2016年
3月号

常隆寺|私の淡路島

カテゴリ:おすすめスポット, 淡路島

奈良時代より続く淡路の古刹

 兵庫県50名山に数えられる常隆寺山は、伊勢の森の頂上として知られ、周辺の森は原生林でスダジイ、アカガシ、ヤマボウシの群落(県天然記念物)など豊かな自然に包まれています。山頂からの眺めは素晴らしく、瀬戸内海の小豆島・家島が見え、反対の大阪湾側は明石海峡大橋から遠く和歌山・友ケ島を遠望できます。
 淡路の名刹・常隆寺は、高野山真言宗の寺であり、奈良時代後期の天平宝字8年(764)に廃位となり淡路に流された淳仁天皇が、父の舎人(とねり)親王のために創建し、僧常隆法師の名をとって常隆寺としたと伝えられています。また桓武天皇の弟・早良親王が延暦4年(785)に皇位継承紛争で淡路に流される途中に亡くなり、御遺骸が淡路の仁井に埋葬された当時、都では天変地変・悪疫が蔓延。これらは早良親王の祟りであるとして、その霊を鎮めるため、延暦24年(805)、桓武天皇は勅使を当山に派遣して勅願寺とし、七堂伽藍を建立、本尊を安置されたそうです。

早良親王の祟りを鎮めるため、延暦24年に桓武天皇が勅願寺とした

早良親王の祟りを鎮めるため、延暦24年に桓武天皇が勅願寺とした


常隆寺周辺の伊勢の森は、スダジイやアカガシなどの豊かな原生林が広がる

常隆寺周辺の伊勢の森は、スダジイやアカガシなどの豊かな原生林が広がる


常隆寺は、淡路廃帝・淳仁天皇が、天平宝字8年に父の舎人親王のために創建した

常隆寺は、淡路廃帝・淳仁天皇が、天平宝字8年に父の舎人親王のために創建した


伊勢の森の頂上から眺める絶景

伊勢の森の頂上から眺める絶景


20160303402
20160303403

■常隆寺

淡路市久野々154
TEL.0799-82-0451
20160303401

人形寺 祥弘(にんぎょうじ よしひろ)

淡路市 仁井公民館 元・館長

〈2016年3月号〉
「神まつりの源流」が淡路島に
淡路島の歴史に新たな発見が
松帆銅鐸から何がわかるのか
松帆銅鐸発見記念シンポジウム
五斗長垣内(ごっさかいと)遺跡と舟木遺跡
舟木遺跡
五斗長垣内(ごっさかいと)遺跡
淡路島モンキーセンター|私の淡路島
環境創造ミュージアム|私の淡路島
鳴門海峡のうずしお|私の淡路島
城下町洲本 レトロなまち歩き|私の淡路島
慶野松原|私の淡路島
あわじ花さじき|私の淡路島
洲本城跡|私の淡路島
神様の結(ゆ)うとおり|私の淡路島
淳仁天皇陵|私の淡路島
常隆寺|私の淡路島
「フラウコウベ」から春の新作をお届け。心ときめくジュエリーに逢いに行こう!
“海のホテル 島花” 海辺のオーベルジュで愛犬と一緒にリフレッシュ!
“夢泉景別荘 天原” プライベート感を大切に、“最高の淡路島”を楽しむ
“ウェスティンホテル淡路” 非日常のリゾート空間で心あたたまるおもてなしのひとと…
全国ふるさと甲子園|ロケ地とグルメの魅力でグランプリに!!
「御食国」淡路島ご当地グルメ
にこいち 兵庫の魅力を全国に発信する神戸生まれのデュオ
淡路の伝統芸能を未来へつなぐ 淡路人形芝居
平成の国宝を造る|月見山 浄徳寺 客殿完成
奥谷組展示資料館
<対談>「酒飲みと一冊の本」|特集 酒徒と出会う神戸
BAR「ABUはち」|特集 酒徒と出会う神戸
創作家庭料理「ゑん屋」|特集 酒徒と出会う神戸
連載コラム「第二のプレイボール」|Vol.13 「味よし、ネタよし、テッパンのお…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第五十八回
Power of music(音楽の力) 第3回
神戸のカクシボタン 第二十七回「新開地に行くなら~」
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第二十五回
触媒のうた(61) ―宮崎修二朗翁の話をもとに―
神戸凮月堂さんちか店 3月3日(木)リニューアルオープン!|NEWS神戸百店会
ROSE GLASS GALLERY〈有馬温泉の思い出作品づくり〉|有馬歳時記