2011年
10月号

2011 関西合同三田会 in KOBE

カテゴリ:教育・スポーツ

関西合同三田会への期待

およそ学校の価値というものは、卒業生によって決まるものである、と思っています。卒業生がどれだけ社会を良くするために貢献しているか、そして卒業してからもどれほど学校のことを愛してくれているか、ということです。その意味で、関西合同三田会の皆様方が、ビジネスの場で、公共の場で、あるいは家庭や地域社会において社会をより良くすることに貢献され、そして慶應義塾の塾員であることに誇りを持って常に義塾のことを想ってくださっていることは、まことに有り難いことであります。
御承知のとおり福澤諭吉は、大阪の堂島で生まれ、長じて瓦町にあった緒方洪庵の適塾で学びました。神戸では、明治11年の神戸商業講習所(兵庫県立神戸商業高等学校の前身)の開設にあたって、当時の兵庫県令・森岡昌純は、福澤諭吉に協力を依頼し、福澤が全面的に協力、業務一切を引き請けた、といったこともありました。また三田の旧藩主九鬼隆義は、廃藩後に主要な旧藩士とともに神戸に移り、貿易商社志摩三商会を設立するなど、福澤の思想を実践した人物の一人だと言われています。福澤も公私にわたって九鬼を助けました。
九鬼をはじめ、関西では福澤諭吉の考えを受け継ぎ、地域社会において様々な活躍をされた方々が続出しました。関西の発展に多くの塾員が貢献してこられたことは、慶應義塾の誇りでもあります。これからも関西合同三田会の皆様が、慶應義塾で学ばれたことを活かし、関西、日本、さらには世界の社会をより良くするために貢献されることを願っています。
福澤先生の時代にそうであったように、慶應義塾で学んだ塾生が地方に戻り、地方の活力になることが義塾の果たすべき使命のひとつだと考えております。すでに「学問のすゝめ奨学金」や、法学部の「FIT入試(AO入試)」といった、東京圏以外からの学生が慶應義塾に進学しやすいようにするための、新たな具体的施策も進めております。これからも慶應義塾が関西の皆様にますます愛されることを願うとともに、慶應義塾の卒業生が関西の活力を大いに高めてくださることを期待しています。

清家 篤

慶應義塾長

〈2011年10月号〉
フロントアート
特集 ー扉 秋 魅力のコンテンツ
interview 私の神戸再発見
interview 神戸ブランドで共生を
interview 新しい銀行体験を提供
連載第二回 神戸発ときめきクルーズ
絵のある風景
桂 吉弥の今も青春 【其の十八】
扉 発信!デザイン都市 集うよろこび
2011 関西合同三田会 in KOBE
~会長からのメッセージ~ 神戸の経験を東北の未来へ
食品コンビナートにインフラ提供
病気を治す名医だけでなく、病気にさせない名医になりたい
コンサルティング・サービスならおまかせ
[対談]学びと教え 実学のよろこび
同窓の絆を改めて実感!流通科学大学 第6回ホームカミングデー
集うよろこび
神戸旧居留地ものがたり NYのモダンをお届けします Vol.2
集合!有馬を支える 花板さん 扉
世界のスパリゾート「有馬温泉」に向けて
集合!有馬を支える花板さん 有馬グランドホテル
集合!有馬を支える花板さん 有馬ロイヤルホテル
集合!有馬を支える花板さん 奥の坊
集合!有馬を支える花板さん 角の坊
集合!有馬を支える花板さん 月光園 游月山荘・鴻朧館
集合!有馬を支える花板さん 陶泉御所坊
集合!有馬を支える花板さん 竹取亭円山
集合!有馬を支える花板さん 銀水荘 兆楽
集合!有馬を支える花板さん ねぎや陵楓閣
集合!有馬を支える花板さん 兵衛向陽閣
集合!有馬を支える花板さん 御幸荘花結び
有馬歳時記 日本温泉科学会 有馬温泉大会が開催
有馬みやげ 新旧
みんなの医療社会学 第十回
神戸市医師会公開講座 くらしと健康 51
月刊KOBECCOセレクト KOBEの本棚
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第22回
KOBEアスリートドリーム! 子どもたちの未来へのメッセージ22
二代目「神戸ウエディングクイーン」が決定 ウエディングの街・神戸の魅力を笑顔で発…
連載 浮世絵ミステリー・パロディ ㉞ 吾輩ハ写楽デアル
[海船港(ウミ フネ ミナト)] ライン河クルーズ① ロッテルダム港&神戸港
触媒のうた 8