2015年
2月号

おかげさまで、老祥記100周年を迎えました。

カテゴリ:グルメ, 中華

感謝を込めまして、お店で記念誌を配布中!


南京町にある老祥記では、100周年記念の冊子を配布中


1915年、南京町の一角にのれんを掲げた老祥記では、浙江省寧波出身の初代・曹松琪が中国の天津包子(てんちんぱおつ)を日本人に馴染むように改良。名前を『豚饅頭』と命名したが、これが豚饅のはじまり。
やがて南京町は戦争で焼け、戦後もしばらく低迷の時代が続くが、老祥記は2代目・曹穂昇のもとガラス戸の引き手に穴が空くほど繁盛するお店に。
3代目・曹英生は春節祭の立ち上げに青年部と共に奔走するなど、1980年代にエキゾチックな観光地へと生まれ変わった南京町の活性化に尽力してきた。   1995年の阪神・淡路大震災で町は大きな被害を受けたが復興。老祥記は2011年より神戸の豚饅店と「KOBE豚饅サミット」を開催するなど、4代目・曹祐仁の若い力と伝統の豚饅で南京町を盛り上げている。
現在、老祥記では、100周年記念の冊子を配布中。ぜひ、老祥記100年の歩みや美味しさの秘訣をご拝読ください!

〈2015年2月号〉
日本・スイス国交樹立150周年 世界最高峰の “絵画” と “時計” が神戸で出…
ぶらり私のKOBE散歩 映画ロケ地散歩
特集 ー扉 神戸とモノづくり
世界に誇る洋菓子ミュージアムを神戸に[神戸とモノづくり(1)]
技術だけではない「マイスター」の輝き[神戸とモノづくり(2)]
ものづくりの魅力を伝えたい[神戸とモノづくり(3)]
ピアノ技術の道を切り拓き85年[神戸とモノづくり(4)]
日本を代表するテーラーが継承する伝統の「神戸洋服」[神戸とモノづくり(5)]
お客様に育てられるシャツ[神戸とモノづくり(6)]
震災と職人、そして会社[神戸とモノづくり(7)]
2015年 南京町 春節祭
おかげさまで、老祥記100周年を迎えました。
2017年、神戸港開港150年に向けて記念事業実行委員会が結成!
芦屋川リバーサイド・ストーリー
KOBEの人気ヘアサロン コウベ/スタイル Vol.18
St Valentine’s Day in KOBE
~船ならではの景色、贅沢な時間~ 神戸から行く、大分さんふらわ‘あ~と’旅
軍師黒田官兵衛と兵庫県
神戸のカクシボタン 第十四回
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第四十六回
フランク・ロイド・ライト その思想と建築を今に Vol.7
Report KOBE “無重力のリンゴ”がフランスへ 村上美穂さん パリで個展…
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第62回
第十二回 兵庫ゆかりの伝説浮世絵
触媒のうた 48