2012年
8月号
直径6ミリから2メートルを超えるパイプなどを製造する。写真は神戸工場

装置産業の未来を拓く

カテゴリ:経済人

株式会社 水登社 代表取締役社長
平井 良治さん

水登社は創業以来75年、大きなものから小さなものまで、一貫してパイプ・配管製造を行ってきた。
2003年には世界の市場を見据え、中国無鍚市、そして最近では常州市でも製造を開始した。

大きなものは発電機器パイプから

弊社の製品は大きさでいえば、直径6ミリから2200ミリ。例えば、大きなものは原子力・火力・水力発電所で発電機器周りに付随するあらゆるパイプ類で、小さなものは建設機械の油圧パイプです。最も大きなものは原子力発電所で温度が上昇した機械を冷やすために海水を引き込む冷却パイプですね。 また、トンネル掘削機の制御油圧装置は設計から製造を行って三菱重工さんに納めています。
材料を切断、溶接、曲げて表面処理し、塗装してから、お客さまの要望に応じて付属品を付ける、これらの工程を、神戸、二見、明石、稲美の4工場で分担しています。

ものづくりに欠かせない職人の力

現在、水登社には設計部門約30人、製造部門約250人の社員がいます。製造のうち約100人が職人です。その力は大きいですね。まず、図面が読めなければものは作れません。昔は第一角法だったものが第三角法に移行してきて、それがオーバーラップしている時代もありました。今は第三角法に統一されたとはいえ、お客さまによって描き方が違います。どんな図面でも瞬時に読み取って作らなくては、お客さまの要望通りのものはできません。
溶接の職人は日本トップクラスの資格を取っています。もちろん溶接ロボットも使っていますが、熱くなった鉄の伸びしろの微妙な補正を教え込むのに2時間はかかります。大量に作る場合はよいのですが、1個作るのに2時間かけていては割が合いません。やはり、そこは職人の力が必要です。

新たな市場を求めて中国へ

1995年に、アメリカのキャタピラー社が設立した中国の工場が2000年頃には軌道にのり、当時右肩上がりの成長をしていた中国では一部の部品が国内調達できるようになり、弊社も中国向けの部品を製造していましたので、「今後どうするか?」が問題になりました。そこで水登社の技術と工法をそのまま持って行き、2003年、100%出資会社を無鍚市に設立して中国での製造を開始しました。
中国進出というと「安い労働力を求めて」と思われるかもしれませんが、私としては「中国に新たな市場を求めて」の進出と考えています。現地で、日本のキャタピラー、コベルコ建機さんを始め、ヨーロッパから中国へ進出している大手建設機械メーカーさんとも取り引きいただいています。
中国でのビジネスで大切なことは日本人とは全く違う感覚を理解することです。まず、曖昧な返事はしない。謝る必要のない場面で謝らない。つまり、社交辞令で「すみません」を連発しない。怒る時は怒る。それも、日本人には考えられないようなボディーアクションを伴ってです。あらゆる面で感覚が違うのですから、致し方ないことです。

あくまでも〝部品屋〟に徹する

水登社は来年で75周年を迎えます。私が入社してから約40年。この間、技術や工法は変わってきてますが、出来上がる製品は変わっていません。昨日まで作っていたものが、今日は使えないという分野ではないんです。100が50になったり、時には120になったりしますが〝ゼロ〟になることはないと思っています。人間でいう血管(動脈・静脈)を作っているので、こういうものづくりを始めた先代には感謝しています。
とはいえ、ひょっとしてゼロになった時どうするか? 考えておく必要はあります。私は、今後も自社の名前が出るようなものは作らず、あくまでも部品屋に徹するつもりです。一方がゼロになったとしても、融通が利くからです。これらが計画通りに進めば、水登社は世界での部品シェアを今以上に伸ばし、100周年を迎えることができると信じています。

直径6ミリから2メートルを超えるパイプなどを製造する。写真は神戸工場


2008年7月から稼動した神戸工場(神戸市西区ハイテクパーク)


明石工場にある燃料分配配管


神戸工場の内部


三次元測定により、商品を作業者が品質チェックを行う


トンネルを掘削する時に用いるシールドマシン用後続台車


稲美工場で生産された循環水管は直径2メートルを超える


中国の無錫工場と常州工場。グローバルな生産体制を支えるアジア製造拠点となっている

平井 良治(ひらい よしはる)

株式会社 水登社 代表取締役社長
1949年兵庫県神戸市生まれ。関西学院大学法学部卒業後、㈱水登社に入社。
35歳で㈱水登社2代目社長に就任。就任後、1988年に設計会社である㈱SEC、2002年にはグループ最初の海外法人として中国に無錫水登機械有限公司を立ち上げ、現在は国内外計6社を経営。趣味はゴルフ・車に加えて最近は料理も始めた。

〈2012年8月号〉
ぶらり私のKOBE散歩 Vol.3
フロントアート
ボイジャー・オブ・ザ・シーズ神戸に
特集 ー扉「アジアへの視線」
ベトナムに 上下水道を
環境ビジネスで 夢をかたちに地域貢献
アジアの海産物を珍味に
装置産業の未来を拓く
危険物で世界ネットワークを
フィギュアスケートをコスチュームで応援
「兵庫老舗会(仮称)」が発足
もっと知りたい西神インダストリアルパーク 第4回
平成24年 暑中お見舞い申し上げます
桂 吉弥の今も青春 【其の二十七】
魅力のウォーターフロント 神戸ハーバーランド20周年
2012年 ハーバーランドの日
[NEWS]神戸商工会議所が主催 地元再発見のまち歩きツアー
兵庫のロータリーを率いて
信頼と安心の介護サービス
神戸 旧居留地ものがたり Vol.11
フェリシモ 神戸学校8月
旧居留地 地図
シームレスな 地域連携医療を 目指して
20周年の感謝を込めて
神戸マラソンがつなぐ 人の輪
神戸 MUSIC LIVE
3.11とつながる 絵の力で被災地に寄り添いたい
関西の地球人
みんなの医療社会学 第二十回
神戸市医師会公開講座 くらしと健康  59
田辺眞人のまっこと!ラジオ人物事典 「神戸っ子出張版」8
里親ケースワーカーの〝ちょっといい お話〟
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第31回 芸術家女星編
ママであり、事業家であり輝く神戸女性 ママプロvo.2
KOBEアスリートドリーム! 子どもたちの未来へのメッセージ 31
浮世絵にみる 神戸ゆかりの「平清盛」 第8回
[海船港(ウミ フネ ミナト)]ライン河クルーズ⑧  モーゼル河の山城を訪ねる
触媒のうた 18
耳よりKOBE 節電の夏を、芸術で涼やかに 向山水墨会 うちわ展
耳よりKOBE 手づくり菓子をお届けして28年 板宿「メゾン・ド・デセール」
耳よりKOBE 阿部国生展「響の中から見える風景」
[神戸百店会NEWS]世界最高峰のジュエラー「ハリー・ウィンストン」 ウォッチコ…