2015年
2月号

神戸のカクシボタン 第十四回

カテゴリ:グルメ

神戸で生まれたかつめし

 JR三宮駅から徒歩で取材先へ。道中、ポートライナーが頭上を通過する度に「♪ポートピア~」と・・・そこの歌詞しか知らないゴダイゴの曲が頭の中で鳴り響く。そんな80年代あるあるを引っさげて向かったのは、創業41年になる老舗の洋食店「キッチンハウス おあしす」。料理マンガの金字塔であるビッグ錠先生の作品に出てきそうな店舗。私のような中高年は、「キッチンハウス」という響きが何とも昭和テイストで食欲が湧く。ドアを開けるとカウンター越しに見える厨房では、店主の水田价昭さんが和洋中40種にもおよぶメニューを手際よく独りで調理していく。ランチタイムになると安くてボリュームのある料理を求め多くのサラリーマンが店に訪れる。通常メニューも日替わりランチになると少し安くなるサービスが嬉しい。
 ここの名物は、「かつめし」。加古川の郷土料理であるかつめしの話を聞き、ただの一度も口にする事なくアレンジした物を20年前から提供している。本家が牛に対して豚の肉を使用。白飯の上に薄く揚げたサクサクのトンカツをドカーンと盛りつける。そこに自家製デミグラスソースをたっぷりとかけ、最後に付け合せの生野菜とカットしたバナナを添えて完成。これぞ神戸で生まれ長年愛され続けているキッチンおあしす特製「かつめし」である。港町で独自に進化を遂げた絶品のパワーライスを御賞味あれ。


そばめし、皿うどん といったメニューも

■キッチンハウス おあしす

神戸市中央区磯上通5-1-13
営業時間 8時~21時(食事11時~)
定休日 日曜・祝

■岡力(おか りき)コラムニスト

ふるさとが神戸市垂水区。著書「アホと呼ばれた’80S」「噂の内股シェフ」「関西トラウマ図鑑」
連載「大阪ロマン紀行」(大阪日日新聞)
出演「おちゃのこSaiSai」(J:COMチャンネル)
「Oh!二度漬けラジオ」(YES-fm)

〈2015年2月号〉
日本・スイス国交樹立150周年 世界最高峰の “絵画” と “時計” が神戸で出…
ぶらり私のKOBE散歩 映画ロケ地散歩
特集 ー扉 神戸とモノづくり
世界に誇る洋菓子ミュージアムを神戸に[神戸とモノづくり(1)]
技術だけではない「マイスター」の輝き[神戸とモノづくり(2)]
ものづくりの魅力を伝えたい[神戸とモノづくり(3)]
ピアノ技術の道を切り拓き85年[神戸とモノづくり(4)]
日本を代表するテーラーが継承する伝統の「神戸洋服」[神戸とモノづくり(5)]
お客様に育てられるシャツ[神戸とモノづくり(6)]
震災と職人、そして会社[神戸とモノづくり(7)]
2015年 南京町 春節祭
おかげさまで、老祥記100周年を迎えました。
2017年、神戸港開港150年に向けて記念事業実行委員会が結成!
芦屋川リバーサイド・ストーリー
KOBEの人気ヘアサロン コウベ/スタイル Vol.18
St Valentine’s Day in KOBE
~船ならではの景色、贅沢な時間~ 神戸から行く、大分さんふらわ‘あ~と’旅
軍師黒田官兵衛と兵庫県
神戸のカクシボタン 第十四回
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第四十六回
フランク・ロイド・ライト その思想と建築を今に Vol.7
Report KOBE “無重力のリンゴ”がフランスへ 村上美穂さん パリで個展…
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第62回
第十二回 兵庫ゆかりの伝説浮世絵
触媒のうた 48