2012年
8月号
震災後すぐに宮城県、岩手県の子どもたちとこいのぼりの絵を描いた。写真は昨年4月28日、大船渡小学校。背後には津波で押し流されてしまった町の光景が広がる。

3.11とつながる 絵の力で被災地に寄り添いたい

カテゴリ:文化・芸術・音楽

お話をうかがった方/
アトリエ太陽の子 代表 中嶋 洋子さん

今年4月、神戸の子どもたちが描いた大きな「命の一本桜」が、東北の小・中学校に届けられた。岩手県の大船渡市立大船渡小学校ではその一本桜のもとで、入学式が行われた。手形によって描かれたこの桜、絵の具を手のひらで紙に押すとき、中嶋さんは必ずこう子どもたちに話す。

「まず自分の胸に手をあてて、そして東北の子どもたちに、『私たちは友達だよ、あなたたちのことを忘れていないよ』という気持ちを込めて、押してくださいね」。それを聞いた子どもたちが、真剣に祈りながら手形を押す姿はとても印象的だった。
最初に桜の花を東北に送ったのは、昨年の東日本大震災後すぐ、4月25日のこと。中嶋さんは17年前の阪神・淡路大震災で体験した、暗くほこりっぽい避難所のことを思い出し、寒い避難所にせめて春が来てほしいと桜の絵を贈ることにした。震災翌日の3月12日から兵庫県内の小中高生が描いた桜は桜前線とともに北上し、宮城県、岩手県内の小学校や避難所に贈られた。

「絵を描く私たちが、何をできるかを考えよう」と、これまで新潟県中越地震、四川大地震、スリランカの大津波などの被災地に絵画を通じた支援を行ってきた中嶋さん。今回、桜の絵とともに絵の具などの画材を持っていき、東北の学校や避難所で青空絵画教室を開催。校庭にブルーシートを敷き、大きな鯉のぼりの絵を描いた。震災後初めて絵を描いた! こんなに楽しかったことなかった! と喜ぶ子どもたちの歓声が響きわたったという。絵の具やクレパスは、メーカーからの寄付が多数寄せられ、数百名の子どもたちが元気に絵を描いた。
「被災地には何度も行きましたが、まだがれきが残る中を、子どもたちが毎日登校している姿を見ました。私たち大人でさえ耐えられない光景なのに、子どもたちは一体どう感じているでしょう」と中嶋さん。学校では笑っていても、仮設の家に帰ると壁に向いて泣いてばかりいる子も多いという。そんな子どもたちに両親もどうしていいかわからず、また、その両親や、先生も、自身も傷ついているにも関わらず、子どもたちのケアを優先している。
「震災から一年半。神戸で震災を経験した方ならおわかりになると思いますが、被災後すぐは必死だったけれど、数ヶ月、一年とたつと現実が見え、心が折れてくる時期。このときいちばん欲しいのは、人の心の温かさでした。東北には、心のケアがまったく足りていないと思います」と、中嶋さんは「痛みを知る神戸だからこそ心を込めて寄り添える」と、改めて活動の継続を決意する。

震災後すぐに宮城県、岩手県の子どもたちとこいのぼりの絵を描いた。写真は昨年4月28日、大船渡小学校。背後には津波で押し流されてしまった町の光景が広がる。


中嶋洋子さん


子どもたちの歓声に近所の人々の喜ぶ声も


昨年4月、兵庫県内の子どもたちによる桜の絵が東北に贈られた(写真は佐用高校273名の桜)


大船渡中学校避難所に飾られた桜の絵。「春が来たようだ」と喜ぶ被災者の方も。


今年4月の大船渡小学校。贈られた「命の一本桜」は体育館のステージに飾られ、2~6年生の子どもたちが集合してくれた。

■アトリエ太陽の子

 神戸市東灘区住吉本町2-17-17
 プラム住吉2B
 TEL・078-858-7301

〈2012年8月号〉
ぶらり私のKOBE散歩 Vol.3
フロントアート
ボイジャー・オブ・ザ・シーズ神戸に
特集 ー扉「アジアへの視線」
ベトナムに 上下水道を
環境ビジネスで 夢をかたちに地域貢献
アジアの海産物を珍味に
装置産業の未来を拓く
危険物で世界ネットワークを
フィギュアスケートをコスチュームで応援
「兵庫老舗会(仮称)」が発足
もっと知りたい西神インダストリアルパーク 第4回
平成24年 暑中お見舞い申し上げます
桂 吉弥の今も青春 【其の二十七】
魅力のウォーターフロント 神戸ハーバーランド20周年
2012年 ハーバーランドの日
[NEWS]神戸商工会議所が主催 地元再発見のまち歩きツアー
兵庫のロータリーを率いて
信頼と安心の介護サービス
神戸 旧居留地ものがたり Vol.11
フェリシモ 神戸学校8月
旧居留地 地図
シームレスな 地域連携医療を 目指して
20周年の感謝を込めて
神戸マラソンがつなぐ 人の輪
神戸 MUSIC LIVE
3.11とつながる 絵の力で被災地に寄り添いたい
関西の地球人
みんなの医療社会学 第二十回
神戸市医師会公開講座 くらしと健康  59
田辺眞人のまっこと!ラジオ人物事典 「神戸っ子出張版」8
里親ケースワーカーの〝ちょっといい お話〟
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第31回 芸術家女星編
ママであり、事業家であり輝く神戸女性 ママプロvo.2
KOBEアスリートドリーム! 子どもたちの未来へのメッセージ 31
浮世絵にみる 神戸ゆかりの「平清盛」 第8回
[海船港(ウミ フネ ミナト)]ライン河クルーズ⑧  モーゼル河の山城を訪ねる
触媒のうた 18
耳よりKOBE 節電の夏を、芸術で涼やかに 向山水墨会 うちわ展
耳よりKOBE 手づくり菓子をお届けして28年 板宿「メゾン・ド・デセール」
耳よりKOBE 阿部国生展「響の中から見える風景」
[神戸百店会NEWS]世界最高峰のジュエラー「ハリー・ウィンストン」 ウォッチコ…