2015年
8月号
ドンク三宮本店でしか味わえないホットケーキ

神戸のカクシボタン 第二十回

カテゴリ:グルメ, 文化・芸術・音楽


写真/文 岡 力

「本店限定のホットケーキ」

 明治38年8月8日、兵庫区柳原御旅筋商店街に「藤井パン」の名称で開業した一軒のお店。のちに各種パン・フランス菓子の製造販売で大きく成長を遂げる「株式会社ドンク」のはじまりである。全国に系列を入れると180店舗以上を有す同社。昭和26年に開業した「三宮本店」は、神戸のランドマークとして愛され続けている。
 全国に店舗を有す企業の本店には、少なからず都市伝説が存在する。ここドンクにおいても本店でしか味わうことのできないメニューがある。早速、3階の喫茶室で「本店限定 ホットケーキ」を注文する。すると「申し訳ありませんが20分間お待ちいただきます」と店員よりホスピタリティー溢れる案内がある。20分…ホットケーキファンなら瞬時に想像のつく尺数。銅版でじっくり焼き上げるのだ。「よろしく頼みます」カバンから本を取り出し、しばし読書タイム。ホットケーキをこよなく愛した文豪・池波正太郎のライトエッセイを読みながら待つ優雅なひと時。やがて目の前に姿を現したこんがり小麦肌のホットケーキ。シンプルな盛り付け、ウェルダン系の食感と飽きのこない味に男気を感じる。(性別は、存在しませんが…)
 店内を見渡すと「いつもの味」を求めて聖地巡礼する常連さんの姿があった。

三宮センター街にある本店


ドンク三宮本店でしか味わえないホットケーキ

■ドンク 三宮本店

神戸市中央区三宮2丁目10-19
【営】
[ベーカリー] 9:30~20:00
[2F喫茶室] 9:30~20:00(L.O.19:30)
[3F喫茶室] 11:00~20:00(L.O.19:30)
【定休日】不定休

■岡力(おか りき)コラムニスト

ふるさとが神戸市垂水区。著書「アホと呼ばれた’80S」
「噂の内股シェフ」「関西トラウマ図鑑」
連載「大阪ロマン紀行」(大阪日日新聞)
出演「おちゃのこSaiSai」(J:COMチャンネル)
「Oh!二度漬けラジオ」(YES-fm)

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

〈2015年8月号〉
神戸の粋な店 アルポルト神戸
特集 ー扉 神戸グローバルスタイル
外国人も 暮らしやすい街・神戸 フリッツ・E・レオンハートさん
オフィスも住まいも、 作り込まない〝ラフ〟な空間が 好きです 星加 ルリコさん
家族一緒に過ごせる時間と空間を大切にしています MEMEさん
人にも真珠にも、神戸の山と海、自然の光がとてもいい チョウドリー・ケタンさん
外国人が必要とするものが揃っている キラン・S・セティさん
その美、その壮、実に名状べからず かつて、東洋のウォール街とよばれた「栄町」
カミネ HUBLOT FAIR
特集 ー扉 KOBE Tor Road
トアロードとは 北野と居留地を結ぶ緑の坂道
トアロードを語る トアロードに店舗を持つ意義 「婦人帽子 マキシン」
トアロードとともに
Queen of Hoot(クイーン オブ フート)
自己研鑽し、親睦を深め、 友情のエネルギーを 社会に役立てよう!
淡路島でマツダブランドを「体歓」! 神戸マツダ ファンフェスタ 2015
国際ロータリー第2680地区 神戸西ロータリークラブ 心の「四季節」便り
連載コラム 「第二のプレイボール」Vol.6
ようこそ、 榎忠(エノキチュウ)の世界へ ー 扉
高野山開創1200年特別企画展 「いのちの交響 ~空海の地で会う日・韓現代美術~…
戦争するのは、人間だけ
高野山開創1200年特別企画展
「エノチュウ」の作品に思うこと
団地共同組合神戸木工センター 伝統ある「神戸洋家具」の技術を伝えたい
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第五十二回
耳よりKOBE 日本・ハンガリー交流のより一層の充実に向けて 駐日ハンガリー大使…
海文堂最後の店員がまとめた 『海の本屋のはなし−海文堂書店の記憶と記録』出版
デビュー作で直木賞候補 時代小説の新星!新作『人魚ノ肉』を語る 木下 昌輝氏 独…
神戸のカクシボタン 第二十回
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第68回
第十八回 兵庫ゆかりの伝説浮世絵
触媒のうた 54
神戸のバーめぐり KOBE OLD & NEW vol.9
[神戸百店会NEWS]ミラノ万博「日本館」の制帽をマキシンが制作