2017年
2月号
大半のお客が注文する特盛

神戸のカクシボタン 第三十八回 カウンター 独り寡黙に 男めし

カテゴリ:グルメ, 神戸

 ディズニー映画「わんわん物語」に出てくるような山盛りナポリタンの前で手を合わせる。タバスコの瓶を一心不乱に振り、フォークを握りしめ、口の周りに付いたケチャップを気にせず豪快に食す。男の美学と言うべき「独りランチ」の一幕である。
 昨年の3月に三宮でオープンした「お一人様用スパゲティ専門店
ちゃっぷまん」が話題を呼んでいる。店名は、「ケチャップ」+「男(マン)」に由来。その名のとおり、客の7割が男性。パスタではなくスパゲティにこだわる洋食男子がラーメン店感覚で足しげく通う。   
 メニューは、全部で6種類。ここでは、カルボナーラは「かるぼ」、タラコは「たらちゃん」と呼ばれている。おススメは、定番のナポリタンをオムレツで包みハヤシソースとクリームをかけた「オムナポ」。それらの上に目玉焼き、ポテトサラダ、焼きチーズといった具材を追加でトッピングする事ができる。麺の量は、通常のお店で提供される300g(小)~1500g(テラ)まで選べる。テラを完食すると「?」と言う領域に進む。嬉しい事に600g(特盛)までは、追加料金がかからない。また、上限までは麺のおかわりもできる。
 この日は、客の大半が注文するという特盛を注文。テーブルへ差し出された際に不安がよぎるもあまりの美味しさに難なく完食した。代表の金山順太さんにお話を伺った。「食べることをメインにした効率の良いお店がしたくて開業しました。最近では、女性客も徐々に増えております。実のところ私自身は、食が細くそんなに食べる方ではありません」と気さくに笑う。老若男女にかかわらず焼きスパゲティの真骨頂を体感あれ。

大半のお客が注文する特盛


調理にかかる代表の金山さん


お一人様用スパゲティ専門店 ちゃっぷまん

神戸市中央区下山手通2丁目1-17城村ビル地下1F
定休日なし 11:00~23:00 ※土・日・祝 21:00まで

■岡力(おか りき)コラムニスト

ふるさとが神戸市垂水区。著書「アホと呼ばれた’80S」「噂の内股シェフ」「関西トラウマ図鑑」連載「のぞき見 雑記帳」(大阪日日新聞)「Oh!二度漬けラジオ」(YES-fm)

〈2017年2月号〉
三宮駅ビル建て替えプロジェクト始動! 目に見えてきた神戸の将来像
商売の神様と経営の神様に愛された地|神様に愛された地、夙川 ②
経営の神様を支えた女の一代記『神様の女房』|神様に愛された地、夙川 ②
連載 神戸秘話 ② 神戸一中サッカー部と河本春男
語りつくせない“結婚式”のよろこび
ガゼボショップが提案する“上質なくらし”⑧
平尾工務店 オーガニックハウス モデルハウスリニューアルオープン
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第六十九回
神戸の「元」となった「町」 神戸元町商店街
早くて安い! 神戸空港からひとっ飛びの旅!! |神戸〜長崎の飛行機旅(後編)
連載 ミツバチの話 ⑦
気軽に癒やし時間|“新”神戸レディススパで、癒しのおこもり
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具 7
神戸の粋な店 Vol.11 中国菜群青
第8回 神戸洋藝菓子ボックサン
私のBMW
有馬歳時記|春、おぼろ 有馬の桜散策へ
2017 St.Valentine’s Day ゴンチャロフのバレン…
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑨ この静かな変化に耐えよ
Power of music(音楽の力) 第14回
神戸鉄人伝 第86回 花柳 吉小叟(はなやぎ よしこそう)さん
神戸のカクシボタン 第三十八回 カウンター 独り寡黙に 男めし
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第三十六回
ヤナセ 西宮支店|100年にわたる“感謝の心”を、未来につないでいきます。
2016 ヤナセ ヤングヴィッセル賞は、小林成豪選手に!