2016年
4月号
ボリュームたっぷりのガレット

神戸のカクシボタン 第二十八回「気軽にフレンチ、陽気にデザート」

カテゴリ:グルメ, 洋食, 神戸

写真/文 岡 力

 知人と甲子園口ディナーへ。駅を降り土地勘のない夜道を談笑しながら歩く。やがて暗闇の中から現れた一軒のレストラン。重厚感あるレンガ造りの家屋、異国情緒あふれる幻想的な風景に心が躍る。「アラメゾン ジャンポール」は、本場ブルターニュ地方の郷土料理を提供しているお店である。店奥の厨房で寡黙に調理を行うのは、フランス人オーナーシェフのジャンポール・ヴァレーさん。今から36年前、デリカテッセンを扱う会社に食肉加工製品の職人として招かれ来日。
6年前に店舗を開業し、妻の優美子さんと仲睦まじく切り盛りしている。
ワイングラスを傾け近況を語らいながら待つこと数分。テーブルにお店自慢のガレットが運ばれる。そば粉の配合にこだわった生地の上には、野菜をじっくり煮込んだラタトゥイユ、手作りソーセージ、卵、グリュイエールチーズが絵画のようにレイアウトされている。ナイフとフォークでパクパクサイズ(私の造語)に切り取り口へと運ぶ。
食べた瞬間、ブルターニュ地方とは無縁の「うまい!」というベタな日本語がこぼれる。ワインと美味しい料理を一通り堪能したところで食後のクレープを注文。ブルーベリー・ブラックベリー・ラズベリーから成る三種の自家製ジャムが生地の上でアイスと調和し品のある味わいを奏でる。暖かい雰囲気に包まれる店内、心なしかお皿のクレープが笑っているように見えた。

ヴァレーさん 優美子さん スタッフ・高橋さん

ヴァレーさん 優美子さん スタッフ・高橋さん

ボリュームたっぷりのガレット

ボリュームたっぷりのガレット

20160406503

アラメゾン ジャンポール

西宮市甲子園口3丁目29-10
営業時間 ランチ 11:30~14:00(L・O)
ディナー17:30~21:00(L・O)
電話 0798-64-7719

岡力(おか りき)コラムニスト

ふるさとが神戸市垂水区。著書「アホと呼ばれた’80S」「噂の内股シェフ」「関西トラウマ図鑑」連載「大阪ロマン紀行」(大阪日日新聞)出演「おちゃのこSaiSai」(J:COMチャンネル)「Oh!二度漬けラジオ」(YES-fm)

モンストークプロデュース「女の社交場 Mai Fes」[神戸百店会NEWS]
「おとな旅神戸」南京町プログラム ご参加ありがとうございました!
触媒のうた(62) ―宮崎修二朗翁の話をもとに―
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第二十六回
神戸のカクシボタン 第二十八回「気軽にフレンチ、陽気にデザート」
葬儀の意味とは命を伝達するということ
Power of music(音楽の力)第4回
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第五十九回
神戸学院大学附属中学校 2017年4月開校予定
神戸学院大学附属高等学校 新キャンパスってこんなところ
ポートアイランド新キャンパスで新たな歴史の第一歩を踏み出す
連載コラム「第二のプレイボール」|Vol.14 「元虎戦士が営むオールマイティー…
神戸創生を考える|都心とウォーターフロントエリアを結ぶ
私の神戸創生論|檜山 和司 さん(ホテル ラ・スイート神戸 ハーバーランド 総支…
私の神戸創生論|横山 剛 さん(SRCグループ 会長 Kiss FM KOBE …
私の神戸創生論|永吉 一郎 さん(神戸デジタル・ラボ 代表取締役)
私の神戸創生論|中内 仁 さん(株式会社神戸ポートピアホテル 代表取締役社長)
私の神戸創生論|比屋根 毅 さん(株式会社エーデルワイス 代表取締役会長)
私の神戸創生論|角 和夫 さん(阪急電鉄株式会社 代表取締役会長)
– 扉 - 私の神戸創生論
ホテルクオリティの芦屋洋食時間 洋食館たけぞの 本店
伝統の芦屋竹園時間 レストラン あしや竹園(ホテル竹園芦屋3F 直営レストラン)…
もうひとつのわが家へ ホテル竹園芦屋
企業経営をデザインする(6)|美味しいお肉とわが家のような時間を提供して70年
神戸の粋な店 Vol.10 プーさん食堂
〈2016年4月号〉