2017年
8月号

連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑮  ほのぼの

カテゴリ:文化・芸術・音楽

今村 欣史
書 ・ 六車明峰

 わたしが米屋をしていたことは以前にも書いたことがある。
 その頃のことだが、月刊で『米屋新聞』というものを発行していた。お米に関する情報を景品付きクイズなどとともにお得意様に提供していたのである。例えば、おいしいご飯の炊き方など、楽しみながら編集していた。
 保存してあるバックナンバーを調べてみると、創刊は1985年5月だからもう32年も昔だ。どうやら40号が最終号らしく、それは1993年春号となっている。終刊のあいさつも書いてないから、また季刊ででも出すつもりだったのだろう。
 約8年間の発行。13号までは手書きのコピー、14号からワープロ作成している。
 その新聞にわたしは詩のコーナーを設けていた。今だからいうが、わたしは“出石彩子”なる仮名で女性が書きそうな詩を創作して楽しんでいた。拙いものだが「左手」と題した一篇を紹介しよう。

そえる
ささえる
受けとめる
わたしの左手はいつも受け身

野菜を刻むとき
針を運ぶとき
おにぎりを握るとき

わたしの左手はいつも
あなたを思っている。

 また、読者であるお得意様から作品を提供してもらったことも何度かあった。
 そんな中で、先年お亡くなりになった神戸の詩人で、NHKテレビ「歴史散歩」の講師を長年つとめられた伊勢田史郎さんの詩をしばらく続けて載せたことがある。
 そのころ全国の米屋向け販売促進雑誌、『ほのぼの』というのがあった。佃公彦さんのほのぼのとした絵が表紙を飾るかわいい冊子だった。これに伊勢田さんが詩を提供しておられたのだ。ただし、わたしはそのころ、詩に興味をもってまだ日も浅く、伊勢田さんのことは全く知らなかった。
 実は今回のこの原稿を書くきっかけが、伊勢田史郎さんの著書『またで散りゆく』(編集工房ノア・二〇一六年十月)を読んだことにある。その巻末の年譜。その中にチラッと『ほのぼの』のことが書いてあって思い出したのだ。
 『ほのぼの』に掲載された詩は、伊勢田さんの詩のイメージとは少し違っていたと思う。例えば、わたしが「米屋新聞」に取り上げた「夏の日」という詩。

水の底でひかっている小石
あかい壁土の蔵が
川に面してならんでいました

廃れた船着場で 女のひとが三人
しろい肌衣を洗濯していました

褪せた紅殻いろの格子のはまった家たち
あかい郵便局のしるしのブリキの看板
母さんは
ぼくの手をひいて町じゅう歩き廻りました

向日葵が一輪
あつい風のなかで揺れていました
白い雲が水にうつって 流れていきました
ぼくは誰にもあわず
緑いろの二匹のちいさな蜥蜴に
“さよなら”といって 帰ってきました

 『ほのぼの』は主に家庭の主婦が読む本だったが、それに媚びることなく、しかしなるべく普通の言葉で深みのある詩を書いておられる。今になって思うと、さすが伊勢田さんだなという感があります。
 
 今、残念なことは、わたしはこの『ほのぼの』を残していないということ。きれいなカラー刷りの冊子だったが一冊も残っていない。わたしの『米屋新聞』には11篇使わせてもらっている。しかしもっと書いておられたはずで、それを読めないのは残念。だが、年譜によると、灰谷健次郎さんなども所属していた同人誌『輪』57号(1983年)と59号(1984年)に再録されていて、それは『米屋新聞』を発行する以前のものだから、わたしにとって未知の作品。その後は年譜に見えないが、もしかしたら他の『輪』には載っているのかもしれないと思い探してみた。生前の伊勢田さんから送って頂いていた『輪』のバックナンバーをわたしは所蔵している。残念ながら57号は見つからず、しかし59号があって、それには12篇が載っていた。さらに年譜には書かれていない61号に12篇が載っていて、「米屋新聞」にお借りした詩も5編が収載されていた。いずれも楽しい詩だ。
 ちなみに私の店の名、喫茶「輪」は、この同人誌の名から頂いたもので、伊勢田さんからお許しを頂いていた。

■今村欣史(いまむら・きんじ)

一九四三年兵庫県生まれ。兵庫県現代詩協会会員。「半どんの会」会員。近著『触媒のうた』-宮崎修二朗翁の文学史秘話―(神戸新聞総合出版センター)。

■六車明峰(むぐるま・めいほう)

一九五五年香川県生まれ。名筆研究会・編集人。「半どんの会」会計。こうべ芸文会員。神戸新聞明石文化教室講師。

〈2017年8月号〉
神戸ウエディングクイーン 須方佳奈さんが歩く神戸「私のこうべ時間」 ―扉
神戸の海と風を感じるクルーズ船|コンチェルト
旧居留地で楽しむランチタイム|YURT-ユルト- 神戸店
神戸発のジュエリーブランド|フラウ コウベ ジャパン 神戸三宮店
世界に2つしかないボディケアショップ|SABON GOURMET -サボングルメ…
イチオシの異人館フォトスタジオ|あばたもえくぼ寫眞館(しゃしんかん)
“認知症にやさしいまち”の実現に向けて|神戸を拠点に40年以上歩んできた日本イー…
まごころをこめて 神戸のクラフトマンたち
まごころをこめて|村岡 靖泰 <スティンドグラス作家>
まごころをこめて|伊丹 里江 <カワノ株式会社 営業企画本部 企画開発室主任> …
まごころをこめて|大平 千鶴子 <株式会社マキシン モディスト、ハットデザイナー…
まごころをこめて|片山 喜市郎 <株式会社喜市 代表取締役>
まごころをこめて|植月 孝昭 <フラウ コウベ ジャパン>
「世界一の花嫁さん」を創る 日本製のオリジナルドレスコレクションが登場!
自然の美しさ、はかなさを繊細なジュエリーで表現 ギメルの世界
瀬戸本淳氏
連載 神戸秘話 ⑧ 深い洞察から甦った伝説の都 難波宮と置塩章・山根徳太郎
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.1
渡邉 美香氏
連載 輝く女性 ⑥ 人と人のご縁をつなぐ、海の社交場にて
神戸シーバスオリジナルグッズ( KOBE SEABUS ORIGINAL GOO…
出張着付けで、どこでも和装ウエディング『おうち婚』
日本の“本物”を海外に紹介
神戸マツダ ファンフェスタ2017 もっとマツダが好きに! そんな2日間
ハッピーなイベントで、マツダの「モノ造り革新」も体感
JAGUAR LAND ROVER PREMIUM EXPERIENCE
英国と神戸 Vol.2 日本におけるサッカーとラグビーの普及に深くかかわったK.…
今すぐ行きたい、東北飛行機旅 Vol.1 宮城県
Power of music(音楽の力) 第20回
ザ・クイーンズ・フィニッシングスクール 佐藤よし子の “特別なもの”との出会い …
第14回 神戸洋藝菓子ボックサン
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十五回
都市部は養蜂に適している
元町の活性化は神戸の活性化 ソフト面の質を向上させる一年に
KOBEの本棚|触媒のうた ― 宮崎修二朗翁の文学史秘話 ― 今村 欣史
KOBEの本棚|政略結婚 高殿円
戦わないという戦いのため、生涯闘い続ける!!
神戸鉄人伝 第92回 マリンバ奏者 間瀬 尚美(ませ なおみ)さん
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十二回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑮  ほのぼの
NEWS神戸百店会
有馬歳時記
神戸のカクシボタン 第四十四回 淡路島のスター達が鉄板の上で競演
7月1日は「みなとまち神戸ビールの日」