2016年
4月号
神戸は瀬戸内地域とともに協力し歩むことで、成長できる可能性がある

私の神戸創生論|横山 剛 さん(SRCグループ 会長 Kiss FM KOBE 代表取締役社長)

カテゴリ:神戸, 経済人

神戸は『東瀬戸経済圏』と共に。

 神戸がどうあるべきか。これは過去より様々な立場の方々によって論じられてきました。しかし、神戸だけの経済規模や限られた観光資源から発想すると、どうしても物足りなさがぬぐえないことも事実です。
 近隣都市と比較しても経済規模では大阪に勝てず、観光資源で京都に劣ることは今さら論じるまでもありません。そのベース環境を無視して神戸だけを捉えてどうにかしようとしても自ずと限界が生じます。そしてまた人口減少による活力の低下も併せて受け入れざるを得ません。また、都市間競争に打ち勝つといっても、それはあまりにも自己中心的な議論で、全体最適を考えれば、全くもって建設的ではありません。発想の転換が必要なのではないでしょうか。
 地図を眺めると、気づくことがあります。神戸は瀬戸内海に面した地域であり、心理的親和性や地理的に鑑みても、瀬戸内地域と共に歩むべきではないかということです。実際に、岡山や高松の街を訪れ、話を聞くと、多くの人が神戸に対して大変好意的な親近感をもち、また、神戸の大学へも多数の学生が入学してきています。
 『東瀬戸経済圏』という言葉はご存じでしょうか。岡山、高松、福山といった都市を中心とする広域経済圏のことをこう呼びます。これに姫路、徳島、そして神戸が加わると瀬戸内海を中心に大きなひとつの経済圏が誕生します。もちろん豊富な観光資源も存在するので、大阪・京都の次は、東瀬戸エリアへという流れを作ることができれば、インバウンドの増加も見込めます。
 これを私は『新・東瀬戸経済圏』と(勝手に)名付けました。つまり神戸は東瀬戸経済圏と協力し、交流を深めることで、より豊かな都市へと成長することができると考えているのです。そして考えているだけではなく、弊社グループでは、昨年10月には岡山に事業所を開設し、今年2月には高松にも事業所を開設しました。まずは率先垂範でビジネスでの交流を高めていきます。

神戸は瀬戸内地域とともに協力し歩むことで、成長できる可能性がある

神戸は瀬戸内地域とともに協力し歩むことで、成長できる可能性がある


瀬戸内海地域から、多くの学生が神戸の大学に入学している

瀬戸内海地域から、多くの学生が神戸の大学に入学している


2014年、ヴィッセル神戸のスポンサーを務めて10年を迎えた

2014年、ヴィッセル神戸のスポンサーを務めて10年を迎えた


神戸大学での講義。学生が自ら考え人生に活かす「場」を提供する時間であるべきとして、若い世代の成長につながるきっかけ作りに貢献する

神戸大学での講義。学生が自ら考え人生に活かす「場」を提供する時間であるべきとして、若い世代の成長につながるきっかけ作りに貢献する

20160402801

横山 剛(よこやま たけし)

1965年生まれ。甲南大学文学部卒。大学3回生時に起業して以来、地域に特化した6社8事業を運営。この間、神戸大学大学院経営学研究科を修了し、MBA取得。現在、同博士課程後期に在学中。専門はマーケティング 主な研究領域はマーケティングチャネル論。好きな学問は西洋哲学と心理学。自称「愛」研究家

モンストークプロデュース「女の社交場 Mai Fes」[神戸百店会NEWS]
「おとな旅神戸」南京町プログラム ご参加ありがとうございました!
触媒のうた(62) ―宮崎修二朗翁の話をもとに―
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第二十六回
神戸のカクシボタン 第二十八回「気軽にフレンチ、陽気にデザート」
葬儀の意味とは命を伝達するということ
Power of music(音楽の力)第4回
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第五十九回
神戸学院大学附属中学校 2017年4月開校予定
神戸学院大学附属高等学校 新キャンパスってこんなところ
ポートアイランド新キャンパスで新たな歴史の第一歩を踏み出す
連載コラム「第二のプレイボール」|Vol.14 「元虎戦士が営むオールマイティー…
神戸創生を考える|都心とウォーターフロントエリアを結ぶ
私の神戸創生論|檜山 和司 さん(ホテル ラ・スイート神戸 ハーバーランド 総支…
私の神戸創生論|横山 剛 さん(SRCグループ 会長 Kiss FM KOBE …
私の神戸創生論|永吉 一郎 さん(神戸デジタル・ラボ 代表取締役)
私の神戸創生論|中内 仁 さん(株式会社神戸ポートピアホテル 代表取締役社長)
私の神戸創生論|比屋根 毅 さん(株式会社エーデルワイス 代表取締役会長)
私の神戸創生論|角 和夫 さん(阪急電鉄株式会社 代表取締役会長)
– 扉 - 私の神戸創生論
ホテルクオリティの芦屋洋食時間 洋食館たけぞの 本店
伝統の芦屋竹園時間 レストラン あしや竹園(ホテル竹園芦屋3F 直営レストラン)…
もうひとつのわが家へ ホテル竹園芦屋
企業経営をデザインする(6)|美味しいお肉とわが家のような時間を提供して70年
神戸の粋な店 Vol.10 プーさん食堂
〈2016年4月号〉