎といえば、“長崎ちゃんぽん”“皿うどん”のほか、大人のお子様ランチ“トルコライス”も有名だけれど、長崎人(じげもん)が「こんな旨かぁ〜よかもんがある」と胸を張る、まだ知られていないグルメがいっぱいあるのだ。長崎旅の後編では、【今、食べたい長崎自慢のおいしいもの】をご紹介!
長崎の旬の観光情報は「長崎市公式観光サイト」や「ながさき旅ネット」でも! 

食の「長崎文化」をいただきます♪

「漁獲量全国2位、魚種の多さでは全国1位といわれる長崎。そこで、魚の美味しいまち=長崎を広く知っていただき、『お魚のまち』ならではの魚料理を観光客の方にも、もっと気軽に楽しく味わってもらうため、“新”ご当地グルメを売り出し中です♪」と石丸さん。美容や健康にいいDHAやEPAを摂取し知的美人に育った、お魚好きの彼女は「魚のまち長崎応援女子会」の事務局員としても活躍中!
長崎“新”ご当地グルメとは、①長崎の魚&たっぷりのスープをライスやパンと一緒に食す「長崎そっぷ」 ②サバ&パンの意外なコンビが絶妙な「サバサンド」 ③ド・ロ神父ゆかりの外海地区からは神父が日本初で伝えたパスタ&長崎産魚介の「ド・ロさま海鮮パスタ」の3メニュー。市内の協力店で各々に工夫した個性的な新メニューを楽しめる!

長崎市水産農林部
水産農林政策課
石丸綾子さん

※「長崎“新”ご当地グルメ」ガイドブックを配布中!



魚の美味しいまち長崎

魚料理が評判の店舗やイベントなど、長崎の魚に関する美味しい情報満載!
http://nagasaki-sakana.com/

出島にまつわる物語を料理に反映し伝承する

江戸時代の貿易港・長崎では、牛肉や豚肉、乳製品を使った西洋料理や中国料理がいきづき、これらはやがて日本各地へ広まっていった。扇形をした人工島「出島」には当時、オランダ商館があり、交易や文化交流、蘭学が盛んだった。現在は史跡「出島」としてかつての建物が復元され、タイムスリップ気分を楽しめる。
『出島内外倶楽部レストラン』で“新”ご当地グルメ「長崎そっぷ(写真①)1620円※要予約」をいただいた。「そっぷ」とは、オランダ語でスープのこと。同店ではオランダ商館で食されていた伊勢海老のスープをアレンジして提供。海老の旨味あふれるオレンジ色のスープの海に、出島を象ったバターライスやオランダ伝来野菜を積んだ船のタルトなどが散りばめられ、出島の歴史物語を目と舌で堪能できる。店の運営は『NPO法人長崎の食文化を推進する会』。「出島でしか作れない本物の料理を味わってもらい、食文化を卓越した技術の伝承と新長崎の食文化の発展を目指したい」と理事長の山下さん。ホテルニュータンダ名誉総料理長で全国洋食部門の第一人者の山下さんや食のプロ達が、料理を切り口として長崎の食文化の伝承事業を仕掛けている。

写真①長崎そっぷ

「長崎の食文化を推進する会」
理事長 山下 慧さん

●出島内外倶楽部レストラン

【住】長崎市出島町6-1 史跡 出島内
【電】095-893-8015

くじらは長崎にあり。ウネスにウナル!!

もう一つ、見逃せないのが鯨料理。鯨と長崎との歴史は古く、捕鯨の様子が描かれた弥生時代の壷が出土、今も県民一人当たりの鯨肉消費量は全国一。鯨専門店ほか、鯨料理を気軽に味わえる居酒屋や寿司屋も多い。
人気居酒屋『五人百姓(ごにんびゃくしょう)』で鯨尽くしディナーをご馳走になった。すえひろ、さえずり、赤身、ベーコンなど、多彩な刺身や腸ハムを堪能。林昭彦社長自慢の「くじらしゃぶ(写真②)1人前3564円」は、高級部位・紅白の畝須(うねす)をダシにくぐらせると旨味のある赤身がキュッと踊り、とろける脂身の甘味と渾然一体に。シメに濃厚スープでつくるおじやは河豚(ふぐ)雑炊、蟹雑炊も鯨の潮で吹き飛ぶ(!?)ほど、絶品。魚ではないけれど目からウロコ、うなる味をぜひ体験してほしい!

写真②くじらしゃぶ


とっておき長崎の立ち寄りグルメ

「五人百姓」のある銅座町に佇む「宝雲亭本店」。
3cm大の餃子は肉汁ジュワ~、豚肉の旨味と玉葱の甘味が口に広がる。真っ赤な柚子胡椒で楽しもう。

↑焼き餃子 10個 420円

●宝雲亭本店

【住】長崎市銅座町15-13【電】095-823-4042

長崎の魅力は食のみならず! 世界・日本新三大夜景を堪能

香港、モナコと並ぶ『世界新三大夜景都市』に認定された長崎の夜景。2015年10月に神戸で開かれた『夜景サミット』では神戸市、札幌市と並び、長崎市が『日本新三大夜景都市』にも認定。本誌1月号(長崎の旅・前編)で登場いただいた “夜景ナビゲーター”の資格も持つ、長崎国際観光コンベンション協会の吉谷(よしがい)さんは長崎の夜景の魅力をこう語る。
「長崎港を中心に山に囲まれたすり鉢状の地形による立体的な夜景を、稲佐山・鍋冠山(なべかんむりやま)・風頭公園など多方向から楽しめます。また、稲佐山展望台では360度と変化に富んだ夜景を眺めることができるのも他市にないポイントです。教会や石橋のライトアップ、長崎ランタンフェスティバルなど、街全体での取り組みも夜景都市認定の際に、高い評価につながりました」。

稲佐山から眺める「1,000万ドルの夜景」。山頂展望台へは「長崎ロープウェイ」で(9~22時。往復/大人1,230円、中・高校生920円、小学生610円※大人1人につき幼児1名無料)
●長崎ロープウェイ【電】095-861-3640

稲佐山山頂にある円筒形をした360度総ガラス張りの展望塔「ビュータワー」

展望台では『INASAYAMA写真工房』のカメラマン辻本亨一さんに記念撮影をお願いできる(1枚1,400円)

長崎国際観光コンベンション協会の吉谷泰蔵さんと記念撮影

吉谷さんおすすめは、稲佐山の反対方向、鍋冠山からの夜景。「平成28年4月に展望台がリニューアルし、展望スペースも約4倍に拡大、バリアフリー仕様になりました。夕方、海に沈む夕日も美しく、旧グラバー住宅やジャイアント・カンチレバークレーン、軍艦島など、『明治日本の産業革命遺産』の構成資産も一望できる抜群のロケーションで、日没から30分程がおすすめタイム★」。
山の斜面にはりつくように建つ家々の灯りが輝きを増し、優しい趣きの長崎の夜景。派手なネオンサインが多い神戸の夜景とまた違って、癒し度も満点だ。

グラバー園「第2ゲート」から鍋冠山へは徒歩で10分程(石橋電停からは「グラバースカイロード」が便利)。旧グラバー住宅とあわせて観光しよう

標高169mの鍋冠山からの夜景。取材当日は長崎港にダイヤモンド・プリンセスが入港。豪華クルーズ船も灯りをプラス

ジャイアント・カンチレバークレーンや戦艦武蔵の建造ドッグなども見える

飛行機旅でしか楽しめない時間と空間

神戸から長崎へは、便利な飛行機でひとっ飛び!
空港ではテレビなどで話題の名物メニュー「トルコライス」も味わえる!

飛行機なら神戸~長崎が70分
スカイマークで時短&楽ちん旅

神戸から長崎へは、電車で新幹線とJRで乗り継いで行くと4~5時間もかかるけれど、飛行機ならば、たった70分。
神戸空港から長崎空港への直行便を唯一運航するスカイマークでは、昨年の12月22日から、1日2往復から4往復に増便して、ますます便利に!神戸空港へは三宮からポートライナーで約18分、駐車場も24時間無料で利用できる。
長崎への飛行機旅はスカイマークでぜひ!

神戸発着 スカイマークの運航ダイヤ

2017年3/25までのダイヤです。3/26以降は変わる可能性があります。

【お問い合わせ】 スカイマーク予約センター
【電】全国共通ナビダイヤル0570-039-283(8時~20時30分)

「長崎空港」で話題のトルコライスを食べよう

カレーピラフ、ナポリタン、トンカツが一皿に盛り付けられた大人のお子様ランチ、長崎発祥の「トルコライス」を食べずして神戸には帰れない!


トルコライス(1,230円)

長崎の郷土料理や名物料理を楽しめるレストラン「エアポート」。和食・洋食・中華など、多彩なメニューの中でも人気は「トルコライス」。鎖国時代、唯一清国やオランダと交流のあった長崎。東洋と西洋が一皿に同居するトルコライスはその象徴的料理で、ちゃんぽんとともに長崎のソウルフードといわれている!

●2F/レストラン「エアポート」
【電】0957-52- 5554【営】10~21時(LO20時30分)

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

〈2017年2月号〉
三宮駅ビル建て替えプロジェクト始動! 目に見えてきた神戸の将来像
商売の神様と経営の神様に愛された地|神様に愛された地、夙川 ②
経営の神様を支えた女の一代記『神様の女房』|神様に愛された地、夙川 ②
連載 神戸秘話 ② 神戸一中サッカー部と河本春男
語りつくせない“結婚式”のよろこび
ガゼボショップが提案する“上質なくらし”⑧
平尾工務店 オーガニックハウス モデルハウスリニューアルオープン
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第六十九回
神戸の「元」となった「町」 神戸元町商店街
早くて安い! 神戸空港からひとっ飛びの旅!! |神戸〜長崎の飛行機旅(後編)
連載 ミツバチの話 ⑦
気軽に癒やし時間|“新”神戸レディススパで、癒しのおこもり
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具 7
神戸の粋な店 Vol.11 中国菜群青
第8回 神戸洋藝菓子ボックサン
私のBMW
有馬歳時記|春、おぼろ 有馬の桜散策へ
2017 St.Valentine’s Day ゴンチャロフのバレン…
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑨ この静かな変化に耐えよ
Power of music(音楽の力) 第14回
神戸鉄人伝 第86回 花柳 吉小叟(はなやぎ よしこそう)さん
神戸のカクシボタン 第三十八回 カウンター 独り寡黙に 男めし
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第三十六回
ヤナセ 西宮支店|100年にわたる“感謝の心”を、未来につないでいきます。
2016 ヤナセ ヤングヴィッセル賞は、小林成豪選手に!