2016年
2月号

神戸鉄人伝 第74回 声楽家・神戸親和女子大学学長 山本 裕之

カテゴリ:文化・芸術・音楽

剪画・文
とみさわかよの

声楽家・神戸親和女子大学学長
山本 裕之(やまもと ひろゆき)さん

 音楽ホールに轟く歌声は一流、教育者としても一流。そんな素晴らしい方が、神戸にいらっしゃいます。関西屈指のテノール歌手で、神戸親和女子大学の学長を務める山本裕之さんを、創立50周年記念事業の準備が進むキャンバスに訪ね、お話をうかがいました。歌い手らしい堂々とした体躯をスーツに包み、「学生が学び、成長できる環境を整えるのが大学の責務」と、大学運営を熱く語ってくださいました。

―音楽の道に進まれたのは何故ですか。
 3人のすばらしい先生との出会いがあったからです。音楽家の家系ではありませんでしたが、子どもの頃から歌うことは大好きでした。小・中学時代にはNHK全国音楽コンクールに出場。中学3年生の文化祭では先生の勧めで初めて独唱をさせてもらい、大勢の前で表現する喜びを知りました。兵庫県立芦屋高等学校では故三室堯先生に出会いました。先生の朗々とした歌声とその豊かな感情表現は、私の憧れとなりました。

―神戸とのご縁は?
 神戸親和女子大学に勤務したことがきっかけで、演奏活動も神戸で行うようになりました。思えばもう、25年になりますね。

―声楽家として、思い出に残っている公演はありますか?
 ひとつは1979年、大阪フェスティバルホールで小澤征爾指揮のオペラ「トスカ」です。私はスポレッタ役で出演しました。小澤先生がタクトを振ると、それぞれの場面がいきいきと浮かび上がってきたのを思い出します。もうひとつは同じ大阪フェスティバルホールでの関西歌劇団創立50周年記念公演です。日伊共同制作のオペラ「アイーダ」に、ラダメス役で出演しました。アイーダ役として世界で定評のあるノルマ・ファンティーニ氏から、役に真摯に向き合う姿勢を学びました。いずれの公演も、よい勉強をさせていただきました。

―ご自身の音楽活動と、教職との両立は大変だったのでは。
 人に教えるためには、自分自身も研鑚を積む必要があります。勤め始めた頃は、教員も比較的研究に専念できましたので、オペラを中心に活動を展開していました。さすがに大学の役職を兼ねるようになると、音楽活動に専念することはできません。今は職務優先ですが、もともと教えることにも大きな喜びを感じていましたから、苦ではありませんよ。

―教育者として、大切にしていることを教えてください。
 学生が自ら学ぶ意欲を育てることです。教員として、一方的に教えるのではなく学生との対話を重視し、学生が結論を導くまで待つ姿勢を心がけています。信頼される大学であるためには、学生の教育を第一義に考えなくてはなりません。本学は学生が幅広い教養の上に専門的能力身につけ、それぞれの夢を実現していくことのできる教育カリキュラムやシステムを整えています。

―学生たちに、そして神戸市民にひとことお願いします。
 学生の皆さんには、深く物事を考える力を身につけて欲しい。インターネットで簡単に情報を得られる時代ですが、たくさんの本を読むことを勧めます。在学中に読書を通じて、少しずつ知識と教養を深めてください。本学は子育て支援や公開講座など、地域と共に歩む活動に力を入れています。市民の皆さんもぜひ、本学の知的財産を活用してください。神戸の発展や活性化に役立てるなら、喜ばしい限りです。              (2016年1月7日取材)

 学長としてハードスケジュールをこなしながらも、山本さんは「学生が人間的に成長していくのを見るのは嬉しい」と目を細めておられました。

「学長の任期が終われば、また音楽活動再開です」と山本さん。「やはり歌い手として、まだまだやりたいことがありますから」

とみさわ かよの

神戸のまちとそこに生きる人々を剪画(切り絵)で描き続けている。平成25年度神戸市文化奨励賞、平成25年度半どんの会及川記念芸術文化奨励賞受賞。神戸市出身・在住。日本剪画協会会員・認定講師、神戸芸術文化会議会員、神戸新聞文化センター講師。

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

〈2016年2月号〉
神戸南京町、この一皿
2016南京町春節祭
<特集 ー扉ー>神戸空港開港10周年に未来の神戸を思い描く
神戸空港のさらなる利便性の向上にむけて
神戸空港活用で地方創生を!
西の拠点・神戸空港から独自のネットワークづくりを
飛行機の速さと安さをいかせる使い勝手のよい空港
神戸空港を国際都市神戸にふさわしい国際空港に!
早くて安い!神戸空港から ひとっ飛び!!
スムーズ&コンパクトな 茨城空港
~茨城、陶芸女子旅リポート~
2016年 2月16日 神戸空港開港10周年に未来の神戸を思い描く ①
2016年 2月16日 神戸空港開港10周年に未来の神戸を思い描く ②
2016年 2月16日 神戸空港開港10周年に未来の神戸を思い描く ③
連載コラム「第二のプレイボール」|Vol.12 「野球に専念できる環境づくりを目…
企業経営をデザインする(5)|健康で、明るく、楽しい食文化を提供
キラキラ☆な人生を願う、イマドキ女子大生の学びの場 大阪学院大学「ステキ☆塾」で…
Power of music(音楽の力) 第2回
The Rotary Club of Kobe West 国際ロータリー第268…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第五十七回
神戸のカクシボタン 第二十六回「港町のランドマーク兵庫大仏」
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝 第74回 声楽家・神戸親和女子大学学長 山本 裕之
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第二十四回
触媒のうた(60) ―宮崎修二朗翁の話をもとに―