2012年
12月号

草葉達也の神戸物語

カテゴリ:教育・スポーツ

ゲスト: 中田 久美さん
(久光製薬スプリングス監督)

毎年明るいニュースが少なくなっている日本ですが、スポーツだけは元気です。特に女子のアスリートの活躍は目覚ましく、神戸でも様々なスポーツで活躍されているチーム・選手が増え、私も色んな人に会うことを楽しみにしています。
そんな神戸に女子バレーボール界のスーパースターがいることを御存知ですか? それが神戸市西区に練習地を置くプレミアリーグ・久光製薬スプリングスの中田久美監督。天才セッターと呼ばれ、わずか十五歳で日本代表に招集され、その後は誰もが知る活躍。まさに日本女子バレーボール界のレジェンドです。そんな中田さんにお会いしてきました。

草葉 初めまして。お会いできて光栄です。
中田 ありがとうございます。よろしくお願いします。
草葉 中田さんは現在神戸に在住なんですか?
中田 はい。去年の九月からコーチとして入りました。神戸に住んでいます。
草葉 中田さんのような方ですから、週に何度か通っているのかと思っていました。いかがですか神戸は?
中田 実はまだあまり知らないんですよ(笑) 外に出る機会が少なくて。
草葉 やはり若い頃からバレーボールだけの生活で、遊びを知らないという感じですか?
中田 あまり賑やかな所が好きではなくて、元々そんなにアクティブじゃないんですよ。どちらかというと家の方が好きなですね。
草葉 そうなんですか! 私のイメージでは選手引き連れて飲みに行ってるかと思っていましたが・・。
中田 すいませんイメージと真逆で(笑)
草葉 いえいえ じゃ神戸の景色や食べ物は?
中田 景色は・・・・(笑) ここから見る明石海峡大橋とか・・(笑) 食べ物は興味がありますが、どうしても近場になりますね。
草葉 せっかく神戸にお住まいなので、いろいろと行ってくださいよ。
中田 行かないとダメですね(笑) どうしても馴染みの店ができると、そこばかりになってしまいますね。どういうわけか、みなさん私のことを知っていてくれて、本当によくしてくれます。
草葉 みんな知っているのは当たり前ですよ(笑) 中田さんのことはみんな知っていますよ(笑)
中田 そうなんですか(笑) まぁ監督として一年目ですし、関西という住んだことがない土地ですし、正直チームのことを最優先に考えると、なかなか外のことまで気持ちがいきませんね。でもこれからはチームのことを応援していただくためにも行動範囲を広げます!(笑)。
草葉 神戸の中田久美をアピールしてくださいね(笑)。

バレーの時の厳しい表情とは違い、対談した時は笑顔と笑い声が絶えないとてもキュートな方でした。ぜひ応援してくださいね!

写真提供:久光製薬スプリングス


中田 久美 (なかだ くみ)

東京都出身。中学入学後からバレーボールを始め、山田重雄のバレーチーム『LAエンジェルス』入団。史上最年少の15歳で全日本代表に選出される。1984年ロサンゼルス五輪(銅メダル)、1986年ソウル五輪、1992年、バルセロナ五輪に出場、日本女子バレー史上初となる3度目の五輪出場を果たす。2008年イタリアプロリーグセリエA・ヴィチェンツァのコーチに就任。日本人女子として初めて海外バレーボールチームの指導者となった。
2011年9月、久光製薬スプリングスコーチ、2012年7月より監督に就任。

くさば たつや

神戸生まれ。作家、エッセイスト。
日本ペンクラブ会員、日本演劇学会会員
神戸芸術文化会議会員、大阪大学文学部研究科
阪南大学国際コミュニケーション学部非常勤講師