2011年
12月号

日本の文化「お葬式」を守り、 継承していくために

カテゴリ:, 神戸, 経済人

神戸で皆様とともに72年 株式会社公詢社

「フューネラル神戸四季」 オープン

今回、我が社の本社ビルをリニューアルし、「フューネラル神戸四季」をオープンしました。日本独自の「お葬式」という文化を守り、継承していくため、今一度原点に立ちかえるという気持ちを込め、館内は和風の設計に致しました。北区の「フューネラル神戸迎賓館」は洋館ですから、対照的なのです。非常に落ち着いた雰囲気だと、おかげさまでご好評をいただいており、またお寺の関係者の皆さまには、お経がとても良く響くとお褒めのお言葉をいただいております。
おもてなしの特徴としては、当館ではご葬儀の運営や進行などのスタッフは、すべて女性が行っております。また納棺師も女性です。彼女は北海道に数年修業に行き、このたび当館に戻って参りました。女性ならではのやさしさ、お母さんのぬくもりのようなおもてなしの中で、お別れをしていただきたいという思いからです。
近年では、さまざまなお葬式の形が現れており、日本人に引き継がれてきた、心のこもった地域のお葬式というものが失われつつあるのではないかと、私は危惧しています。またこれまで、ご葬儀というと葬儀社がすべて価格を決めてきましたが、当館では、ご家族様からご予算をいただき、予算に合わせたお式を提案させていただきたいと思っております。それが現代に合った形であり、日本の葬儀文化を守るためには必要なことです。「この道の王道を、正々堂々と歩んでいきたい」というのが願いであり、社員たちにも常々言い聞かせています。
私がパーソナリティをつとめるラジオ番組「あるがままに」では、ご葬儀や命、出会いについてのお話をさせていただいております。葬儀業界のラジオ番組は全国でも珍しいそうですが、皆さまにもぜひお聞きいただき、ご葬儀文化や日本の心についてお考えいただく機会になれば大変嬉しく存じます。(ラジオ関西「あるがままに」毎週日曜日21時~21時30分)

1階ホール(前方にはスクリーンが下り、プロジェクターでお写真等を投影することができます)

2階ホール(ご家族葬にお使いいただきやすい広さです

あしらいに日本の四季を感じる

株式会社 公詢社
取締役社長 𠮷田 長二 さん

フューネラル神戸四季

フリーダイヤル0120-18-4440
神戸市兵庫区西宮内町2-18 
TEL.078-671-4440

未来への視点 有馬温泉ゆけむり大学へ行こう
連載第三回 神戸発ときめきクルーズ
桂 吉弥の今も青春 【其の二十】
発信!デザイン都市  ひょうご・こうべ 歴史絵巻|扉
ひょうご・こうべ 歴史絵巻ー時代の節目に必ず登場 歴史の舞台になった神戸
平清盛が夢見た和田京と懐中仏を奉納し頼りにした「宝満寺」
ひょうご・こうべ 歴史絵巻ー須磨・平安貴族の月見の名所に 月見の「傘亭」が復元
ひょうご・こうべ 歴史絵巻ー「福原の殿舎において髑髏の妖怪が襲う」歌川広重画
扉— あおによし 奈良へぶらりと初詣 〜神戸発!阪神なんば線経由・近鉄で行く〜
東大寺ミュー ジアムから発信
〜神戸発!阪神なんば線経由・近鉄で行く〜あおによし 奈良へぶらりと 初詣
神戸の初詣
神戸 旧居留地ものがたり Vol.4
神戸 旧居留地ものがたり
日本の文化「お葬式」を守り、 継承していくために
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第十二回
神戸市医師会公開講座 くらしと健康 53
福祉のまちを目指して シリーズ The welfare city “KOBE”
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん)芸術家男星編 第24回
KOBEアスリートドリーム! 子どもたちの未来へのメッセージ24
連載 浮世絵ミステリー・パロディ ㊱ 吾輩ハ写楽デアル
[海船港(ウミ フネ ミナト)] ライン河クルーズ③ コルマールからストラスブー…
触媒のうた 10
耳よりKOBE
耳よりKOBE ヘルシーな蒸し料理のお店「蒸亭 MUSHITEI」
有馬歳時記 フランスのエリート校「エセック経済商科大学院大学」の学生が有馬を訪問…