2017年
4月号

淡路島サクラマス、解禁!|新ご当地グルメお披露目会レポート

カテゴリ:グルメ, 淡路島

 2月28日、ホテルニューアワジプラザ淡路島で「淡路島サクラマス新ご当地グルメお披露目会」が開催された。
 淡路島サクラマスは本誌前号で紹介したとおり、前田若男社長率いる若男水産が約1年半前より試行錯誤を重ねて養殖、今年2度目の出荷シーズンを迎えたが、一般的な養殖サーモンと比べて希少で食味も良いため市場価値が高い。また、福良湾の環境が養殖に適しており、すっかり定着した淡路島3年とらふぐと、淡路島の魚の代名詞であるハモの間の時期、3~5月のグルメとして高いポテンシャルを秘めており、新たな淡路島の特産物として注目を浴びている。
 淡路島サクラマス新ご当地グルメは、たび重なるワークショップによりブランド化を進めつつメニュー開発がおこなわれたが、お披露目会ではメニュー開発に携わった淡路島内20軒の飲食店・宿泊施設のうち17軒が集結し、丼部門と鍋部門、それぞれ創意工夫を凝らせたメニューが大集合。いずれもサクラマスのほかにも、御食国・淡路島の素材をふんだんに使用し、料理人たちが腕を競った。
 気軽にいただける丼部門は主に日帰り客を想定。独特の風味を満喫できる刺身のほか、レア状態に揚げたカツ、天ぷらなどさまざまな調理法や、店舗ごとに趣向を凝らせたオリジナルの出汁やタレなどバリエーションが豊富で、食べ歩きが楽しめそうだ。
 一方の鍋部門は宿泊客がメインターゲット。鍋は地元の野菜を一緒に味わえるのが魅力で、淡路島産のお米や淡路手延素麺、淡路島ぬーどるがシメに。地酒の酒粕や淡路島たまねぎのおろし、味噌や豆乳、さらに淡路島産レモンを使用したユニークなメニューもラインナップし、いずれも甲乙つけがたい。
 「白身魚が多い淡路島で赤い身は目新しい。新たな特産物になれば」と守本憲弘南あわじ市長も期待を寄せるサクラマスの挑戦。やがて丼は淡路島牛丼・生サワラ丼・島の生しらす丼と、鍋は淡路島3年とらふぐ・ハモと肩を並べる存在感を示し、その艶やかな色合いと上品な味わいで春の淡路島に咲き誇るだろう。

淡路島サクラマスのメニューはいずれも、旬の3~5月限定

お披露目会では、淡路島サクラマスのメニュー開発に携わった淡路島の飲食店・宿泊施設の関係者が集結

大人しく怖がりな性格で飼育が難しい淡路島サクラマスも、今年は順調に生育

「行政もスタートアップを支援したい」と守本憲弘南あわじ市長

「“うまい”と言ってもらえると私も淡路島サクラマスも嬉しい」と福良漁協組合長の前田若男さん

会場では淡路島サクラマスのさばきも披露。身は鮮やかな紅色

〈2017年4月号〉
わたしの夙川・苦楽園|連載 神様に愛された地、夙川 ④
BOULANGERIE FRIANDE (ブーランジェリー フリアンド)
bifino solare (ビフィーノ・ソラーレ)
Fusion dining Olive (フュージョンダイニング オリーブ)
GIVERNY (ジヴェルニー)
三ツ豆珈琲
分野を越えて交差する参加型イベント「078」いよいよ開幕!
オーガニックハウス実物件デザインコンテスト 平尾工務店が最優秀賞に!
神戸・北野 もうひとつの開港物語
早くて安い! 神戸空港からひとっ飛びの旅!!|神戸〜茨城の飛行機旅(後編)
今、注目の“アートな写経” パターンアートセラピー
対談/進化する名門私立中学校 第5回 六甲学院中学校
連載 ミツバチの話 ⑨
“新”神戸レディススパのステキな過ごし方 Vol.1
ガゼボショップが提案する“上質なくらし”⑩
連載 輝く女性 ② 子供達の時代につけを残さないエコな住宅、「草屋根」の普及に尽…
盤石な基礎の上に新しい風を吹き込む
連載 神戸秘話 ④ 牧師の息子は稀代のギャングスター
第10回 神戸洋藝菓子ボックサン
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具 9
Power of music(音楽の力) 第16回
素敵な神戸人を紹介するテレビ番組がスタート!!|神戸人図鑑
アサヒスーパードライ発売から30年!「神戸開港150年記念」デザイン缶発売![耳…
連載エッセイ/喫茶店の書斎から⑪ 木守り柿への想い
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第三十八回
神戸鉄人伝 第88回 日本画家 熱田 守(あつた まもる)さん
淡路島サクラマス、解禁!|新ご当地グルメお披露目会レポート
神戸から行く長崎・キリシタンの里を訪ねて(下)
GLCクーペが新登場! YANASE CELEBRATION
神戸のカクシボタン 第四十回 豚まんの陰に光る逸品 三宮一貫楼
長谷部 信成 先生
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十一回
伝説のパブ・レストラン 「ダニーボーイ」|神戸っ子アーカイブ Vol.1
多文化共生の心を育む伝統のある小学校
本物を識る地元の人に愛される料理を
和洋の融合から生まれる、新ジャンルのパンを提案
外国人のコミュニティ拠点「神戸外国倶楽部」