2016年
3月号

Power of music(音楽の力) 第3回

カテゴリ:, 文化・芸術・音楽

ジョアキーノ・ロッシーニ
『ロッシーニ風ステーキの謎』

上松 明代

 今月の音楽の力は、クラシック音楽家の中でも一風変わった経歴を持った作曲家、十九世紀に活躍したイタリア出身のジョアキーノ・ロッシーニ。
 厚めの牛フィレ肉に塩胡椒を振り、両面をバターで焼いた上にフォアグラと薄切りトリュフ三枚をのせた【ロッシーニ風ステーキ】。何故、料理にロッシーニの名が?
 イタリア人らしい陽気なロッシーニは、特にオペラ作品に定評を持つ。人気の代表曲『ウィリアム・テル』序曲の一部抜粋部分はきっと誰しも一度は耳にしたであろう、文明堂カステラのCM曲だ。
 二十歳そこそこでオペラが次々に大当たりし、人気作曲家に仲間入り。才能はあるが貧困に苦しんだ大作曲家が多い中、金銭的に潤っていたという非常に珍しい事例を持つ。 大金を手にしたからか、三十七歳にして早々オペラの作曲から引退。その理由が面白い。彼は美食を追求するため引退したのだ。しかもトリュフを探す為の豚の飼育にまで手を出して。元々美酒美食家であったのだが、引退後は自ら厨房に立ち、新しいレシピを考案するという「食の改革者」でもあった。そして出来た【ロッシーニ風ステーキ】。豚の飼育も頷ける。だって、最高級のトリュフが必要だったんだもの。この徹底ぶり、その探求心に脱帽。
 音楽(聴覚)は、膨大な記憶の集積回路の中から、聴く人の感性や記憶に共鳴し、感動と興奮を与える。これは音楽に留まらず、五感全てに当てはまる。ロッシーニは五感のうち「聴覚」「視覚」「味覚」「嗅覚」の四つまでも充足させてくれる。
 音楽界と料理界に名を残し貢献するという偉業を成し遂げた彼は、今もなお自分の生み出した「作品」たちが愛され続けていることを明朗に見守っているだろう。雲の上から。神戸ではどこでロッシーニ風ステーキが食せますか?



うえまつ・あきよ(フルート奏者・作曲家)

武蔵野音楽大学卒業。在学中にハンガリーの「音楽」と「民族」に魅了され、卒業後ハンガリー国立リスト音楽院へ留学。31歳で知的好奇心から兵庫教育大学大学院で作曲を学ぶ。演奏活動と同時にバイタリティー溢れる作曲活動も展開中。六甲在住。音楽に対する想いは烈火の如く!
オフィシャルサイト http://akiyouematsu.com

〈2016年3月号〉
「神まつりの源流」が淡路島に
淡路島の歴史に新たな発見が
松帆銅鐸から何がわかるのか
松帆銅鐸発見記念シンポジウム
五斗長垣内(ごっさかいと)遺跡と舟木遺跡
舟木遺跡
五斗長垣内(ごっさかいと)遺跡
淡路島モンキーセンター|私の淡路島
環境創造ミュージアム|私の淡路島
鳴門海峡のうずしお|私の淡路島
城下町洲本 レトロなまち歩き|私の淡路島
慶野松原|私の淡路島
あわじ花さじき|私の淡路島
洲本城跡|私の淡路島
神様の結(ゆ)うとおり|私の淡路島
淳仁天皇陵|私の淡路島
常隆寺|私の淡路島
「フラウコウベ」から春の新作をお届け。心ときめくジュエリーに逢いに行こう!
“海のホテル 島花” 海辺のオーベルジュで愛犬と一緒にリフレッシュ!
“夢泉景別荘 天原” プライベート感を大切に、“最高の淡路島”を楽しむ
“ウェスティンホテル淡路” 非日常のリゾート空間で心あたたまるおもてなしのひとと…
全国ふるさと甲子園|ロケ地とグルメの魅力でグランプリに!!
「御食国」淡路島ご当地グルメ
にこいち 兵庫の魅力を全国に発信する神戸生まれのデュオ
淡路の伝統芸能を未来へつなぐ 淡路人形芝居
平成の国宝を造る|月見山 浄徳寺 客殿完成
奥谷組展示資料館
<対談>「酒飲みと一冊の本」|特集 酒徒と出会う神戸
BAR「ABUはち」|特集 酒徒と出会う神戸
創作家庭料理「ゑん屋」|特集 酒徒と出会う神戸
連載コラム「第二のプレイボール」|Vol.13 「味よし、ネタよし、テッパンのお…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第五十八回
Power of music(音楽の力) 第3回
神戸のカクシボタン 第二十七回「新開地に行くなら~」
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第二十五回
触媒のうた(61) ―宮崎修二朗翁の話をもとに―
神戸凮月堂さんちか店 3月3日(木)リニューアルオープン!|NEWS神戸百店会
ROSE GLASS GALLERY〈有馬温泉の思い出作品づくり〉|有馬歳時記