2015年
8月号
海文堂の記録を出版した平野義昌さん 後ろは林哲夫さんの作品

海文堂最後の店員がまとめた 『海の本屋のはなし−海文堂書店の記憶と記録』出版

カテゴリ:文化・芸術・音楽

 一昨年、本の虫に惜しまれながら閉店した、元町3丁目の海文堂書店。その創業時からの歴史と、99年の歴史に幕を下ろすまでの顚末を、元書店員である平野義昌さんがまとめた『海の本屋のはなし』が苦楽堂から出版された。少ない資料から掘り起こされた創業時のことから、「われわれはよい書籍を出版しよう」という言葉を残した岡田一雄の人となり、ギャラリーを開設した島田誠さんの時代を振り返り、最後には閉店までの平野さんの日記を綴る。「やめんのん?」「さびしいなあ」などと、お客様から寄せられた言葉や、名物店員たちの仕事ぶりも。
 出版を記念して、ギャラリー島田では、本に関するアートを集めた『本への偏愛』展が開かれた。「海文堂の店員たちは、本や、売り場の棚に対してのこだわりが強く、それは愛情というよりもっと深い『偏愛』というべきものでした。そんな書店がなぜここまで愛されたのか、という秘密が、この本には書かれています」と、島田さんは話す。
「書店の仲間たちや海文堂を愛してくださったお客様に読んでいただきたいのはもちろんですが、書店に限らず接客業、販売業の皆さんにもお読みいただければと思います」と平野さん。「と言っても、努力が足りず店を潰してしまった側の我々なのですが、私たちの仕事ぶりから、もう少しお客様とお話しをしてみようかなとか、明日からのお仕事のプラスになれば幸いです」と。
(1900円+税/全国の書店にて発売中)

海文堂の記録を出版した平野義昌さん 後ろは林哲夫さんの作品



6月27日~7月8日、出版を記念してギャラリー島田で開催された「本への偏愛」展

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

〈2015年8月号〉
神戸の粋な店 アルポルト神戸
特集 ー扉 神戸グローバルスタイル
外国人も 暮らしやすい街・神戸 フリッツ・E・レオンハートさん
オフィスも住まいも、 作り込まない〝ラフ〟な空間が 好きです 星加 ルリコさん
家族一緒に過ごせる時間と空間を大切にしています MEMEさん
人にも真珠にも、神戸の山と海、自然の光がとてもいい チョウドリー・ケタンさん
外国人が必要とするものが揃っている キラン・S・セティさん
その美、その壮、実に名状べからず かつて、東洋のウォール街とよばれた「栄町」
カミネ HUBLOT FAIR
特集 ー扉 KOBE Tor Road
トアロードとは 北野と居留地を結ぶ緑の坂道
トアロードを語る トアロードに店舗を持つ意義 「婦人帽子 マキシン」
トアロードとともに
Queen of Hoot(クイーン オブ フート)
自己研鑽し、親睦を深め、 友情のエネルギーを 社会に役立てよう!
淡路島でマツダブランドを「体歓」! 神戸マツダ ファンフェスタ 2015
国際ロータリー第2680地区 神戸西ロータリークラブ 心の「四季節」便り
連載コラム 「第二のプレイボール」Vol.6
ようこそ、 榎忠(エノキチュウ)の世界へ ー 扉
高野山開創1200年特別企画展 「いのちの交響 ~空海の地で会う日・韓現代美術~…
戦争するのは、人間だけ
高野山開創1200年特別企画展
「エノチュウ」の作品に思うこと
団地共同組合神戸木工センター 伝統ある「神戸洋家具」の技術を伝えたい
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第五十二回
耳よりKOBE 日本・ハンガリー交流のより一層の充実に向けて 駐日ハンガリー大使…
海文堂最後の店員がまとめた 『海の本屋のはなし−海文堂書店の記憶と記録』出版
デビュー作で直木賞候補 時代小説の新星!新作『人魚ノ肉』を語る 木下 昌輝氏 独…
神戸のカクシボタン 第二十回
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第68回
第十八回 兵庫ゆかりの伝説浮世絵
触媒のうた 54
神戸のバーめぐり KOBE OLD & NEW vol.9
[神戸百店会NEWS]ミラノ万博「日本館」の制帽をマキシンが制作