2018年
8月号

ファンタジー・ディレクター 小山 進の考えたこと Vol.5

カテゴリ:スイーツ・パン, 経済人

当事者意識を持って考えよう

僕はよく学校で講演活動をおこなっている。子どもたちは少人数の場でリアクションを取る事は得意なはずだが、100人を超える大人数になると「別に自分くらいはいいだろう」と当事者意識が薄れて全てが他人事になり、「自分だったらどう思うか」という「自分」を持たずに聴く子が増える。いや、それはもはや〝聴いている〟とはいえないかもしれない。
質疑応答の時間でも、本当は質問したい事があるのに「恥ずかしい」気持ちが勝って正しいエネルギーが正しい方向に向かない子が多い。真剣な質問をすると「格好悪い」「恥ずかしい」「真面目ぶっていると思われる」という葛藤が生まれているのだろう。けれど僕はそれを断ち切りたいし、先生もそれを断ち切ってあげてほしい。だから「自分」として訊きたがっている子の存在に気づき、質問をしてくれるような会場の雰囲気へといかに持っていくかが勝負だ。きっかけさえ与えれば、本当に質問がしたいと思っている子が手を挙げて一気に流れが変わる。僕はそんな場面を何度も見て感じてきた。
僕はどの子にも、ちゃんと「自分」として参加して、他人に惑わされないようになってほしいと強く願っている。だから、いかに当事者意識を持ってもらうかが一番大事なのだ。世の中に出たら、どんなことも「自分」として参画していかなければいけない。だからこそ学校にいる間に、せめてそこだけでいいから学んでほしいと思っている。
子どもの頃に当事者意識を持たずに多くの場面を過ごしていると、社会に出て僕たちと一緒に仕事するときに戸惑ってしまう。「自分」として参加してきた経験が少ないから、いざ「自分」として参加しなければならない場面が目の前にきたときにうまくいかず、どうしたらいいのかわからなくなってしまうのだろう。今の学校は当事者意識が無くてもいい空間になってしまっている気がする。先生は忙しくて大変だろうが、それを何とかしてほしい。
僕は学校で子どもたちだけに話をしているのではなく、先生や保護者など大人たち全員に向けても話をしている。その場で僕が問題だと思ったことを、いつも児童や生徒と向き合っている大人たちこそが気づくべきだと思うが、そうではないのはいつしかその状態が普通だと思ってしまい、意識せずに毎日を過ごしてしまっているからなのだろう。違和感を抱かないのは、大人たちの当事者意識が薄いからではないかと思うこともある。だからたまに学校へ行く僕たちが、「おかしくないですか?」と声を掛けることで、慣れてしまっている先生に目を覚ましてもらう必要があるのだ。
当事者意識とは「自分だったらどうするか?」を常々考えることだ。考える習慣が身につけば行動が変わる。そしてその答え合わせの時、それがレベルの上がる瞬間となる。小さなことを考えない人は、大きなことや重要なことを考えるときにどうして良いのかわからない。普段から考えるクセをつけること。これは本当に大切なことだ。
子どもたちに当事者意識を身につけてもらうためには、まず大人が当事者意識を持って考えることだ。考えることを放棄し、諦めている大人たちに育てられている子どもの未来は、果たして明るいだろうか?子どもたちはどことなく大人を見ているものだ。そして考えていない大人に対し、「もうちょっとちゃんとやろうよ」と思っているに違いない。

パティシエ ショコラティエ
小山 進

1964年京都生まれ。2003年兵庫県三田市に「パティシエ エス コヤマ」をオープン。「上質感のある普通味」を核にプロフェッショナルな味を展開し続けている。フランスの「C.C.C.」のコンクールでは、2011年の初出品以来、7年連続で最高位を獲得。2017年11月、開業14周年を迎えた日に、デコレーションケーキ専門店「夢先案内会社ファンタジー・ディレクター」をオープンした

〈2018年8月号〉
KOBE DANDY NIKKE 1896 を着る|河野 忠友・岡崎 忠彦|NI…
レストラン プルミエ|神戸の粋な店
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』 Vol.12
これぞ大人のアメリカンドリーム スヌーピーのデザインホテル PEANUTS HO…
玉置さんの80歳を見てみたいね
猛スピードで変化する環境に適応し、さらに時代の一歩先を読む
連載 神戸秘話 ⑳ ラジオ放送復活の立役者 柴田邦江さん
ファンタジー・ディレクター 小山 進の考えたこと Vol.5
輝く女性Ⅱ Vol.3 大同門株式会社 代表取締役社長 フォーリー 淳子さん
“5つの幸せ”を願って!神戸マツダファンフェスタ2018開催!
マツダが目指すのは、「人間中心のクルマづくり」
創設者・グルームに思いをはせて111年前の服装で記念撮影 神戸ゴルフ倶楽部
有機農業で社会を変えるナチュラリズムファーム大皿一寿さんの挑戦!
思い出深い新開地で再び高座にのぼる喜び
体験しながら楽しく学ぶ「HANSHIN健康メッセ2018」8月24日(金)~26…
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.10
harmony(はーもにぃ) Vol.6 doing と being
音楽のあるまち♬10 ジャズはいつも人々を「動きたくさせる」音楽
今夏は“PNP”ではじけよう! ポートピアナイトプール2018(PORTOPIA…
期間限定のフォトジェニックなビアガーデン HOTEL KITANO CLUB|N…
神戸のカクシボタン 第五十六回 独創的な空間で心躍るひと時を…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十六回
縁の下の力持ち 第2回 神戸大学医学部附属病院 放射線部
半世紀の里程標(マイルストーン)に築いた新社屋と未来への決意
健康は足元から!ゴムの技術で健康産業に貢献
おうちでできる〝絵本の学校〟をフェリシモと絵話塾が始めます
神戸鉄人伝 第104回 洋画家 松下 元夫(まつした もとお)さん
世界の民芸猫ざんまい 第三回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉗ マナイタの上で
おもしろ有馬楽「第8回 兆楽亭」|有馬歳時記