2016年
3月号

淳仁天皇陵|私の淡路島

カテゴリ:おすすめスポット, 淡路島

淳仁天皇陵の謎

 淳仁天皇陵は、私が生まれ育った地元(南あわじ市賀集)にあるのだが、普段は陵を守る者以外の立ち入りは禁止されているため、車窓から眺める程度で大きな観光スポットになっているわけではない。子どもの頃は密かに木の実や鳥もちをつくるための枝を求めて陵内に入ったことがある。鳥のさえずり、天気の良い日は最高の散歩道であった記憶がある。
 実に昨年「淳仁天皇1250年祭」がきっかけとなり神社や仏閣、かつての遺跡や建造物を記した国内最古の帳簿(延喜式)に記載されている大きさと現状に違いがあって、それに違和感を感じた者が独自調査を進め、仮説を立てている。それによれば仁徳天皇陵に類似した巨大遺跡だったのではないかということである。
 また、この南あわじ市から、弥生時代の銅鐸も見つかっており、数々の謎がある。古墳存在の研究と歴史真相に迫るべく、淡路島巨大塚調査会なるものも発足している。ぜひ、お出かけ下さい。

南あわじの賀集にある淳仁天皇陵

南あわじの賀集にある淳仁天皇陵


普段は一般人の立ち入りは禁止されている

普段は一般人の立ち入りは禁止されている


陵内の自然豊かな森では鳥がさえずる

陵内の自然豊かな森では鳥がさえずる


皇位をめぐる争いに巻き込まれ、淡路島に配流された淳仁天皇の陵墓。 近年、一つの謎が生まれている

皇位をめぐる争いに巻き込まれ、淡路島に配流された淳仁天皇の陵墓。
近年、一つの謎が生まれている


20160303502
20160303503

■淳仁天皇陵

南あわじ市賀集
20160303501

森 紘一(もり こういち)

JAあわじ島 代表理事組合長

〈2016年3月号〉
「神まつりの源流」が淡路島に
淡路島の歴史に新たな発見が
松帆銅鐸から何がわかるのか
松帆銅鐸発見記念シンポジウム
五斗長垣内(ごっさかいと)遺跡と舟木遺跡
舟木遺跡
五斗長垣内(ごっさかいと)遺跡
淡路島モンキーセンター|私の淡路島
環境創造ミュージアム|私の淡路島
鳴門海峡のうずしお|私の淡路島
城下町洲本 レトロなまち歩き|私の淡路島
慶野松原|私の淡路島
あわじ花さじき|私の淡路島
洲本城跡|私の淡路島
神様の結(ゆ)うとおり|私の淡路島
淳仁天皇陵|私の淡路島
常隆寺|私の淡路島
「フラウコウベ」から春の新作をお届け。心ときめくジュエリーに逢いに行こう!
“海のホテル 島花” 海辺のオーベルジュで愛犬と一緒にリフレッシュ!
“夢泉景別荘 天原” プライベート感を大切に、“最高の淡路島”を楽しむ
“ウェスティンホテル淡路” 非日常のリゾート空間で心あたたまるおもてなしのひとと…
全国ふるさと甲子園|ロケ地とグルメの魅力でグランプリに!!
「御食国」淡路島ご当地グルメ
にこいち 兵庫の魅力を全国に発信する神戸生まれのデュオ
淡路の伝統芸能を未来へつなぐ 淡路人形芝居
平成の国宝を造る|月見山 浄徳寺 客殿完成
奥谷組展示資料館
<対談>「酒飲みと一冊の本」|特集 酒徒と出会う神戸
BAR「ABUはち」|特集 酒徒と出会う神戸
創作家庭料理「ゑん屋」|特集 酒徒と出会う神戸
連載コラム「第二のプレイボール」|Vol.13 「味よし、ネタよし、テッパンのお…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第五十八回
Power of music(音楽の力) 第3回
神戸のカクシボタン 第二十七回「新開地に行くなら~」
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第二十五回
触媒のうた(61) ―宮崎修二朗翁の話をもとに―
神戸凮月堂さんちか店 3月3日(木)リニューアルオープン!|NEWS神戸百店会
ROSE GLASS GALLERY〈有馬温泉の思い出作品づくり〉|有馬歳時記