2017年
11月号
2008年神戸市で外国人への就労支援会社「AXCY(アクシ)」を起業された元地さん。2016年11月にソビエル(本社・大阪)に業務を移行、会社名も新たに事業に邁進されています。外国人の就労支援を勧めてきた草分けとして話題を呼び、マスコミにも頻繁に登場されています。

連載 輝く女性⑨ 外国人が介護士・看護師として活躍 その就労支援に早くから注力した若き起業家

カテゴリ:教育・スポーツ, 神戸

インタビュアー・伊藤 紀美子

第9回は、日本に住む外国人の医療福祉人材育成に力を入れているソビエルの元地裕子さんです。日本の医療福祉現場で今、深刻な課題となっている人材不足。その人材確保手段の一つとして、10年も前から国内在住外国人の採用に着目し、外国人介護士・看護師の育成に取り組まれています。

─フィリピンやベトナムなどを中心に、約10ヶ国にわたる日本に住む外国人を介護職員として育成し、介護施設にヘルパースタッフとして紹介しておられます。人材派遣業に携われていた元地さんが、この事業を展開されるようになったのは?

 専門性のある役務提供に対価が払われるというのが人材派遣業ですが、経済のグローバル化につれ、本来の目的とずれてきていることに疑問を持ちました。特に外国籍の方は人材というより労働の派遣として単純作業や裏方業務にまわされることも多い。私の知人のフィリピン人の女性たちも景気が悪くなると一番に雇用を切られてしまう単純労働に甘んじていました。明るく、世話好きな彼女たちの適正を活かせる職場があるはずと考えたのが最初です。

─就労支援の場として医療福祉現場を選ばれたのは?

 フィリピン人をはじめ、外国人の多くは大家族で生活する文化があります。祖父母と共に暮らすことで育まれた優しくおおらかな心や目上の人を敬う習慣を、医療福祉の現場で発揮できるのではないかと思いました。日本人、外国人とわけるのではなく、ましてや日本人がやりたくない仕事、嫌な仕事をかわりにやってもらうのではない。働く各々が個々の能力を高めることで、施設を利用する人に喜んでもらえればと。

─それこそが本来の人“財”派遣であると。2008年に起業され、事業はスムーズに進みましたか。

 外国人=安い労働力という考えが世間ではまだ根強く、苦労しました。施設への説明を地道に重ねることで、口コミで評判が広がり、頼りにしてもらえるようになりました。

─提案される外国人はモチベーションが高く、日本で働く上で必要な基礎訓練、介護講習を経て現場へ就労されているそうですね。

 施設のヒアリングをもとに採用条件に最適な人をご提案します。就業初日から数日間は弊社の担当職員が同行し、双方の間に立って調整させていただきます。施設の方、施設ご利用者様やそのご家族様から喜んでいただいています。彼女たちの真剣に学ぼうとする姿勢が日本人の職員の方達の良い刺激にもなっているようです。3年前から、外国人看護師の育成事業も始め、挑戦したスタッフについては全員合格し、医療現場へ正社員として就職、活躍しています。
 今後も、「外国人の可能性を信じ、活躍の場を広げる」国籍を超え、お互いの多様性を認め、全ての人が、生き生きと仕事が出来る世の中になるお手伝いをしていけたらと思っています。

─EPA締結後、外国人に対する認識も変わりつつあります。足りないから補うのではなく、共に専門性を高めていく、少子高齢化の日本における新しい働き方の提案事業としてぜひ先陣を切って進めてほしいと思います。

2008年神戸市で外国人への就労支援会社「AXCY(アクシ)」を起業された元地さん。2016年11月にソビエル(本社・大阪)に業務を移行、会社名も新たに事業に邁進されています。外国人の就労支援を勧めてきた草分けとして話題を呼び、マスコミにも頻繁に登場されています。

元地 裕子(もとじ ゆうこ)

神戸市出身。6年間人材派遣会社にてチーフコーディネーターとして勤務。2008年地元神戸にて、外国人専門の就労支援会社を設立。外国人の医療福祉人材育成に力を入れ、外国人介護技能実習制度の受け入れ組合のアドバイザーも努め、大学講師、セミナー講師、各種講演なども行っている。趣味は音楽・旅行

株式会社ソビエル

大阪市中央区博労町4-7-5本町TSビル6F
TEL.06-6224-0683

伊藤 紀美子(いとう きみこ)

田嶋株式会社 代表取締役社長
神戸生まれ。95年より同社社長に就任。02~06年神商議女性会会長、07年から国際ビジネス委員長。16年、女性初で神戸商工会議所の副会頭に就任。
田嶋株式会社/1899年、繊維を主体とした貿易商社としてスタート。会社創業110周年の2009年に美容&健康分野を新設。オリジナルブランドのスキンケア「PLUSUI(プラスイ)」を開発販売。同ブランドでナチュラルミネラルウオーターも販売

〈2017年11月号〉
串あげ やす桜|神戸の粋な店
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.3
料理屋植むら|美味しいおせち料理
パントリー 芦屋店|美味しいおせち料理
ベル・ターブル|美味しいおせち料理
リストランテ・ベリーニ|美味しいおせち料理
絢爛亭|美味しいおせち料理
いかりスーパーマーケット|美味しいおせち料理
グランドフードホール|美味しいおせち料理
施家菜|美味しいおせち料理
ホテル竹園芦屋|美味しいおせち料理
美味しいもの、いいものが集まる夙川のくらし ―扉
年齢を重ねるごとに美しく|Bonne qualite (ボンヌカリテ)
軽食やワインのおともに、総菜パン|BOULANGERIE MIYANAGA (ブ…
本格的な大人のフランス菓子を手軽に|AUX BONS GATEAUX BIGOT…
見て楽しく、食べて美味しい|GIVERNY (ジヴェルニー)
お客さんとつながり、可能性を広げたい|CONCENT MARKET (コンセント…
気軽に立ち寄れる〝ワインセラー〟|recork (リコルク)
見えないところも一手間かけるプロの料理|葉音(はあと)
本格的韓国料理に日本のテイストも|嘉門 芦屋コリアン亭
心地よい音の響きを楽しみながら大人の時間を過ごす|BAR & JAZZ Club…
緑豊かな山々と四季折々の花々を楽しむ|西宮市北山緑化植物園
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.4
連載 神戸秘話 ⑪ シネマのために生まれた男 映画監督・舛田利雄
AU BON GOUT BIGOT(オー・ボン・グゥ・ビゴ)|美味しいおせち料理…
カーヴ・ド・テール|美味しいおせち料理
絢爛亭のおせちは〝美味しくいただけて体にいい〟母の味
連載 輝く女性⑨ 外国人が介護士・看護師として活躍 その就労支援に早くから注力し…
関西屈指の文教地区“六甲”について ー扉
わが国の経営学は、神戸大学からはじまった|関西屈指の文教地区“六甲”について
六甲山の麓で開校以来80年ずっと変わらない教育理念|関西屈指の文教地区“六甲”に…
鍛え、蓄えた力を他者のために使う。この精神を忘れずに|関西屈指の文教地区“六甲”…
広い視野と深い心を持った大きな人間を育ててほしい|関西屈指の文教地区“六甲”につ…
10月13日 ジャガー・ランドローバー姫路 OPEN!
神戸市立須磨離宮公園
音楽のあるまち♬ 2 「スーパーストリングスコーベ」 第1回 定期演奏会開催
独特の世界観を持ち、聴く人を魅了する
神戸のカクシボタン 第四十七回 思い出がつまった玉子焼 こだま
Power of music(音楽の力) 第23回
ザ・クイーンズ・フィニッシングスクール 佐藤よし子の“特別なもの”との出会い ⑯…
英国と神戸 Vol.5 日本初の英国王立建築協会公認建築士 桜井小太郎と神戸市立…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十八回
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.1
第7回KOBE豚饅サミット2017開催!
玉岡かおる 『花になるらん 明治おんな繁盛記』発刊!
神戸鉄人伝 第95回 声楽家 松本 薫平(まつもと くんぺい)さん
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十五回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑱  編集工房ノア
第21回「国際現代」水墨画公募展 向山和子主宰|Report KOBE
秋風の宴 芝能「善知鳥(うとう)」を開催|NEWS 神戸百店会
せとうちDMO・村木智裕さんが語る 瀬戸内の中の有馬温泉の役割
UCCコーヒー博物館