2016年
2月号
レオパード大皿 作陶 中島典子

The Rotary Club of Kobe West 国際ロータリー第2680地区 神戸西ロータリークラブ

カテゴリ:文化・芸術・音楽

心の「四季節」便り

 来る二月二十七日(土)には、二〇一五 -二〇一六年度国際ロータリー第二六八〇地区I・M(INTERCITY・MEETING)が開かれます。テーマは「地域とともにあるロータリー」です。
 今月の人生の美学(品格)は、エレガンスの美学として思うこと。
・ある人のファッションを見て、それを「素敵!」と思うのは…
 その人の持ちもの一つ一つではなく、スタイルや全体のテイストに感心しているから。チョイスや組み合わせに“その人らしさ”があるということ。
・エレガンスとは自分の内側にあるもの。
 美しく装うためには自分の内面を知ることで、ファッションやジュエリーは自分という存在と常に美しいハーモニーを奏でなければならない。自身の価値観やパーソナリティに合ったものを選ぶ審美眼が問われると思います。ファッションは装う人の知性を表します。
・女性のセクシーさとは…。
 美しいこと。知性。そして品があること。
 さて、二月如月は「きぬさらぎ」とも言い、寒さゆえに衣をさらに重ねて着るところから衣更着に。立春正月と共に、立春が一年の初めとされ、春の節分だけが行事として残され、豆まきの風習は中国から伝わった「追儺」の儀式に由来し、「鬼やらい」とも言います。「鬼は外、福は内」の掛け声は一年の邪気を取り除いて、新しい年の福を招き入れる年迎えの行事です。節分を終えると春を告げる風。春一番です。

レオパード大皿 作陶 中島典子


「節分」 の書 中島典子

中島典子

(神戸西ロータリークラブ広報委員長/
(有)エレガント典子生活空間コーディネーター主宰)

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

〈2016年2月号〉
神戸南京町、この一皿
2016南京町春節祭
<特集 ー扉ー>神戸空港開港10周年に未来の神戸を思い描く
神戸空港のさらなる利便性の向上にむけて
神戸空港活用で地方創生を!
西の拠点・神戸空港から独自のネットワークづくりを
飛行機の速さと安さをいかせる使い勝手のよい空港
神戸空港を国際都市神戸にふさわしい国際空港に!
早くて安い!神戸空港から ひとっ飛び!!
スムーズ&コンパクトな 茨城空港
~茨城、陶芸女子旅リポート~
2016年 2月16日 神戸空港開港10周年に未来の神戸を思い描く ①
2016年 2月16日 神戸空港開港10周年に未来の神戸を思い描く ②
2016年 2月16日 神戸空港開港10周年に未来の神戸を思い描く ③
連載コラム「第二のプレイボール」|Vol.12 「野球に専念できる環境づくりを目…
企業経営をデザインする(5)|健康で、明るく、楽しい食文化を提供
キラキラ☆な人生を願う、イマドキ女子大生の学びの場 大阪学院大学「ステキ☆塾」で…
Power of music(音楽の力) 第2回
The Rotary Club of Kobe West 国際ロータリー第268…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第五十七回
神戸のカクシボタン 第二十六回「港町のランドマーク兵庫大仏」
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝 第74回 声楽家・神戸親和女子大学学長 山本 裕之
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第二十四回
触媒のうた(60) ―宮崎修二朗翁の話をもとに―