2015年
12月号

連載コラム 「第二のプレイボール」Vol.10

カテゴリ:教育・スポーツ

文・写真/岡力<コラムニスト>
引退後にさまざまな世界で活躍している元プロ野球選手が経営する、阪神間の店舗・施設等をご紹介します。

Vol.10 あの感動と興奮をふたたび! 阪急ブレーブスおとな会が発足

 1988年10月19日、川崎球場で近鉄バファローズがリーグ優勝を賭けロッテオリオンズと球史に残る死闘を繰り広げている頃、パ・リーグ最古の歴史を誇る老舗球団「阪急ブレーブス」がオリエントリースに譲渡され消滅した。前月に南海ホークスもダイエーへ売却することが確定していた為、関西人にとって生涯忘れることのできない年となった。
 公私混同でスタートした「第二のプレイボール」。おかげさまで取材を介して様々な同志と繋がることができた。この度、熱狂的な阪急ファンで知られ本企画のキャスティングにも協力頂いている阪本紫朗さんが中心となり「阪急ブレーブスおとな会」を発足。新しい旅立ちを祈念し球団が身売りされた10月19日に正式発表を行った。「阪急ブレーブスは、来年の1月で球団創立80周年を迎えます。まあ、続いていればの話ですが・・・(笑)それを記念してかつての観戦仲間やOB選手がひとつになれるイベントを西宮で企画しています。いわば同窓会です」と語る阪本さん。当日は、レジェンド選手によるトークショーや来場者には、「おとな会・復刻会員証」の配布も予定されている。ファンが指揮を執り、かつての選手や球団関係者を動かし始めた。球団が無くなっても共に戦った人々の熱い思いは、消えることなく燃え続けている。

本誌にもご登場いただいた 山沖之彦様


阪急坊や生みの親 柳原謙一先生

〔球団レジェンドも会の発足を応援!!〕

ミスターブレーブス 長池徳士様


会員証も発行

阪急ブレーブス創立80周年記念イベント開催決定!

日程:平成28年1月23日(土)
場所:阪急西宮ガーデン4階 メモリアルポイント
「旧阪急西宮球場のホームベース」横ガーデンホール
ゲスト:歴代レジェンド選手が多数出演
※詳細は、Facebook「阪急ブレーブスおとな会」で随時公開