2017年
2月号
松下幸之助・むめの夫婦が暮らした「名次庵」

経営の神様を支えた女の一代記『神様の女房』|神様に愛された地、夙川 ②

カテゴリ:建築, 西宮

松下幸之助の壮大な夢、成功を陰で支え続けた妻・むめのを主人公に綴った『神様の女房』。
著者・高橋誠之助は、松下幸之助の最後の執事として、20年以上にわたり二人に仕えつづけた。本書から“もう一人の創業者”むめのについてふれてみたい。

 日本で暮らしているのなら、ナショナルやパナソニックの製品を使ったことがない人はいないだろう。わが国を代表する世界的企業、パナソニックと、その創業者にして経営の神様と称された松下幸之助は説明の必要はあるまい。松下幸之助に関する書籍は伝記、ビジネス書、政経塾関係ほか数え切れないくらいある。
 一方で彼の妻、松下むめのを知る人はそう多くない。しかし、彼女なくして現在のパナソニックはなかったといっても過言ではない。夫・幸之助に尽くすだけでなく、社員や取引先へ心を砕き、創業当時は経営の根幹を担っていた人物なのだ。ちなみに、創業当時幸之助の片腕として重責を担っていたが、戦後GHQの指示で退社を余儀なくされて三洋電機を創業した井植歳男はむめのの実弟だ。
 そんな〝もう一人の創業者〟、松下むめのの生涯を、松下幸之助最後の執事、高橋誠之助が書き記した一冊『神様の女房』は、淡路島の船乗りの娘として生まれ、数々の縁談の中で一番条件が悪かったからと松下幸之助を自ら選び、やがて夫の夢を献身的に支えてともに苦楽を乗り越え事業を成功に導いた一人の女性の壮大な物語であるとともに、人生の指針、人材育成の秘訣、ビジネスのヒントなど多くの示唆にも富んでいる。
 創業の裏側も垣間見えて面白い。現在、広告で「ふだんプレミアム」を謳うパナソニックだが、その原点となる幸之助とむめの新婚生活は、ひとつの湯飲み茶碗を2人で使うというプレミアムどころかスタンダード以下の暮らしだったという。独立し事業をはじめた頃、ソケットを生産すべく事業を立ち上げたのにもかかわらず、幸之助はその作り方を知らないという信じられない状況の中、ソケット本体の材料となるプラスチック状の練り物の調合方法を探るために、むめのは練り物工場の近くのゴミ捨て場をあさってその不良品のかけらを集めた。しかし、それを工場の社長に見つかってしまう。しかし、懸命なむめのの姿と、誠心誠意詫びる幸之助に社長は心打たれ、その製造方法を伝授したという。そして、むめのは社員を住み込みにして身のまわりの世話をし、礼儀など基本的な人間教育にも力を入れた。まさに彼女は、松下の母なのであった。
 もちろん、松下幸之助の「生涯に一度の贅沢」と言われた光雲荘や、夫婦で慎ましく暮らした名次庵も物語の重要な舞台となっている。
 女性の生き方を通じ、日本の近代を見つめるという意味でも興味深い一冊だ。

松下幸之助・むめの夫婦が暮らした「名次庵」


ダイヤモンド社刊 1,300円(税別)

〈2017年2月号〉
三宮駅ビル建て替えプロジェクト始動! 目に見えてきた神戸の将来像
商売の神様と経営の神様に愛された地|神様に愛された地、夙川 ②
経営の神様を支えた女の一代記『神様の女房』|神様に愛された地、夙川 ②
連載 神戸秘話 ② 神戸一中サッカー部と河本春男
語りつくせない“結婚式”のよろこび
ガゼボショップが提案する“上質なくらし”⑧
平尾工務店 オーガニックハウス モデルハウスリニューアルオープン
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第六十九回
神戸の「元」となった「町」 神戸元町商店街
早くて安い! 神戸空港からひとっ飛びの旅!! |神戸〜長崎の飛行機旅(後編)
連載 ミツバチの話 ⑦
気軽に癒やし時間|“新”神戸レディススパで、癒しのおこもり
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具 7
神戸の粋な店 Vol.11 中国菜群青
第8回 神戸洋藝菓子ボックサン
私のBMW
有馬歳時記|春、おぼろ 有馬の桜散策へ
2017 St.Valentine’s Day ゴンチャロフのバレン…
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑨ この静かな変化に耐えよ
Power of music(音楽の力) 第14回
神戸鉄人伝 第86回 花柳 吉小叟(はなやぎ よしこそう)さん
神戸のカクシボタン 第三十八回 カウンター 独り寡黙に 男めし
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第三十六回
ヤナセ 西宮支店|100年にわたる“感謝の心”を、未来につないでいきます。
2016 ヤナセ ヤングヴィッセル賞は、小林成豪選手に!