2016年
3月号
これぞ神戸のソウルフード「火鍋」(ホーコー)

神戸のカクシボタン 第二十七回「新開地に行くなら~」

カテゴリ:グルメ, 神戸

写真/文 岡 力

 「ホーコー鍋、食べに行きませんか?」と信頼のおける舌を持った人物からお誘いを受ける。「行く!」と即答したが、実際のところ料理のジャンルも理解しないまま現地で待ち合わせをすることになった。新開地駅で下車、白い息を吐きながら徒歩で目的地を目指す。鍋の漢字が「奉公」なのか「芳香」なのかと考えているうちに到着。そこは情緒溢れる歓楽街の真ん中にひっそりと佇む一軒のお店だった。
 昭和31年創業の「はとや」は、地元民に愛される中華料理店である。
 店内に入ると提供して45年になるオリジナル鍋がテーブルに運ばれる。「火鍋」と書いて「ホーコー」と読む想定外の答え。ドーナツ型の大鍋に野菜、肉類、魚介といった様々な具材がひしめき合う豪華絢爛なビジュアルである。この時点で「美味しそう」ではなく「美味しい」と断言できる。早速、コンロに火を入れグツグツと煮込む。その間、サイドメニューとして勧められた料理が運ばれる。まずは、神戸風味噌だれ餃子。大きくこんがり焼かれており味も絶品である。続いて竜田揚げ風のからあげ。シンプルな味付け、サクサクの食感がやみつきになる。この時点でビールがかなりすすむ。やがて念願の鍋が完成する。中華風でありながら和風ともいえる優しい出汁。食べていくうちに具材から染み出たエキスにより味が変化していく。他の鍋であれば脇役ともいえる春雨や肉団子も存在感を発揮、最後に「キング オブ 〆」ともいえる麺が投入され完璧な仕事をする。身も心も温まったところで一言。新開地に行くなら、「はとや」に決めた!

これぞ神戸のソウルフード「火鍋」(ホーコー)


骨付き肉のジューシーな味わい


■はとや

神戸市兵庫区西橘通2丁目2-5
営業時間 17時30分〜24時
定休日:日曜日 電話:078‐575‐5946

■岡力(おか りき)コラムニスト

ふるさとが神戸市垂水区。著書「アホと呼ばれた’80S」「噂の内股シェフ」「関西トラウマ図鑑」連載「大阪ロマン紀行」(大阪日日新聞)出演「おちゃのこSaiSai」(J:COMチャンネル)「Oh!二度漬けラジオ」(YES-fm)

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

〈2016年3月号〉
「神まつりの源流」が淡路島に
淡路島の歴史に新たな発見が
松帆銅鐸から何がわかるのか
松帆銅鐸発見記念シンポジウム
五斗長垣内(ごっさかいと)遺跡と舟木遺跡
舟木遺跡
五斗長垣内(ごっさかいと)遺跡
淡路島モンキーセンター|私の淡路島
環境創造ミュージアム|私の淡路島
鳴門海峡のうずしお|私の淡路島
城下町洲本 レトロなまち歩き|私の淡路島
慶野松原|私の淡路島
あわじ花さじき|私の淡路島
洲本城跡|私の淡路島
神様の結(ゆ)うとおり|私の淡路島
淳仁天皇陵|私の淡路島
常隆寺|私の淡路島
「フラウコウベ」から春の新作をお届け。心ときめくジュエリーに逢いに行こう!
“海のホテル 島花” 海辺のオーベルジュで愛犬と一緒にリフレッシュ!
“夢泉景別荘 天原” プライベート感を大切に、“最高の淡路島”を楽しむ
“ウェスティンホテル淡路” 非日常のリゾート空間で心あたたまるおもてなしのひとと…
全国ふるさと甲子園|ロケ地とグルメの魅力でグランプリに!!
「御食国」淡路島ご当地グルメ
にこいち 兵庫の魅力を全国に発信する神戸生まれのデュオ
淡路の伝統芸能を未来へつなぐ 淡路人形芝居
平成の国宝を造る|月見山 浄徳寺 客殿完成
奥谷組展示資料館
<対談>「酒飲みと一冊の本」|特集 酒徒と出会う神戸
BAR「ABUはち」|特集 酒徒と出会う神戸
創作家庭料理「ゑん屋」|特集 酒徒と出会う神戸
連載コラム「第二のプレイボール」|Vol.13 「味よし、ネタよし、テッパンのお…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第五十八回
Power of music(音楽の力) 第3回
神戸のカクシボタン 第二十七回「新開地に行くなら~」
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第二十五回
触媒のうた(61) ―宮崎修二朗翁の話をもとに―
神戸凮月堂さんちか店 3月3日(木)リニューアルオープン!|NEWS神戸百店会
ROSE GLASS GALLERY〈有馬温泉の思い出作品づくり〉|有馬歳時記