2014年
1月号

耳よりKOBE 学び舎の絆 美術を通して 第32回「龍美会展」

カテゴリ:文化・芸術・音楽

神戸商業高校の美術部OBと、顧問の安川日露四先生、牛野弥二郎先生が集まって1964年に発足した「龍美会」。第一回の展覧会が1965年に元町の「ちぐさや画廊」で開催されてから、毎年OBが集まり開催されてきた。しかしメンバーの多くがサラリーマンであり忙しさのため、1974年の第10回の展覧会を機に一旦休会したものの、1992年に再び発足。
再スタート後は、神戸商業高校OBだけでなく、ゆかりのある美術愛好家たちもメンバーに加わり作品を出展、以来21年間、毎年開催されてきた。同行の教師をしていた版画家の菅田英一さんが賛助出品し、現在はメンバー17名。今年も11月21日〜26日に神戸ファッション美術館ギャラリーで開催した(2名は休会)。
「明るく楽しい、神戸商業の良さそのままの人間関係が今も続いていて、毎年みんなに会うのが楽しみなんです」と、会長の真殿靖さん。「私たちが卒業したころ、ちょうど『高校三年生』という歌が流行っていたんです。会えばあの曲が流れてきて、高校生時代に戻りますよ」と、副会長の大我光男さん。1年に1度の展覧会のために、作品を描き続けているメンバーもいるようで、仲間の絆の深さが感じられた。ちなみに「龍美会」の“龍”は神戸商業のあった竜神ヶ丘からとられたもので、発足時は「竜美会」だった。

神戸商業高校の美術部OBを中心にした龍美会メンバー(「龍美会」の文字は、故・国広節夫さんによる)


左から菅田先生、真殿会長、大我副会長、展覧会を訪れたOB、同じくOBでカメラマンの廣瀬英雄さん





1962年当時の美術部の写真

〈2014年1月号〉
ぶらり私のKOBE散歩 Vol.14
平成26年度新年菓 神戸凮月堂「御干菓子」
特集 ー扉 「神戸・新ステージの創造にむかって」他
新春市長インタビュー
特集 ー扉 多彩な魅力に魅せられて 六甲アイランドにくらす
六甲アイランドではばたけ!未来の「なでしこ」たち
頼りになる地域の医療
本物の寛ぎと美味しさを
神戸インランドで働く喜び
西神インダストリアルパーク イベント情報
自然に囲まれて研究開発を
第15回 井吹台自治会連合会 地域総合防災訓練
つながりを大切に共に発展
神戸西地域の中核病院として充実
KOBEの人気ヘアサロン コウベ/スタイル Vol.6
神戸フィルムオフィス Presents 神戸ロケが行われた最新映画情報
南京町のお正月 2014 南京町 春節祭
老祥記 vol.3 南京町と春節祭
神戸のカクシボタン 第一回
オルタンシアビル|アカンサス神戸店
みんなの医療社会学 第三十七回
[News]「シルクロードから日本へ −ヘジャブの内側−」 シリン・ネザマフィさ…
神戸市医師会公開講座 くらしと健康 76
謹んで新年のごあいさつを申し上げます 甲午(きのえうま)の歳 風さやか
3.11とつながる 福島女子が「選択する」楽しみと少しの苦しみとは
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 神戸の芸術・文化人編 第49回
浮世絵にみる神戸ゆかりの源平合戦 第25回
触媒のうた 35
耳よりKOBE 学び舎の絆 美術を通して 第32回「龍美会展」
耳よりKOBE 文化・芸術の分野で活躍する親和学園の卒業生の集い「和ON祭」
お好み焼きと旬の鉄板焼き料理:お好み焼き まるも