2017年
11月号

独特の世界観を持ち、聴く人を魅了する

カテゴリ:文化・芸術・音楽, 文化人

神戸に拠点を置いてまだ1年余り。100回以上のライブで歌い、神戸、
そして兵庫県の人たちを魅了している小関ミオさん。この街のこと、歌のことなどお聞きした。

歌手 小関 ミオ さん
singer songwriter MIO KOSEKI

1本のメールから人とつながり、輪が広がり

―小関さんはずっと東京で活動されていたのですか。

作詞・作曲の仕事やCMソング歌唱、月1ペースでライブをしていました。昨年は特に音楽との生き方や表現について葛藤模索している時期でもありました。ところが昨年9月に突然、「あなたが歌うCMソングを聴きました。きっとあなたの声は神戸に似合うと思う。神戸に歌いに来てください」とメールを頂きました。

―そのメールの主が「IN the Mood」を主宰する波戸岡正章さんだったのですね。

はい。波戸岡さんが聞いてくださったのは「この歌のニュアンスを出せる人は他にはいない。この曲は絶対にENVIE(作家時のペンネーム)に歌って欲しい」とCM音楽プロデューサーさんから初めて言われて頂いた仕事でした。私の歌を聴いている人がいたんだとビックリしたし、とにかく嬉しかったし、でももしかしたら怪しい人かも知れないと思いました(笑)。

―でも神戸へやって来た?

HPを見てみたら、名だたるアーティストさんのイベントをプロデュースされていて、「ここに無名の私が加わる?
この人、何を考えているんだろう?」と。とにかく会って話してみたいと神戸にすぐ行きました。

―来てみたら?

忘れもしない昨年の9月27日、三宮駅に着くと波戸岡さんが自転車を2台用意して待っていました。資料やデモCDを詰め10キロはあるリュックを背負った私もいきなり自転車に乗って、神戸の街並みを見て回ったり、色んなメディアや音楽関係者の方に挨拶させて頂いたり、名店喫茶やバーなどを一日で沢山回りました。その時行った一つがクラブ月世界。「ぜひここで歌ってほしい」「いえ、私は裏方ですから…」と。

―それからたった1年で100回近くのライブを?

神戸の路地裏には素敵なバーや喫茶店があって、昔は音楽が溢れていた。そんなシチュエーションは今も整っている。投げ銭でもいいから路地裏から神戸でライブを始めてみようと、「ボンマリアージュ」からスタートしました。マスターに、「通りを歩く人の足を1秒でも止めてみろ。そうでなくては歌う意味はない」と言われたのですが、最初はお客さん1人、2人…気が付けば人だかりができていました。今では、厳しかったマスターもとても応援してくれています。

―神戸の街や人はどうですか。

他県から突然やってきた自分のことを両手を広げて迎えてくれて、一緒に街を盛り上げようと言ってくれて、皆さん優しい。ライブの会場もどんどん増え120回以上が決定して、実はファイナルの月世界も100回目ではなくなっているんです。神戸の街に育ててもらっています。

ジャンル分けはしない 自然体のままで歌う、私の歌

―フランスとのつながりは。

小学生の頃からクラシックバレエをやっていて、将来はバレリーナになってオペラ座があるフランスに住むと勝手に思い込み、フランス映画を観て、フランス音楽を聴いてフランス語の勉強をしていました。ダンスや音楽以外に好きなものがフランス語だったので、大学はフランス文学科を受験して、卒業後は音楽関係の会社に就職しましたが、友人に頼まれて作ったフランス語のデモをきっかけに音楽制作に目覚めて、その後はもう思い切って音楽の勉強をしようとパリへ行きました。

―小関さんにとってのフランスとは。

パリの街には芸術が溢れています。ピカソやダリなど外国からも芸術家たちが沢山移り住んで、生活を通して作品を生み出していました。彼らが住んでいたアパートは今も残っていて、そこに住んで芸術を生み出すアーティストたちがいる。お金が無くても不幸でも、セーヌ川の流れ、水面に写る街灯、空に飛び交う飛行機雲を見上げてごらんよ、美しいだろうって。そんな素直な音楽がいっぱいある街。こんな風に生きたら素敵だよって教えてくれる国です。

―ご自分の歌はどんな歌だと思っていますか。

饒舌な言葉で歌い上げるというよりは、拙い言葉でも人を癒すような歌が私は好きです。波乱万丈の人生を歩んだエディットピアフのようには歌えないし、「イエーイ!」って元気にも歌えないし、自然体のまま、今の自分の生き様が出る、生活するようなそんな歌でありたいと思っています。

―いわゆるシャンソンですか。

本来の意味でのシャンソン(仏語で歌の意)は、演歌でありフォークソングであり、歌そのもの。だからジャズ、シャンソンなどというジャンル分けすることなく、シチュエーションに合えば行き来してもいいし、進化していってもいい。それがまたスタンダードになったらいいなと思っています。

―街を盛り上げるために何か一緒にできたらいいですね。よろしくお願いします。

こちらこそ、ぜひよろしくお願いします。

ライブ情報は今後どんどん増えてまいります。ぜひ、公式ホームページでチェックを! 
http://www.envie-official.com/

〈2017年11月号〉
串あげ やす桜|神戸の粋な店
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.3
料理屋植むら|美味しいおせち料理
パントリー 芦屋店|美味しいおせち料理
ベル・ターブル|美味しいおせち料理
リストランテ・ベリーニ|美味しいおせち料理
絢爛亭|美味しいおせち料理
いかりスーパーマーケット|美味しいおせち料理
グランドフードホール|美味しいおせち料理
施家菜|美味しいおせち料理
ホテル竹園芦屋|美味しいおせち料理
美味しいもの、いいものが集まる夙川のくらし ―扉
年齢を重ねるごとに美しく|Bonne qualite (ボンヌカリテ)
軽食やワインのおともに、総菜パン|BOULANGERIE MIYANAGA (ブ…
本格的な大人のフランス菓子を手軽に|AUX BONS GATEAUX BIGOT…
見て楽しく、食べて美味しい|GIVERNY (ジヴェルニー)
お客さんとつながり、可能性を広げたい|CONCENT MARKET (コンセント…
気軽に立ち寄れる〝ワインセラー〟|recork (リコルク)
見えないところも一手間かけるプロの料理|葉音(はあと)
本格的韓国料理に日本のテイストも|嘉門 芦屋コリアン亭
心地よい音の響きを楽しみながら大人の時間を過ごす|BAR & JAZZ Club…
緑豊かな山々と四季折々の花々を楽しむ|西宮市北山緑化植物園
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.4
連載 神戸秘話 ⑪ シネマのために生まれた男 映画監督・舛田利雄
AU BON GOUT BIGOT(オー・ボン・グゥ・ビゴ)|美味しいおせち料理…
カーヴ・ド・テール|美味しいおせち料理
絢爛亭のおせちは〝美味しくいただけて体にいい〟母の味
連載 輝く女性⑨ 外国人が介護士・看護師として活躍 その就労支援に早くから注力し…
関西屈指の文教地区“六甲”について ー扉
わが国の経営学は、神戸大学からはじまった|関西屈指の文教地区“六甲”について
六甲山の麓で開校以来80年ずっと変わらない教育理念|関西屈指の文教地区“六甲”に…
鍛え、蓄えた力を他者のために使う。この精神を忘れずに|関西屈指の文教地区“六甲”…
広い視野と深い心を持った大きな人間を育ててほしい|関西屈指の文教地区“六甲”につ…
10月13日 ジャガー・ランドローバー姫路 OPEN!
神戸市立須磨離宮公園
音楽のあるまち♬ 2 「スーパーストリングスコーベ」 第1回 定期演奏会開催
独特の世界観を持ち、聴く人を魅了する
神戸のカクシボタン 第四十七回 思い出がつまった玉子焼 こだま
Power of music(音楽の力) 第23回
ザ・クイーンズ・フィニッシングスクール 佐藤よし子の“特別なもの”との出会い ⑯…
英国と神戸 Vol.5 日本初の英国王立建築協会公認建築士 桜井小太郎と神戸市立…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十八回
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.1
第7回KOBE豚饅サミット2017開催!
玉岡かおる 『花になるらん 明治おんな繁盛記』発刊!
神戸鉄人伝 第95回 声楽家 松本 薫平(まつもと くんぺい)さん
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十五回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑱  編集工房ノア
第21回「国際現代」水墨画公募展 向山和子主宰|Report KOBE
秋風の宴 芝能「善知鳥(うとう)」を開催|NEWS 神戸百店会
せとうちDMO・村木智裕さんが語る 瀬戸内の中の有馬温泉の役割
UCCコーヒー博物館