2022年
8月号
秀吉像

有馬温泉史略 第八席|アリマニア秀吉は 有馬の恩人?厄介者? 安土桃山時代

カテゴリ:神戸, 観光

アリマニア秀吉は 有馬の恩人?厄介者? 安土桃山時代

前回申し上げましたように、秀吉の最初の有馬入湯は、三木合戦終了後の1580年とされていますがこれは伝承。文献では1583年、有馬温泉が秀吉の蔵入地になった3か月後で、自分の領地ですから大手を振ってやって来たのでしょうかね。10日ほどの滞在に石田三成や増田長盛、一説には正室の*ねねも随行。賤ヶ岳合戦の疲れを温泉で癒やしたことでしょう。
有馬でリフレッシュした秀吉は小牧・長久手の戦いに臨みますが、家康が相手とあって苦戦します。状況が膠着した1584年に有馬にやって来て10日前後のヒーリング。その後家康との和睦と相成りホッとしたのか、翌年の年明け早々に有馬にやって来て2度も茶会を開催、千宗易や山上やまのうえ宗二、津田宗及らもご相伴にあずかっています。
秀吉が去って程なく、ねねが有馬へお風呂入りにやって来て、「1576年の大火で焼けちゃった薬師堂を再建してね♪」と寄進、有馬の人たちは喜んだことでしょう。
ビバ!秀吉の空気の盛り上がりを察してか、秀吉は前回の入湯からわずか8か月後に石田三成、増田長盛、大谷吉継、千利休、今井宗久・宗薫父子ら総勢52名を引き連れて有馬温泉を訪ねます。ゴージャス!
その後の入湯は、1587年に九州征伐の慰労に来て、1589年にも豪遊し湯女に金をばら撒いたという説があります。一方で天下統一までの5年間は有馬断ちして戦に集中していたという説も。
さて、見事天下統一を果たして3か月弱後、秀吉は有馬へ凱旋します。戦の日々から解放されてホッとしたのか、20日間のんびり。千利休や小早川隆景、有馬の人たちと阿弥陀堂で茶の湯を楽しんだとか。
その次の来訪は1591年、愛児鶴松夭折の直後。その2年後、秀頼誕生の直後にもまた秀吉は有馬を訪ねています。悲喜こもごも、節目節目の有馬通いですね。
1594年、57歳の秀吉は失禁や肩肘の痛みで湯治することになったものの、不調で出発を4日ほど延期。でもね、大好きなお妾さんの松ノ丸ちゃんが有馬に滞在していたので、頑張って追いかけちゃったみたい。この時は御所坊、池坊、兵衛が合同で湯屋の近くに御座所を設け迎えましたが、ここから人の背中を借りてよれよれと湯屋まで通ったそうで、それが気に入らなかったのか、松ノ丸ちゃんにカッコイイとこ見せたかったのか、急に「火の用心が悪い」とイチャモンつけて御殿の設置を命じます。
これで有馬は大混乱!たった1つの泉源を召し上げたばかりか、わずかな補償で65軒も立ち退かせ、御所坊、下大坊、上大坊、角坊、中坊などの宿もその対象に。しかも2か月後に完成しているので即刻退去。御殿に樋で温泉を引いたので、下々の者は御殿から流れてくる湯にしか入れなくなっちゃった。
御殿完成を祝う1594年の秀吉入湯の際は、ねね、石田三成、浅野長政ら170名で華々しく。でもこんなに迷惑をかけて建てた御殿でのステイはこれっきりで、翌々年の慶長伏見地震で御殿は大破、温泉は熱湯になり入浴不可に。秀吉は有馬復興を命じたのはよかったけれど、1598年に温泉寺奥ノ院から新湯が涌いたと聞くと先の65軒に土地を返還し、奥ノ院を立ち退かせてここに湯殿を造営。それが現在の「太閤の湯殿館」の遺跡です。秀吉は完成直後の湯殿を訪ねる予定も風雨のため中止。結局は没して夢叶わず、程なく新湯も枯れたと伝わります。
晩年の秀吉にこんだけムチャクチャ振り回された有馬の人たちですが、現在に至るまで秀吉を恩人と言ってはばかりません。有馬の人は度量が大きいですね。それとも、天下人が愛したことを「ブランド」として利用してきたからなのでしょうか。だとするとある意味、有馬の人たちはしたたか。策略家だった秀吉もあの世で「なかなかやるではないか!」と微笑んでいることでしょう。

*秀吉の正室の呼称については「ねね」「おね」「北政所きたのまんどころ」「高台院」などいろいろあるが、本稿では「ねね」で統一。

秀吉像

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

  • ジャガー・ランドローバー西宮 / 神戸中央 / 姫路
  • フランク・ロイド・ライトの建築思想を現代の住まいに|ORGANIC HOUSE
〈2022年8月号〉
フラウコウベ|ジュエリー&アクセサリー[KOBECCO Selecti…
マキシン|帽子専門店[KOBECCO Selection]
神戸御影メゾンデコール|オートクチュールインテリア[KOBECCO Select…
⊘ 物語が始まる ⊘THE STORY BEGINS – vol.21 五十嵐 …
歌うことが楽しい。 楽しいから歌い続けたい。
KOBECCO お店訪問|イタリアン R.Marco
平尾工務店|目次[PR]
BMW 駆けぬける歓び[PR]
南京町をぶらり|曹さんぽ|扉 [PR]
神戸で始まって 神戸で終る ㉚
未来の社会を担う 子どもたちへ |自然の中にあるサイエンスが 「生きる力」を与え…
有馬の地に遺す 数寄屋普請
神戸偉人伝外伝|扉
NEKOBE|扉
「人間、中内㓛とは」
「中内㓛さんとの思い出」|福岡ソフトバンクホークス会長 王 貞治さん
マイスター大学堂|メガネ[KOBECCO Selection]
永田良介商店|オーダーメイド家具[KOBECCO Selection]
トアロードデリカテッセン|デリカ[KOBECCO Selection]
アレックス|トータル ビューティーサロン[KOBECCO Selection]
フラウコウベ|ジュエリー&アクセサリー[KOBECCO Selecti…
ボックサン|神戸洋藝菓子[KOBECCO Selection]
il Quadrifoglio(クアドリフォリオ)|ビスポークシューズ[KOBE…
㊎柴田音吉洋服店|ハンドメイド ビスポークテーラー[KOBECCO Select…
ガゼボ|インテリアショップ[KOBECCO Selection]
ゴンチャロフ製菓|洋菓子[KOBECCO Selection]
ブティック セリザワ|婦人服[KOBECCO Selection]
御菓子司 常盤堂|和菓子[KOBECCO Selection]
北野ガーデン|フレンチレストラン[KOBECCO Selection]
STUDIO KIICHI|革小物[KOBECCO Selection]
神戸御影メゾンデコール|オートクチュールインテリア[KOBECCO Select…
亀井堂総本店|瓦せんべい[KOBECCO Selection]
URBAN ISLAND RESORT PORTOPIA ROOF GARDEN…
Movie and cars |シェルビー・ムスタングGT500
映画をかんがえる | vol.17 | 井筒 和幸
南京町をぶらり|曹さんぽ|13|7月1日のおさんぽテーマは…
2022 Kobe Love Port・みなとまつり
感性の繚乱 Autumn Festival in KOBE
<特集>中内㓛 生誕100年―扉
流通科学大学に託した夢中内㓛の意志と情熱を受け継いで 2023年に開学35周年を…
神戸の海・山・空が一望できる展望デッキ 屋上テラス「ソラフネ神戸」がオープンしま…
理事長からの手紙 from Rijicho|中内㓛 生誕100年
生涯、学ぶことを怠らなかったP.F.ドラッカー・中内㓛 往復書簡|中内㓛 生誕1…
卒業生に聞く 理事長、CEO中内さんからのご教示 「For the Custom…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第134回
神大病院の魅力はココだ!Vol.12 神戸大学医学部附属病院 病理診断科 伊藤 …
harmony(はーもにぃ) Vol.54 ウクライナ避難民に 思うこと (上)…
神戸のカクシボタン 第一〇四回 祖父が見上げた鶉野の空 ~飛行場跡地を辿る~
「兵庫デルフィーノ」のプロモーション動画が完成!『神戸電子スポーツ新聞③』
元町映画館 vol.8|「生きろ!」の バトンをつなぐ
連載エッセイ/喫茶店の書斎から75  「鬼か神か」逸見東洋
有馬温泉史略 第八席|アリマニア秀吉は 有馬の恩人?厄介者? 安土桃山時代
神戸偉人伝外伝 ~知られざる偉業~㉘後編 鬼塚喜八郎
木のすまいプロジェクト|平尾工務店|瓦編|Vol.7
NEKOBE|vol.46|TOOTH TOOTH