2012年
12月号

安心と活気のある商店街を目指して

カテゴリ:神戸,

 板宿商業連合会は、板宿駅周辺の11の商店街や市場、専門店街など約250店舗が加盟しています。神戸市でもこれだけの規模の商店街はあまりないと思います。
 
 須磨区役所が昨年、板宿に移転してきましたが、もちろん連合会からも大いに働きかけをおこないました。震災の後ですから、もう15年くらい前ですかね。大黒小学校と千歳小学校がだいち小学校に統合され移転しました。そこで、板宿駅に近い大黒小学校の跡地に区役所の誘致をおこない、移転が決定したのが3年前、念願叶って移転したのが今年の5月です。

 移転の決め手はやっぱり場所です。もともと白川の方にも誘致の声が上がっていたのですが、適当な場所がなかったのです。一方で板宿は地下鉄と山陽が交わり交通至便で、駅のすぐそばという格好のところに場所があったことが大きかったですね。また、旧須磨区役所は神戸の9つの区の中で2番目に古い建物で、老朽化が進んでいたことも挙げられます。

 新しい区役所には1日に800人の人が来て、うち2割は長田区民だそうです。健康保険以外の手続きは、区が違ってもできるそうなので。このあたりはちょっと行ったら長田区ですから、長田区役所よりも須磨区役所の方が近い人も多いのです。また、駐車場も85台分ありますし、市職員も260名います。4階に多目的ホールがあり、土日もダンスやカラオケといった貸し教室やイベント、会合に利用されています。

 区役所ができてから、商店街の人通りは増えましたね。街に活気が生まれ、特に飲食は売上げがものすごく上がっていまして、区役所周辺の空き店舗がほとんど埋まりました。喫茶店はかなり忙しいみたいですね。ダイエーの店長さんにききましたら、若干売上げが増えたと喜んでいました。

商店街では安心して買い物できるよう、積極的に取り組んでいます。6~7年前から防犯カメラを板宿本通り商店街には18台、ビバタウンに28台設置し、機材も随時更新しています。常夜灯もハロゲン灯を夜の9時半から翌朝明るくなるまで照らしています。以前はシャッターがこじ開けられたり自販機が壊されたりすることがありましたが、防犯カメラと常夜灯の設置後は皆無です。

 また、区役所が来たおかげで、板宿はずいぶんと良くなりました。店が減っていく時代に人の流れが良くなってきました。周辺にはマンションも建ち、人口も増えています。さらに須磨高校跡地には800戸規模開発計画があり、妙法寺の広畑橋の方にも大規模な住宅造成がおこなわれています。これをいかに生かすか、区役所や周辺地域からいかにお客さんを商店街や市場に引っ張って来られるかが課題です。案内板やインターロッキング(歩道の舗装部分)には区役所への道案内がありますが、商店街方面へもわかりやすい案内し、誘導できるようにお願いしています。

event info イベント情報

板宿ミュージック大作戦「冬の陣」
チキンガーリックステーキライブショー
12/8(土)14:30~

会場:板宿本通商店街特設ステージ 司会:ターザン山下
ライブ終了後、CD販売、サイン・握手会も開催
板宿本通商店街・ビバタウン専門店会共催
2012ファイナルセール ガラポン抽選会12/9(日)~15(土)

特賞:ANAクラウンプラザホテル神戸バイキング券4名様分
なんと80組320名様分!年末年始もご利用OK
問合せ:板宿本通商店街振興組合 TEL.078-732-2726
http://www.itayado.jp/

野田 利幸さん(のだ としゆき)

野田 利幸さん(のだ としゆき)

板宿商業連合会会長
板宿本通商店街振興組合理事長