2012年
8月号
有馬温泉・兵衛向陽閣の 「大女将のコーナー」

里親ケースワーカーの〝ちょっといい お話〟

カテゴリ:

「有馬温泉の女将さんのご協力」

さまざまな事情によって、親と暮らせず施設にいる子どもたちに里親を求める活動を続けてきた家庭養護促進協会は、今年創立50周年を迎えました。
協会の運営は、6割が一般の方からの寄付金でまかなわれています。個人、団体、また匿名で本当に多くの方々が心のこもった寄付をお寄せくださっています。
その中には、有馬温泉の兵衛向陽閣の大女将・風早笙子さんがいらっしゃいます。風早さんはこれまでも、有馬友の会の皆さんとともに、旅館のガレージでチャリティバザーを開催し、売り上げを協会に寄付してくださったりしていましたが、20年ほど前から旅館の売店の片隅に「大女将の手づくりコーナー」を設け、ご自身が作った雑貨や小物などを置き、その売り上げを寄付してくださっています。大女将がお仕事を終えられて、家に帰ってから夜な夜な作られたであろう手づくり品の売り上げは、年に7〜8万円にもなり、それをいただきに、毎年末におうかがいするのが恒例となっています。
また、兆楽の女将・當谷泰子さんは、毎年8月の終わりに里親家庭の親子30~40人を旅館に招待してくださっており、こちらももう7年にもなります。里親と子どもは兆楽さんのお風呂やプール、お昼ご飯、カラオケなどを楽しませていただいて一日を過ごし、家族にとって忘れられない夏休みの思い出となっています。
こうした女将さんたちの協力は、私たちの活動を続ける励みになる一方、皆さんの期待に添うような仕事をしなくてはならないとも思っています。
6月15日には神戸新聞平和賞をいただきましたが、これは協会が受賞したというよりは、里親運動を支えてくださる無数の方々に代わって協会が賞をいただいたのだと、職員たちは感じています。

有馬温泉・兵衛向陽閣の 「大女将のコーナー」


お話/橋本 明さん

〈家庭養護促進協会 事務局長〉

社団法人 家庭養護促進協会
TEL 078・341・5046
神戸市中央区橘通3-4-1 
神戸市総合福祉センター2階

〈2012年8月号〉
ぶらり私のKOBE散歩 Vol.3
フロントアート
ボイジャー・オブ・ザ・シーズ神戸に
特集 ー扉「アジアへの視線」
ベトナムに 上下水道を
環境ビジネスで 夢をかたちに地域貢献
アジアの海産物を珍味に
装置産業の未来を拓く
危険物で世界ネットワークを
フィギュアスケートをコスチュームで応援
「兵庫老舗会(仮称)」が発足
もっと知りたい西神インダストリアルパーク 第4回
平成24年 暑中お見舞い申し上げます
桂 吉弥の今も青春 【其の二十七】
魅力のウォーターフロント 神戸ハーバーランド20周年
2012年 ハーバーランドの日
[NEWS]神戸商工会議所が主催 地元再発見のまち歩きツアー
兵庫のロータリーを率いて
信頼と安心の介護サービス
神戸 旧居留地ものがたり Vol.11
フェリシモ 神戸学校8月
旧居留地 地図
シームレスな 地域連携医療を 目指して
20周年の感謝を込めて
神戸マラソンがつなぐ 人の輪
神戸 MUSIC LIVE
3.11とつながる 絵の力で被災地に寄り添いたい
関西の地球人
みんなの医療社会学 第二十回
神戸市医師会公開講座 くらしと健康  59
田辺眞人のまっこと!ラジオ人物事典 「神戸っ子出張版」8
里親ケースワーカーの〝ちょっといい お話〟
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第31回 芸術家女星編
ママであり、事業家であり輝く神戸女性 ママプロvo.2
KOBEアスリートドリーム! 子どもたちの未来へのメッセージ 31
浮世絵にみる 神戸ゆかりの「平清盛」 第8回
[海船港(ウミ フネ ミナト)]ライン河クルーズ⑧  モーゼル河の山城を訪ねる
触媒のうた 18
耳よりKOBE 節電の夏を、芸術で涼やかに 向山水墨会 うちわ展
耳よりKOBE 手づくり菓子をお届けして28年 板宿「メゾン・ド・デセール」
耳よりKOBE 阿部国生展「響の中から見える風景」
[神戸百店会NEWS]世界最高峰のジュエラー「ハリー・ウィンストン」 ウォッチコ…