2014年
1月号

神戸のカクシボタン 第一回

カテゴリ:グルメ

写真/文  岡 力

「王子公園駅前でナマズ料理!」

私の独断で選りすぐりの「神戸情報」を紹介するこのコーナー。記念すべき第一回目は、前々から噂で聞いていた絶品グルメを求め一路、王子公園駅前へ。「創作小屋 いなかもん」は、今年で20周年を迎える老舗居酒屋である。
同店の看板メニューは、ナマズ料理。岡山県鏡野町のきれいな環境で養殖されたものを生きたまま仕入れている。まずは、厨房の生簀で黒く光る主にご挨拶。警戒心が強くデリケートな性格の為、一匹ずつ隔離されている。
まな板に乗せた途端、想定外の大暴れ…「すんまへん、すんまへん」と小声で謝り、早々に調理をお願いする。しばらくするとテーブルに「南蛮漬け」「うす造り」「にぎり」と次々に料理が運び込まれる。見た目は、鯛そのもの。早速、食べてみる…「なんじゃこりゃ!!」フグとカレイを合わせた味と形容されるだけあって驚きの美味さである。店主の國枝昭夫さんにお話を伺った。「知人に勧められ4年前からナマズ料理をお出ししています。味は淡白で、モチッ、コリッと海の魚にはない二つの食感が楽しめます。蒸し物、あんかけ、天ぷらと様々な料理に適した逸材です」。これまでナマズがこんなに美味しいとは知らなかった。目からウロコが落ちるとは、まさにこの事である。
最後に暖簾を見ながら國枝さんの出身地をお聞きした。「両親が共に神戸出身で生まれも育ちも御影です。田舎がないので憧れもあり名付けました」。素朴で温かみのある店内、食べた人間にしかわからない感動がそこにある。

■創作小屋 いなかもん

TEL.078-882-9279
神戸市灘区水道筋6-8
【営】5:00〜0:00
【休】水曜

■岡力(おか りき)コラムニスト

ふるさとが神戸市垂水区。著書「アホと呼ばれた’80S」「噂の内股シェフ」「関西トラウマ図鑑」連載「大阪ロマン紀行」(大阪日日新聞)「ハコの十八番」(Whole Earth Magazine Fm Cocolo)
出演「おちゃのこSaiSai」(J:COMチャンネル)

〈2014年1月号〉
ぶらり私のKOBE散歩 Vol.14
平成26年度新年菓 神戸凮月堂「御干菓子」
特集 ー扉 「神戸・新ステージの創造にむかって」他
新春市長インタビュー
特集 ー扉 多彩な魅力に魅せられて 六甲アイランドにくらす
六甲アイランドではばたけ!未来の「なでしこ」たち
頼りになる地域の医療
本物の寛ぎと美味しさを
神戸インランドで働く喜び
西神インダストリアルパーク イベント情報
自然に囲まれて研究開発を
第15回 井吹台自治会連合会 地域総合防災訓練
つながりを大切に共に発展
神戸西地域の中核病院として充実
KOBEの人気ヘアサロン コウベ/スタイル Vol.6
神戸フィルムオフィス Presents 神戸ロケが行われた最新映画情報
南京町のお正月 2014 南京町 春節祭
老祥記 vol.3 南京町と春節祭
神戸のカクシボタン 第一回
オルタンシアビル|アカンサス神戸店
みんなの医療社会学 第三十七回
[News]「シルクロードから日本へ −ヘジャブの内側−」 シリン・ネザマフィさ…
神戸市医師会公開講座 くらしと健康 76
謹んで新年のごあいさつを申し上げます 甲午(きのえうま)の歳 風さやか
3.11とつながる 福島女子が「選択する」楽しみと少しの苦しみとは
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 神戸の芸術・文化人編 第49回
浮世絵にみる神戸ゆかりの源平合戦 第25回
触媒のうた 35
耳よりKOBE 学び舎の絆 美術を通して 第32回「龍美会展」
耳よりKOBE 文化・芸術の分野で活躍する親和学園の卒業生の集い「和ON祭」
お好み焼きと旬の鉄板焼き料理:お好み焼き まるも