2014年
1月号
井吹台東地区の37管理組合が参加

第15回 井吹台自治会連合会 地域総合防災訓練

カテゴリ:神戸,

住民の、住民による 住民のための安全を

昨年の12月1日、神戸市西区の井吹東小学校で、井吹台自治会連合会の地域防災訓練がおこなわれた。訓練は毎年おこなわれ今回で15回目。参加したのは井吹台東地区の自治会やマンション管理組合など37団体の代表者各3名や井吹台ジュニアチームの小中学生など、地域住民百数十名。神戸ハイテクパーク工業会や西消防署など近隣・関連団体も協力し、快晴の青空のもと、寒さにも負けずさまざまな訓練をおこなった。
参加者は5つの班に分かれ、老若男女力を合わせながら5つの訓練にチャレンジ。訓練はすべて体験型で実践的な内容。消化器を使用した消火訓練は、訓練用の消化器を使用して実践。AEDを使用した救命訓練も、訓練用の人形を用いて実際の操作を体験。意識や脈の確認から人工呼吸、心臓マッサージなどの方法も学んだ。
ほかにも消火栓やポンプを使用した放水訓練、バケツリレーでの消火訓練、毛布を利用した搬送の訓練もおこなわれたが、いずれの訓練も専門の研修を受けた地域住民がリーダーとして指導。毎年約10名ずつ地域防災を担うリーダーが育っているのも井吹台東地区の特徴だ。
訓練終了後は、神戸ハイテクパーク工業会のみなさんが豚汁を炊き出しで振る舞い、参加者たちは笑顔で舌鼓を打った。
訓練に先立って、井吹台5丁目地区で安全確認訓練もおこなわれ、災害ボランティアが災害時の対処法や、高齢者などの安否確認の方法などを再確認した。
「自分たちの街は自分たちで守ることが大切。いざというときに対処できるよう、訓練は体験を重視しています」と、井吹東ふれあいのまちづくり協議会の坂本津留代委員長。訓練をおこなうだけでなく、地域住民同士が訓練を通じ交流することで「顔の見える関係」を築くことも、安全・安心のまちづくりに結びついている。
平成5年に街びらきし、直後に阪神・淡路大震災を経験した井吹台東地区。住民の高い防災意識が、街の安全を守っている。

井吹台東地区の37管理組合が参加


消火栓を使用した放水


防災訓練の会場となった井吹東小学校


AEDを使用した救命訓練


毛布を利用した搬送訓練


井吹台東ふれあいのまちづくり協議会・坂本会長


西消防署員が指導を行った


消火器を使った消火訓練


プールの水を使ったバケツリレー


神戸ハイテクパーク工業会の皆さんが「豚汁」を振舞う


右から神戸ハイテクパーク工業会・三宅篤夫事務局長、坂本会長、井吹東小学校・徳山浩一校長


神戸ハイテクパーク工業会の皆さん

〈2014年1月号〉
ぶらり私のKOBE散歩 Vol.14
平成26年度新年菓 神戸凮月堂「御干菓子」
特集 ー扉 「神戸・新ステージの創造にむかって」他
新春市長インタビュー
特集 ー扉 多彩な魅力に魅せられて 六甲アイランドにくらす
六甲アイランドではばたけ!未来の「なでしこ」たち
頼りになる地域の医療
本物の寛ぎと美味しさを
神戸インランドで働く喜び
西神インダストリアルパーク イベント情報
自然に囲まれて研究開発を
第15回 井吹台自治会連合会 地域総合防災訓練
つながりを大切に共に発展
神戸西地域の中核病院として充実
KOBEの人気ヘアサロン コウベ/スタイル Vol.6
神戸フィルムオフィス Presents 神戸ロケが行われた最新映画情報
南京町のお正月 2014 南京町 春節祭
老祥記 vol.3 南京町と春節祭
神戸のカクシボタン 第一回
オルタンシアビル|アカンサス神戸店
みんなの医療社会学 第三十七回
[News]「シルクロードから日本へ −ヘジャブの内側−」 シリン・ネザマフィさ…
神戸市医師会公開講座 くらしと健康 76
謹んで新年のごあいさつを申し上げます 甲午(きのえうま)の歳 風さやか
3.11とつながる 福島女子が「選択する」楽しみと少しの苦しみとは
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 神戸の芸術・文化人編 第49回
浮世絵にみる神戸ゆかりの源平合戦 第25回
触媒のうた 35
耳よりKOBE 学び舎の絆 美術を通して 第32回「龍美会展」
耳よりKOBE 文化・芸術の分野で活躍する親和学園の卒業生の集い「和ON祭」
お好み焼きと旬の鉄板焼き料理:お好み焼き まるも