2019年
1月号

ファンタジー・ディレクター 小山 進の考えたこと Vol.9

カテゴリ:スイーツ・パン

儚さに宿る素晴らしき世界 wonderful world

ショコラの発想は、厨房で生まれるのではない。日常生活の中で生まれるものだ。アクティブに動くことがすべての原動力で、時に反省しその瞬間瞬間の自分のレベルを知ること、そして次にやるべきことを見つけること。それが僕のスタンダードだ。発想は最初、漠然と輪郭だけだが、毎日考えているといろいろなキーワードが出てくる。僕はそれを忘れないように全部書き留めているが、日々整理され、進化していく。それくらい真剣に何か月も考えてから試作に入るが、それまでに形はほぼ出来上がっている。
この連載の第一回で、2018年の「C.C.C.」に出展するショコラのテーマは「儚さ」になるかもしれないと綴った。それからまた発想が深まって最終的には「What A Wonderful World」となった。一瞬の香りは通り過ぎてしまえば消えてしまうし、気にしなければ何もなかったことと一緒だ。でもその香りを閉じ込めたいという思いや、気にする、つまり覗いて初めて見える世界(Wonderful World)を表現したいという思いからテーマを深掘りしたのだ。
インスピレーションを得たのは、カシスの新芽の香りから。ブルゴーニュのレストランで食べた料理のソースが、これまで体験したことのない香りがした。これは何か?と尋ねたら「カシスの新芽」という。次の日、畑でカシスの新芽を潰したら、グリーンの香気がありながらペッパーのような香りもして、でもカシスの果実の芳香もある不思議な香りに包まれた。よし、これでショコラを創ろう。そう決心したのだ。新芽にはカシスの生命力が凝縮されていて、そのポテンシャルがやがて果実になると考えた。そういう発想は、カシスの新芽との出会いという瞬間がなければ出てこない。
菊の花の香りもカシスの新芽とテンションが似ている。今回は台湾の高地に自生する野菊の花を選んだ。これはパッションフルーツのような香りがする。わずか5日間しか咲かない儚い花だが、一番香りが強いという3日目に摘み、その菊の葉も合わせて創り上げた。葉の苦みもアクセントになっている。
フレッシュな赤紫蘇も良い香りだが、生産地や生産者で香りが違う。たまたま付き合いのある生産者の赤紫蘇は本当に良い香りがしたのだけど、昨年の夏は猛暑の影響で全滅してしまったのだ。それでいろいろと探し、北海道の洞爺湖の近くで育ったものを試したらすごく近い香りがした。その「近い」をいかに「同じ」か、むしろそれ以上まで質を高められるか、そこが我々プロとしての腕の見せ所である。
カカオはもともと飲み物で、唐辛子を入れて飲んでいたという歴史がある。今回は「チレ・パッシージャ・オアハカ」というオアハカ村でつくられている唐辛子の燻製を使った。僕が気に入る香りを、市場のお店を70軒くらい回って見つけてきた。完熟した唐辛子を使っていることが前提で、乾き具合も手触りで確かめる。それだけのためにメキシコへ行ったのだが、ピンポイントを狙うと面白い。
今回も30種試作したが、以上の4種「野菊の香り」「赤紫蘇のプラリネ」「カシスの新芽~ロマネ・コンティ フィーヌ・ド・ブルゴーニュのアクセントで~」「オアハカ~香りと刺激の二重奏~」で出展し、8年連続で最高位「ゴールドタブレット」の評価をいただいた。
儚さに輝きを見る。それに気がついたことは幸運だし奇跡だ。こういう見方をすると、世界には素晴らしいものがまだまだいっぱいある~まさに素晴らしき世界(wonderful world)なのだ。
そして人間もまた儚いもの。僕にも寿命があるから、これからいつまでショコラを創り続けられるかわからない。だけど積み重ねてきた歳を経験値として、これまでとは違った目線でいろいろなものを見られるような大人になっていけば、若い子たちにもっといろいろなことを伝えられると思う。僕はショコラに、人生を重ね合わせている。

パティシエ ショコラティエ
小山 進

1964年京都生まれ。2003年兵庫県三田市に「パティシエ エス コヤマ」をオープン。「上質感のある普通味」を核にプロフェッショナルな味を展開し続けている。フランスの「C.C.C.」のコンクールでは、2011年の初出品以来、7年連続で最高位を獲得。2017年11月、開業14周年を迎えた日に、デコレーションケーキ専門店「夢先案内会社ファンタジー・ディレクター」をオープンした

〈2019年1月号〉
“高級”ではなく、“一流”を実感! 焼肉の名店が、兵庫県に初出店。
私の神戸創生論① 未来に向けて動き始めた神戸、新しいまちが生まれようとしている
創業50周年を迎え、シュゼット・ホールディングスの新たな挑戦
輝く女性Ⅱ Vol.8 株式会社プラスリジョン 代表取締役 福井 佑実子 さん
甲南大学同窓会 REBORN 61 !  「オール甲南の集い」
三宮トアイーストに夢のような花園 話題のハーバリウムを手作りできる 「Paris…
音楽のあるまち♬15 サックスの素晴らしさを伝え、可能性を広げたい
レクサスと日本のモノづくり ⑤
神戸のお嬢さん 株式会社 カミネ 上根 彩 さん
神戸大人スタイル クアドリフォリオ 久内 淳史 さん
創作料理 「北野 新月」|神戸の粋な店
兵庫県のANDO建築探訪 ① ローズ・ガーデン 神戸市中央区 1977年完成
ファンタジー・ディレクター 小山 進の考えたこと Vol.9
永田良介商店|オーダーメイド家具[KOBECCO Selection]
アレックス|ヘアサロン[KOBECCO Selection]
マキシン|帽子専門店[KOBECCO Selection]
ガゼボ|インテリアショップ[KOBECCO Selection]
御菓子司 常盤堂|和菓子[KOBECCO Selection]
北野ガーデン|フレンチレストラン[KOBECCO Selection]
MonStork(モンストーク)|婦人服[KOBECCO Selection]
il Quadrifoglio(クアドリフォリオ)|ビスポークシューズ[KOBE…
ゴンチャロフ製菓|チョコレート[KOBECCO Selection]
STUDIO KIICHI|革小物[KOBECCO Selection]
ウエディングサロンイノウエ|ウエディングドレスショップ[KOBECCO Sele…
マイスター大学堂|メガネ[KOBECCO Selection]
ボックサン|神戸洋藝菓子[KOBECCO Selection]
トアロードデリカテッセン|デリカ[KOBECCO Selection]
北野クラブ|フレンチレストラン[KOBECCO Selection]
「神戸で落語を楽しむ」シリーズ 落語は温泉みたいなもの
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第九十一回
対談/個性を育む私立中学の教育 第5回 滝川中学校
縁の下の力持ち 第7回 神戸大学医学部附属病院 集中治療部
JAGUAR LANDROVER HIMEJI OPEN!
イニエスタ選手、 兵庫県立 こども病院を訪問
「ウエディングのまち神戸」のさらなる発展を「神戸プロポーズの日」開催!
世界一のクリスマスツリー 生田森坐社の鳥居に
西宮ガーデンズゲート館がオープン
着物デザイナーが贈る和柄文様のチョコレートがumieに!
洋菓子の「ボックサン」監修 KOBE BOLERO お菓子楽団
harmony(はーもにぃ) Vol.11 「世界一貧しい大統領」ホセ・ムヒカ氏…
神戸のカクシボタン 第六十一回 あれこれ鉄板で踊る隠れた名物 お好み焼 ひかり
ひょうご五国 + ワールドフェスタ 開催!
小学生たちが車いすバスケットボールを体験!|神戸南ロータリークラブ
新春インタビュー 本物のハンドメイドによるフルオーダー 「ビスポーク・スタイル」…
連載コラム 「続・第二のプレイボール」|Vol.5
神戸鉄人伝 第109回 ファッションデザイナー 藤井 美智子 (ふじい みちこ)…
世界の民芸猫ざんまい 第八回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から (32) 海尻巌 Ⅱ