2014年
1月号
福島の桃の“ピンク”をイメージカラーに

3.11とつながる 福島女子が「選択する」楽しみと少しの苦しみとは

カテゴリ:文化人

講演 鎌田千瑛美さん

 〈一般社団法人ふくしま連携復興センター理事
   任意団体peach heart共同代表〉

福島の一人の声として

阪神・淡路大震災をきっかけに発足した、被災地NGO協働センター(兵庫区)が主催する勉強会「第3回ピース寺子屋」に、今なお原発などの問題を抱える福島県から福島市在住の鎌田千瑛美さんが招かれた。鎌田さんは福島で、主に女性たちを中心にした活動を展開。今回の寺子屋にも、神戸の女子高校生や大学生など若い人々が集まった。
「私一人の声がすべてではない。一福島にいる一人の声として聞いてほしい」と前置きしてから鎌田さんは話した。
鎌田さんは南相馬市で高校まで育ち、東京の大学に進学した。震災の一報は、東京で受けたという。実家は津波で流され「多くの命と文化を失った」。その後襲ってきたのは福島第一原子力発電所の事故。「震災までは“原発”ということにあまり触れてこず、電力会社につとめることは地元のステイタスでもあった。人々の産業の糧にもなってきた」。鎌田さんはそれまで東京に住んでいたので、福島でつくられた電気を使っている側であった、ということでますます複雑な思いだったという。

震災後は、絶えず「選択」をせまられてきた

原発事故後、福島の人々は、絶えず「選択」を問われていた、と鎌田さん。避難するか、しないか。福島産の食べ物を食べるか、食べないか。放射能の数値計を手に入れさまざまなことに気をつけている人もいれば、もうまったく気にしないという人もいる。「専門家でも意見がわかれている中で、これという正解がないということを認めなければ生きられなかった。つまり、個々の多様性が認められる社会に向けて、福島が挑戦しているのです」。これまでの枠組みや、あるべき姿といわれるものにとらわれず、自分で考え、それぞれが対話し、理解しあって前へ進む。“自分で選択する”自由には、多くの苦しみと責任が伴う。それでも鎌田さんは進む。

福島の女子、そして東北のいま

鎌田さんが取り組む活動のひとつに「任意団体peach heart」がある。福島の名産・桃をモチーフにしたピンクのロゴマーク。世界では「フクシマ」がマイナスの意味で有名になってしまった。ふるさとがそんなふうに思われるのは悲しい、と、ピンク色のイメージにした。
「peach heart」は本音を話す女子会として、震災直後からスタート。「私たち、安心して子どもは産めるの?」「自分の思いでふるさとに住み続けるけれど、何かあったらどうしよう」友達や彼氏にも言えないそんなことを話し合った。2年たち、少しずつ強くなった彼女たちは、さまざまな活動に取り組む。カワイイ手作りのオリジナルマスクの販売。食や命を学ぶワークショップや、福島の若者の声を伝えるための小旅行、メイクアップ講座、料理教室、そしてみんなでトーク。
また、最近では、これから子どもを生み育てる世代の支援に向けた、「子ども・被災者支援法」へパブリックコメントを提出。「妊婦さん、お子さんへのサポートはもちろん優先されるべきですが、若い女性たちの声にも耳を傾けてほしい」とし、定期健診や出産前検診の補助、無償化などを要望した。
「東北は今、いろいろな人が集まって、チャレンジする場所になっている」と鎌田さん。11月には男子だけの演劇集団が旗揚げ公演をして1400人の観客が集まるなど、若い人々の力が地域を盛り上げようとしている。私たちも今後は「なんだかワクワクできる東北・福島」のパワーを応援していきたい。
(11月25日講演より)

鎌田千瑛美さん


女性たちが集まって悩みを話し合う


peach heart brandの可愛いオリジナルマスク


福島の桃の“ピンク”をイメージカラーに


11月25日、被災地NGO協働センターで行われた「ピース寺子屋」

〈2014年1月号〉
ぶらり私のKOBE散歩 Vol.14
平成26年度新年菓 神戸凮月堂「御干菓子」
特集 ー扉 「神戸・新ステージの創造にむかって」他
新春市長インタビュー
特集 ー扉 多彩な魅力に魅せられて 六甲アイランドにくらす
六甲アイランドではばたけ!未来の「なでしこ」たち
頼りになる地域の医療
本物の寛ぎと美味しさを
神戸インランドで働く喜び
西神インダストリアルパーク イベント情報
自然に囲まれて研究開発を
第15回 井吹台自治会連合会 地域総合防災訓練
つながりを大切に共に発展
神戸西地域の中核病院として充実
KOBEの人気ヘアサロン コウベ/スタイル Vol.6
神戸フィルムオフィス Presents 神戸ロケが行われた最新映画情報
南京町のお正月 2014 南京町 春節祭
老祥記 vol.3 南京町と春節祭
神戸のカクシボタン 第一回
オルタンシアビル|アカンサス神戸店
みんなの医療社会学 第三十七回
[News]「シルクロードから日本へ −ヘジャブの内側−」 シリン・ネザマフィさ…
神戸市医師会公開講座 くらしと健康 76
謹んで新年のごあいさつを申し上げます 甲午(きのえうま)の歳 風さやか
3.11とつながる 福島女子が「選択する」楽しみと少しの苦しみとは
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 神戸の芸術・文化人編 第49回
浮世絵にみる神戸ゆかりの源平合戦 第25回
触媒のうた 35
耳よりKOBE 学び舎の絆 美術を通して 第32回「龍美会展」
耳よりKOBE 文化・芸術の分野で活躍する親和学園の卒業生の集い「和ON祭」
お好み焼きと旬の鉄板焼き料理:お好み焼き まるも