2015年
2月号

KOBEの人気ヘアサロン コウベ/スタイル Vol.18

カテゴリ:お洒落・ファッション

自分らしくあることは何よりも格好良い

Le CHIC(ル シック)

 自然体でさり気ない格好良さの追求が「あなたらしさ」を表現し、「らしさ」を引き出す提案と技術こそが、美容師にもっとも必要な要素だと語る、オーナーの安福敏章さん。人に個性があるように、髪質、頭の形も人それぞれであり、サロンを訪れる人の多くは、そこにコンプレックスを持っています。個性を尊重しつつ、誰もが持っている理想の形に近づけることがサロンの役割です。質感、バランスを重視し、斬新なものを求めるのではなく、あくまでもナチュラルなバランスを求めるのが、Le CHICのサロンコンセプトです。
 ここ数年おすすめしているのが、安福さんの長年の美容師人生の中でも「衝撃的な出逢いだった」と語るエアウェーブ。従来のパーマと比べると圧倒的に髪の傷みが軽減され、抜群の質感で長持ちし、メンテナンスフリー。これまでのパーマはどれも基本的にダメージ・持続力・再現性、何かを犠牲にしていましたが、エアウェーブはすべてを満足させてくれます。美容師としても、髪の傷みを心配せずにパーマをおすすめできるとか。
 さらに近年注目されている「炭酸効果」に着目し、オリジナル炭酸ジェルを毎朝手作り。水道水に含まれる鉄分や、スタイリング剤の洗い残し等を除去することで、髪の毛本来の質感に戻します。フワッとサラッと極上の質感を…。
 ナチュラルにこだわるサロンだからこそ、お客様それぞれの本来の髪の状態を守ることを、何よりも大切にしています。
 「都会のオアシスのような場所でありたい」と言う安福さんの言葉通り、間接照明のみの店内は、サロンと言うよりカフェの雰囲気。スタッフに求めことも自分らしくニュートラルでいられること。流行や派手さに頼らない、確かな技術とサービス、そしてちょっと立ち寄ってみたくなるホームのような気さくさが、幅広い年齢層のお客様が長年通い続ける理由です。

こだわりの間接照明によるぬくもりのあるサロン内

こだわりの間接照明によるぬくもりのあるサロン内


チームワークを大切にし、自分らしさを失わないスタッフ

チームワークを大切にし、自分らしさを失わないスタッフ


2階フロア

2階フロア


20150206207

Le CHIC 神戸本店

TEL.078-393-1113
神戸市中央区三宮町2-6-7
平日10:30~19:30 ( color, perm 18:30まで)
土・日・祝日10:00~19:00 ( color, perm18:00まで)
定休日 毎週月曜日、第3火曜日
http://www.lechic.co.jp/

〈2015年2月号〉
日本・スイス国交樹立150周年 世界最高峰の “絵画” と “時計” が神戸で出…
ぶらり私のKOBE散歩 映画ロケ地散歩
特集 ー扉 神戸とモノづくり
世界に誇る洋菓子ミュージアムを神戸に[神戸とモノづくり(1)]
技術だけではない「マイスター」の輝き[神戸とモノづくり(2)]
ものづくりの魅力を伝えたい[神戸とモノづくり(3)]
ピアノ技術の道を切り拓き85年[神戸とモノづくり(4)]
日本を代表するテーラーが継承する伝統の「神戸洋服」[神戸とモノづくり(5)]
お客様に育てられるシャツ[神戸とモノづくり(6)]
震災と職人、そして会社[神戸とモノづくり(7)]
2015年 南京町 春節祭
おかげさまで、老祥記100周年を迎えました。
2017年、神戸港開港150年に向けて記念事業実行委員会が結成!
芦屋川リバーサイド・ストーリー
KOBEの人気ヘアサロン コウベ/スタイル Vol.18
St Valentine’s Day in KOBE
~船ならではの景色、贅沢な時間~ 神戸から行く、大分さんふらわ‘あ~と’旅
軍師黒田官兵衛と兵庫県
神戸のカクシボタン 第十四回
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第四十六回
フランク・ロイド・ライト その思想と建築を今に Vol.7
Report KOBE “無重力のリンゴ”がフランスへ 村上美穂さん パリで個展…
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第62回
第十二回 兵庫ゆかりの伝説浮世絵
触媒のうた 48