2017年
4月号
焼きたてのパン、国産のハチミツやジャム、ハムが食卓を飾る「世界一の朝食」

本物を識る地元の人に愛される料理を

カテゴリ:ホテル, 神戸

神戸北野ホテル

 私がここに来たのは平成12年(2000)です。阪神・淡路大震災後、ホテルの存続を願う地元の人たちの期待に応え、オーベルジュとしてリニューアルしました。
 ここには2つのレストランがあります。少しカジュアルな「イグレック」は、朝は「世界一の朝食」、昼はランチ、午後はアフタヌーンティー、夜はナイトデザートブッフェなど様々な顔があります。もう1つのレストラン「アッシュ」では私の師匠、ベルナール・ロワゾーが1970年代に創り上げた新しいフランス料理の技法を継承した、シンプルで軽めの現代風フレンチを提供しています。神戸は日本の中でも食材が豊かな街です。その「地産」をフランス料理のテクニックを用いて、料理として表現しています。
 神戸・北野の人たちは本物を識っていますし、昔から異国のものを受け入れる文化がありますから、本物を受け入れてもらいやすい地域性があるのですよ。ですから、地元の人に愛される料理を常に目指しています。神戸で唯一のものは、世界で唯一のものなのです。私の料理はひらめきから生まれるものではなく、お客様との「対話の料理」です。お客様の趣向と時の流れは常に同じではありません。変化しているからこそ「変わらない」のです。
 ここはかつて日本ではじめてオリーブが栽培された場所だそうですが、山の空気を感じながら船の汽笛が聞こえる日本でも稀有なロケーションで、時を忘れゆったりとした気持ちになれる特別な場所です。

2000年、地元の人々の再開を願う声に応える形でリニューアルオープンを果たした

焼きたてのパン、国産のハチミツやジャム、ハムが食卓を飾る「世界一の朝食」

山口 浩 さん

神戸北野ホテル 総支配人・総料理長 山口 浩 さん

師・ベルナール・ロワゾー氏が提唱した
フランス料理を継承する
フレンチレストラン「アッシュ」

神戸北野ホテル

神戸市中央区山本通3-3-20
TEL.078・271・3711

〈2017年4月号〉
わたしの夙川・苦楽園|連載 神様に愛された地、夙川 ④
BOULANGERIE FRIANDE (ブーランジェリー フリアンド)
bifino solare (ビフィーノ・ソラーレ)
Fusion dining Olive (フュージョンダイニング オリーブ)
GIVERNY (ジヴェルニー)
三ツ豆珈琲
分野を越えて交差する参加型イベント「078」いよいよ開幕!
オーガニックハウス実物件デザインコンテスト 平尾工務店が最優秀賞に!
神戸・北野 もうひとつの開港物語
早くて安い! 神戸空港からひとっ飛びの旅!!|神戸〜茨城の飛行機旅(後編)
今、注目の“アートな写経” パターンアートセラピー
対談/進化する名門私立中学校 第5回 六甲学院中学校
連載 ミツバチの話 ⑨
“新”神戸レディススパのステキな過ごし方 Vol.1
ガゼボショップが提案する“上質なくらし”⑩
連載 輝く女性 ② 子供達の時代につけを残さないエコな住宅、「草屋根」の普及に尽…
盤石な基礎の上に新しい風を吹き込む
連載 神戸秘話 ④ 牧師の息子は稀代のギャングスター
第10回 神戸洋藝菓子ボックサン
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具 9
Power of music(音楽の力) 第16回
素敵な神戸人を紹介するテレビ番組がスタート!!|神戸人図鑑
アサヒスーパードライ発売から30年!「神戸開港150年記念」デザイン缶発売![耳…
連載エッセイ/喫茶店の書斎から⑪ 木守り柿への想い
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第三十八回
神戸鉄人伝 第88回 日本画家 熱田 守(あつた まもる)さん
淡路島サクラマス、解禁!|新ご当地グルメお披露目会レポート
神戸から行く長崎・キリシタンの里を訪ねて(下)
GLCクーペが新登場! YANASE CELEBRATION
神戸のカクシボタン 第四十回 豚まんの陰に光る逸品 三宮一貫楼
長谷部 信成 先生
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十一回
伝説のパブ・レストラン 「ダニーボーイ」|神戸っ子アーカイブ Vol.1
多文化共生の心を育む伝統のある小学校
本物を識る地元の人に愛される料理を
和洋の融合から生まれる、新ジャンルのパンを提案
外国人のコミュニティ拠点「神戸外国倶楽部」