2016年
2月号
港町を見渡す大仏様

神戸のカクシボタン 第二十六回「港町のランドマーク兵庫大仏」

カテゴリ:文化・芸術・音楽, 神戸, 観光

写真/文 岡 力

 「日本三大大仏の一つが神戸にあるのはご存知ですよね?」博学を売りにしている知人がしたり顔で話しかけてきた。奈良には遠足、鎌倉には旅行の際にお会いしたが兵庫の大仏様には、これまでお目にかかる機会がなかった。
 805年、最澄により創建され平清盛所縁としても知られる「天台宗・能福寺」。
 門をくぐると正面に悠然と構える高さ18メートル、重量60トンから成る立派なお姿があった。この大仏様、実は新たに再建された二代目である。厳密には、初代と「合体」したと形容するのが相応しい。
 明治24年、民衆に広まる異国文化に危機感を持った信徒・南条荘兵衛により初代は建立された。当時、周辺には高い建物がなく港町のランドマークとして世界の船乗りからも親しまれた。しかし昭和19年、太平洋戦争に伴い武器生産に必要な資源を回収する「金属類回収令」が勅令。出し渋る国民へのパフォーマンスとして標的にされた大仏様。首に縄をかけられ引きずり倒された後、ハンマーでかち割られた。その模様を凝視できなかった当時の住職は、寺院の奥で地響きを聞きながら「忘れたらあかん」と涙した。終戦後、湊川の倉庫から破壊された現物がそのままの形で発見される。昭和30年頃から再建の話が持ち上がり平成3年5月9日に市民の寄付もあり初代の亡骸を練り込み新たに蘇った。
 雲井雄善住職にお話を伺った。「大仏は、存在する事に意義があると思います。たえず人々を見守り安心を与えることが重要です。是非、社会見学等で子供たちに訪れて頂き歴史に触れてほしいです」。手を合わせて見上げると壮絶な過去をおくびにも出さず優しく微笑む姿があった。

港町を見渡す大仏様


雲井雄善住職より丁寧なご説明を頂く

■能福寺

神戸市兵庫区北逆瀬川町1-39

■岡力(おか りき)コラムニスト

ふるさとが神戸市垂水区。著書「アホと呼ばれた’80S」「噂の内股シェフ」「関西トラウマ図鑑」連載「大阪ロマン紀行」(大阪日日新聞)出演「おちゃのこSaiSai」(J:COMチャンネル)「Oh!二度漬けラジオ」(YES-fm)

〈2016年2月号〉
神戸南京町、この一皿
2016南京町春節祭
<特集 ー扉ー>神戸空港開港10周年に未来の神戸を思い描く
神戸空港のさらなる利便性の向上にむけて
神戸空港活用で地方創生を!
西の拠点・神戸空港から独自のネットワークづくりを
飛行機の速さと安さをいかせる使い勝手のよい空港
神戸空港を国際都市神戸にふさわしい国際空港に!
早くて安い!神戸空港から ひとっ飛び!!
スムーズ&コンパクトな 茨城空港
~茨城、陶芸女子旅リポート~
2016年 2月16日 神戸空港開港10周年に未来の神戸を思い描く ①
2016年 2月16日 神戸空港開港10周年に未来の神戸を思い描く ②
2016年 2月16日 神戸空港開港10周年に未来の神戸を思い描く ③
連載コラム「第二のプレイボール」|Vol.12 「野球に専念できる環境づくりを目…
企業経営をデザインする(5)|健康で、明るく、楽しい食文化を提供
キラキラ☆な人生を願う、イマドキ女子大生の学びの場 大阪学院大学「ステキ☆塾」で…
Power of music(音楽の力) 第2回
The Rotary Club of Kobe West 国際ロータリー第268…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第五十七回
神戸のカクシボタン 第二十六回「港町のランドマーク兵庫大仏」
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝 第74回 声楽家・神戸親和女子大学学長 山本 裕之
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第二十四回
触媒のうた(60) ―宮崎修二朗翁の話をもとに―