2015年
8月号
神戸大学に留学経験のあるセルダヘイ大使の講演会

耳よりKOBE 日本・ハンガリー交流のより一層の充実に向けて 駐日ハンガリー大使講演会

カテゴリ:文化・芸術・音楽

 兵庫EU協会と関西ハンガリー交流協会が共催し、6月12日、兵庫県国際交流協会でEU各国セミナー『駐日ハンガリー大使講演会』を開催。駐日ハンガリー特命全権大使のイシュトヴァーン・セルダヘイさんが講演した。1999年に1回目の駐日大使に、2011年より2回目の駐日大使として赴任したセルダヘイ大使は、学生時代は近代日本史を研究、神戸大学に留学し、修士号を取得している。
 大使はまず、ドナウ河流域にあるハンガリーの観光名所や、ハチミツ、フォアグラ、マンガリッツァ豚といった日本でも人気の特産品を紹介。続いて産業の話題に移り、ハンガリーには自動車メーカーの工場が多数あり、ベンツ、アウディ、スズキ等の自動車部品が造られていること、また自動車、食品製造メーカーをはじめ日系企業が多数あることを話した。近年、日本の製造業はハンガリーで拡大しており、2013年にはそれぞれの国に派遣される企業駐在員は両国の年金制度等に二重に加入する必要がなくなるなどの『日本・ハンガリー社会保障』協定が結ばれ、より一層の経済・人的交流が期待されているという。
 2011年にはEU議長国をつとめるなどEUでも重要なポジションにあるハンガリー。日本とハンガリーの連携に関しては、ハンガリー単独との交流だけでなく、日本とEU、またハンガリーを含むポーランド、チェコ、スロバキアの4カ国で構成される『V4』、これら3つのレベルでの連携が可能であり、「それぞれ大切にしていくべき連携で、どの件をどのレベルで交流するか、選んでいくのが大使の役割です」と話した。講演後の質疑応答では、サッカーやハンガリーの地下鉄の話題などに広がり、「現在大学でハンガリー語を学んでいるが、将来これを活かせる職業に就きたい」と話す学生に、大使は「そういった若い方の活躍の場を広げるのも私たちの仕事」と語った。講演会終了後には大使を囲む懇親会が開かれ、それぞれが大使との会話を楽しんだ。

神戸大学に留学経験のあるセルダヘイ大使の講演会


大使と懇親会で


関係者だけでなく一般の方も参加した

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

〈2015年8月号〉
神戸の粋な店 アルポルト神戸
特集 ー扉 神戸グローバルスタイル
外国人も 暮らしやすい街・神戸 フリッツ・E・レオンハートさん
オフィスも住まいも、 作り込まない〝ラフ〟な空間が 好きです 星加 ルリコさん
家族一緒に過ごせる時間と空間を大切にしています MEMEさん
人にも真珠にも、神戸の山と海、自然の光がとてもいい チョウドリー・ケタンさん
外国人が必要とするものが揃っている キラン・S・セティさん
その美、その壮、実に名状べからず かつて、東洋のウォール街とよばれた「栄町」
カミネ HUBLOT FAIR
特集 ー扉 KOBE Tor Road
トアロードとは 北野と居留地を結ぶ緑の坂道
トアロードを語る トアロードに店舗を持つ意義 「婦人帽子 マキシン」
トアロードとともに
Queen of Hoot(クイーン オブ フート)
自己研鑽し、親睦を深め、 友情のエネルギーを 社会に役立てよう!
淡路島でマツダブランドを「体歓」! 神戸マツダ ファンフェスタ 2015
国際ロータリー第2680地区 神戸西ロータリークラブ 心の「四季節」便り
連載コラム 「第二のプレイボール」Vol.6
ようこそ、 榎忠(エノキチュウ)の世界へ ー 扉
高野山開創1200年特別企画展 「いのちの交響 ~空海の地で会う日・韓現代美術~…
戦争するのは、人間だけ
高野山開創1200年特別企画展
「エノチュウ」の作品に思うこと
団地共同組合神戸木工センター 伝統ある「神戸洋家具」の技術を伝えたい
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第五十二回
耳よりKOBE 日本・ハンガリー交流のより一層の充実に向けて 駐日ハンガリー大使…
海文堂最後の店員がまとめた 『海の本屋のはなし−海文堂書店の記憶と記録』出版
デビュー作で直木賞候補 時代小説の新星!新作『人魚ノ肉』を語る 木下 昌輝氏 独…
神戸のカクシボタン 第二十回
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第68回
第十八回 兵庫ゆかりの伝説浮世絵
触媒のうた 54
神戸のバーめぐり KOBE OLD & NEW vol.9
[神戸百店会NEWS]ミラノ万博「日本館」の制帽をマキシンが制作