2016年
9月号
お出汁の中で崩すのが通の食べ方

神戸のカクシボタン 第三十三回 兵庫・長田で愛されるご当地グルメ「神戸たこ焼き」

カテゴリ:グルメ, 神戸

写真/文 岡 力

 深めの容器にたこ焼きを入れて、お出汁を注ぐ。兵庫区、長田区で古くから愛されている「神戸たこ焼き」(別名「だしたこ」「スープたこ焼き」)がご当地グルメとして注目を集めている。命名者でありブログで魅力を発信する佃和喜さんによると発祥は不明だが昭和30年頃にはあったという。現在、周辺では数十軒にも及ぶお店が提供しており「たこ焼き」と言えばお出汁で食べるスタイルが当たり前とされている。
 早速、佃さんおススメのお店へ足を運ぶことにした。昭和30年創業の「淡路屋」は、地域に愛される飲食店である。店名は、創業者の出身地である淡路島に由来。開業時は、おかずを陳列するめし屋だった。近隣には、三菱重工があり昼夜を問わず従業員が訪れにぎわった。震災の前年より新規ターゲットを見据えてメニューの考案にとりかかる。結果、女性に人気のあったクレープを販売するも子供しか来ず当てが外れる。すぐさま方向を転換し駄菓子の販売を開始。その際、同時に始めたのが昔から馴染みのある「神戸たこ焼き」だった。店主の伊藤由紀さんにお話を伺った。「神戸たこ焼きは、大阪と明石の間みたいな感じですかね。別に違和感なく皆さん注文されます。ポットにお出汁を入れておいて自分の加減で注げるお店もありますよ」。早速、食べてみることにした。驚く事にこれまで口にしてきたそれとは違う味わい・・・あっさりしていてヤミツキになる美味しさである。
 そしてコナモン料理に欠かせないのが口直しに最適な「アップル」とよばれる透明瓶に入った黄色いジュース。多くのお店が仕入れており神戸の下町を代表するご当地飲料である。これまで絶えることなく一部の地域で親しまれてきた郷土の味。どんぶりを両手で持ち上げ慈しみながらお出汁をすする。

お出汁の中で崩すのが通の食べ方

お出汁の中で崩すのが通の食べ方


20160908802
20160908803

■淡路屋

神戸市兵庫区笠松通り7丁目3-6
営業時間 11時30分~18時30分
定休日 日曜

■岡力(おか りき)コラムニスト

ふるさとが神戸市垂水区。著書「アホと呼ばれた’80S」「噂の内股シェフ」「関西トラウマ図鑑」連載「のぞき見 雑記帳」(大阪日日新聞)「Oh!二度漬けラジオ」(YES-fm)

〈2016年9月号〉
ぶらり私のKOBE散歩|美味しさは楽しさ!
芦屋山手のフロントライン「東山町」その三
阪神間モダニズムの真髄とは?
高齢化社会のくらしを考える
くらしと医療を考える
ファッション都市・神戸の未来を語る
早くて安い!神戸空港からひとっ飛びの旅!!|神戸〜鹿児島の飛行機旅(前編)
梵字について
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具 2
文学を生み出す、夙川の不思議な力
「西神飯店」 「神源」誕生秘話 ③
第3回 神戸洋藝菓子ボックサン
対談/進化する名門私立中学校 第1回 灘中学校
神戸のカクシボタン 第三十三回 兵庫・長田で愛されるご当地グルメ「神戸たこ焼き」…
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ④  読書遍歴
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第三十一回
神戸鉄人伝 第81回 野元 正(のもと ただし)さん
田辺眞人のまっこと!ラジオ
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第六十四回
連載コラム 「第二のプレイボール」|Vol.19
JAGUAR F-PACE DEBUT!
Kamine Watch Jam! vol.4
芦屋山手フロントで理想の邸を
ガゼボショップが提案する“上質なくらし”③
連載 ミツバチの話 ②
Power of music(音楽の力)第9回
いかり神戸三宮店 グランドオープン!
ぶらり私のKOBE散歩|美味しさは楽しさ!|渋くやさしいS字カウンター「S」
ぶらり私のKOBE散歩|美味しさは楽しさ!|そぼくでシンプルな南仏のパン「Pla…
ぶらり私のKOBE散歩|美味しさは楽しさ!|天ぷらを気軽に立ち呑みで「國 KOK…
ぶらり私のKOBE散歩|美味しさは楽しさ!|シンプルで美味い創作料理「たべよし」…
ぶらり私のKOBE散歩|美味しさは楽しさ!|低糖質ごはんをおいしく・楽しく「アー…