2017年
11月号
「オペラの舞台は重労働ですよ、終わった時は3キロくらい体重が減っていたりします」と松本さん。「まあ、打ち上げのビールで元に戻りますが」

神戸鉄人伝 第95回 声楽家 松本 薫平(まつもと くんぺい)さん

カテゴリ:絵画

剪画・文
とみさわかよの

声楽家
松本 薫平(まつもと くんぺい)さん

 オペラ「蝶々夫人」終盤、松本薫平さんによるソロが終わると、会場は拍手に包まれました。「ブラボー!」の声の主はやはり声楽家の父、松本幸三さん。お二人は親子二代、神戸を代表するテノール歌手です。イタリア声楽コンコルソテノール特賞をはじめ兵庫県芸術奨励賞、神戸市文化奨励賞ほか数々の賞に輝き、ソリストとして活躍中の松本薫平さんにお話をうかがいました。

―松本家と言えば、声楽家のお父様とピアニストのお母様に始まる音楽一家なわけですが、やはり子供の頃から音楽に親しんで?
 まあさすがに音楽と、それから体育の成績はよかったです。小学生の頃バタフライで水泳の全国大会に出場、決勝まで残ったくらい。ピアノは宿命のごとくやらされましたが、あまり熱心ではなく練習しませんでした。それで何か楽器をと勧められ、チェロを選びました。中学時代はカッコいい先輩に憧れて、ヘビメタにはまりました。父は怒るどころかドラムを貰って来てくれたり、自由にいろんなことやらせてくれました。

―声楽の道へ進むと決めたのは?
 中学3年生の受験前です。チェロで音楽高校への受験を考えていました。お名前をお出しするのもおこがましほど、すばらしい先生に師事していたのですが、あいにく実力が伴わず、とても受験に間に合わないと言われてしまいました。たまたま講習での視唱の授業で「いい声してるね」と言われたので、それを父に言ったら「じゃあ声楽をやればいい」と。それで急きょ声楽に転向して、京都市立堀川高等学校音楽科(現京都市立堀川音楽高等学校)へ進みました。

―最初から声楽志望でなかったとは、意外です。
 今思えば父も、僕に声楽をやって欲しかったのでしょう。でも父は決して強制はせず、僕が同じ道に進んでからは、全面的に応援してくれています。父に習ったのは受験の時だけですが、松本家のファミリーコンサートには学生時代から出ています。親子で歌う時、音楽に対する意見の違いは無いのですが、気は遣いますね。これはお互いだと思います。

―デビューまでの道のりについては。
 東京芸術大学音楽学部声楽科を卒業した後は院へ進むつもりでしたが、イタリアへレッスンを受けに行った時に、フィオレンツァ・コッソット先生に「今すぐ留学しなさい」と言われます。親の許しを得て3年程イタリアで勉強した後、大学の非常勤の職を得て帰国しました。東京での活動も考えましたが、やはり地元で頑張ってみたいという思いがあって、29歳の時に関西二期会のラ・ボエーム・ロドルフォ役でデビューしました。

―神戸の音楽家二世なわけですが、お父様世代との違いをどのように感じておられますか。
 父世代は元気で豪快です。公演の前日に酒を飲んで、「飲んで歌えるのがプロや」と言うんですから…。僕ら世代は「お客様に最高のパフォーマンスを」と思って体調管理するのが当たり前、まあ真面目です。でも父世代の皆さんは、自分以外の人のためにも頑張る一面があります。おかげで神戸はクラシック音楽、バレエ、美術、いけばななど創造的なジャンルの人達がつながっている。こんな土台を作ってくれたことには、敬意を表します。僕ら世代は右肩下がりの時代のせいか、自分のことに精一杯の感がありますね。

―これからの抱負をお聞かせください。
 芸術はもともとパトロンやタニマチあっての文化なので、理解してくれる人がいないと続かない。オペラやバレエは日本には無い文化ですから、理解していただく努力が必要です。まずはクラシック音楽を身近に感じてもらうことが大切なのですが、聞いていただくからにはやはり「本物の古典」をお届けしたい。本物のクラシック音楽を創り上げること、学んできたものを継承していくことが、僕たちの使命だと思っています。             (2017年9月23日取材)

ご自身の使命感や決意をはっきりと、でも力むことなく軽やかに語ってくださった松本さんでした。

「オペラの舞台は重労働ですよ、終わった時は3キロくらい体重が減っていたりします」と松本さん。「まあ、打ち上げのビールで元に戻りますが」


とみさわ かよの

神戸のまちとそこに生きる人々を剪画(切り絵)で描き続けている。平成25年度神戸市文化奨励賞、平成25年度半どんの会及川記念芸術文化奨励賞受賞。神戸市出身・在住。日本剪画協会会員・認定講師、神戸芸術文化会議会員、神戸新聞文化センター講師。

〈2017年11月号〉
串あげ やす桜|神戸の粋な店
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.3
料理屋植むら|美味しいおせち料理
パントリー 芦屋店|美味しいおせち料理
ベル・ターブル|美味しいおせち料理
リストランテ・ベリーニ|美味しいおせち料理
絢爛亭|美味しいおせち料理
いかりスーパーマーケット|美味しいおせち料理
グランドフードホール|美味しいおせち料理
施家菜|美味しいおせち料理
ホテル竹園芦屋|美味しいおせち料理
美味しいもの、いいものが集まる夙川のくらし ―扉
年齢を重ねるごとに美しく|Bonne qualite (ボンヌカリテ)
軽食やワインのおともに、総菜パン|BOULANGERIE MIYANAGA (ブ…
本格的な大人のフランス菓子を手軽に|AUX BONS GATEAUX BIGOT…
見て楽しく、食べて美味しい|GIVERNY (ジヴェルニー)
お客さんとつながり、可能性を広げたい|CONCENT MARKET (コンセント…
気軽に立ち寄れる〝ワインセラー〟|recork (リコルク)
見えないところも一手間かけるプロの料理|葉音(はあと)
本格的韓国料理に日本のテイストも|嘉門 芦屋コリアン亭
心地よい音の響きを楽しみながら大人の時間を過ごす|BAR & JAZZ Club…
緑豊かな山々と四季折々の花々を楽しむ|西宮市北山緑化植物園
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.4
連載 神戸秘話 ⑪ シネマのために生まれた男 映画監督・舛田利雄
AU BON GOUT BIGOT(オー・ボン・グゥ・ビゴ)|美味しいおせち料理…
カーヴ・ド・テール|美味しいおせち料理
絢爛亭のおせちは〝美味しくいただけて体にいい〟母の味
連載 輝く女性⑨ 外国人が介護士・看護師として活躍 その就労支援に早くから注力し…
関西屈指の文教地区“六甲”について ー扉
わが国の経営学は、神戸大学からはじまった|関西屈指の文教地区“六甲”について
六甲山の麓で開校以来80年ずっと変わらない教育理念|関西屈指の文教地区“六甲”に…
鍛え、蓄えた力を他者のために使う。この精神を忘れずに|関西屈指の文教地区“六甲”…
広い視野と深い心を持った大きな人間を育ててほしい|関西屈指の文教地区“六甲”につ…
10月13日 ジャガー・ランドローバー姫路 OPEN!
神戸市立須磨離宮公園
音楽のあるまち♬ 2 「スーパーストリングスコーベ」 第1回 定期演奏会開催
独特の世界観を持ち、聴く人を魅了する
神戸のカクシボタン 第四十七回 思い出がつまった玉子焼 こだま
Power of music(音楽の力) 第23回
ザ・クイーンズ・フィニッシングスクール 佐藤よし子の“特別なもの”との出会い ⑯…
英国と神戸 Vol.5 日本初の英国王立建築協会公認建築士 桜井小太郎と神戸市立…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十八回
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.1
第7回KOBE豚饅サミット2017開催!
玉岡かおる 『花になるらん 明治おんな繁盛記』発刊!
神戸鉄人伝 第95回 声楽家 松本 薫平(まつもと くんぺい)さん
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十五回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑱  編集工房ノア
第21回「国際現代」水墨画公募展 向山和子主宰|Report KOBE
秋風の宴 芝能「善知鳥(うとう)」を開催|NEWS 神戸百店会
せとうちDMO・村木智裕さんが語る 瀬戸内の中の有馬温泉の役割
UCCコーヒー博物館